ビル・チルデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビル・チルデン Tennis pictogram.svg
Bill Tilden.jpg
ビル・チルデン
基本情報
ラテン文字名 Bill Tilden
フルネーム William Tatem Tilden II
愛称 ビッグ・ビル
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ペンシルベニア州フィラデルフィア
生年月日 1893年2月10日
没年月日 1953年6月5日(満60歳没)
死没地 同・カリフォルニア州ロサンゼルス
利き手
4大大会最高成績・シングルス
全仏 準優勝(1927・30)
全英 優勝(1920・21・30)
全米 優勝(1920-25・29)
優勝回数 10(英3・米7)
4大大会最高成績・ダブルス
全英 優勝(1927)
全米 優勝(1918・21・22・23・27)
優勝回数 6(英1・米5)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全仏 優勝(1930)
全米 優勝(1913・14・22・23)
優勝回数 5(仏1・米4)

ビル・チルデンBill Tilden, 1893年2月10日 - 1953年6月5日)は、アメリカペンシルベニア州フィラデルフィア出身の男子テニス選手。本名は William Tatem Tilden II (ウィリアム・ターテム・チルデン2世)といい、「ビル・チルデン」の名前で最もよく知られる。第一次世界大戦後の時代に活躍し、日本テニス界の黎明期に大きな影響を与えた選手である。大男だったことから“Big Bill”(ビッグ・ビル)と呼ばれていた。長身を生かした弾丸サーブ「キャノン・ボール」(Cannonball)を最大の武器にした。4大大会通算「10勝」は男子テニスの単独歴代6位記録。

ビル・チルデンは早くから日本人選手との対戦が多く、1918年全米選手権準決勝で、日本人テニス選手として史上初めて4大大会準決勝に進出した熊谷一弥を 6-2, 6-2, 6-0 で破っている。1920年ウィンブルドン選手権で優勝した時、チルデンは日本からの挑戦者として勝ち進んだ清水善造の挑戦を退けた。当時のウィンブルドン選手権の競技方式は、現在とは大きく異なっていた。まず「チャレンジ・ラウンド」(Challenge Round, 挑戦者決定戦)が行われ、大会前年優勝者を除くほかの選手たちが1回戦からトーナメントを勝ち抜き、それを制した選手が前年優勝者と決勝を戦う「オールカマーズ・ファイナル」(All-Comers Final)方式を採用していた。(大会前年優勝者は無条件で決勝に出場できたところが、現在のシステムとの相違点である。)清水とチルデンは、このチャレンジ・ラウンド決勝で対戦し、チルデンが 6-4, 6-4, 13-11 で競り勝った。それから、チルデンは「オールカマーズ・ファイナル」で1919年度の優勝者ジェラルド・パターソンオーストラリア)に勝ち、ウィンブルドン初優勝を飾った。清水のチャレンジ・ラウンド決勝進出は、今なお日本男子テニス選手の4大大会最高成績として残っている。

チルデンは1920年から1925年まで、全米選手権に大会6連覇を達成した。全米選手権では、1918年から1925年まで8年連続で決勝に進出したが、1918年の大会では準決勝で熊谷を圧倒した後、決勝でリンドレイ・マレーに 3-6, 1-6, 5-7 で敗れて準優勝になった。1919年から1925年までの7年間に、チルデンは6度ビル・ジョンストンと決勝対決をした。(1921年の準優勝者はウォレス・F・ジョンソンで、ウィリアム・ジョンストンとは別人の選手であるが、名前がよく似ているためジョンストンと間違えやすい。)全く同じ「ビル」の名前を持つチルデンとジョンストンが全米選手権で6度の決勝対決を繰り広げたことから、2人はアメリカのライバルとして対比される関係にあった。身長188cmの大男だったチルデンは“Big Bill”(ビッグ・ビル)と呼ばれ、身長173cmの小柄な体格だったジョンストンは“Little Bill”(リトル・ビル)と呼ばれた。その後、チルデンは1929年に全米選手権で4年ぶり7度目の優勝を飾ったが、1927年の決勝ではフランスルネ・ラコステに敗れたことがある。全米選手権男子シングルス7勝は、リチャード・シアーズ(同選手権第1回大会から7連覇)、ウィリアム・ラーンドと並ぶ大会歴代1位タイ記録である。

全仏選手権は、以前はフランス人選手しか出場資格のない大会だった。1925年に国際大会となってから、チルデンも出場資格を得たが、1927年1930年の2度の準優勝に終わり、ここでは優勝できなかった。1930年全仏選手権ではシリー・アウセムドイツ)と組んだ混合ダブルス優勝がある。

チルデンは1920年から1926年まで、男子テニス国別対抗戦・デビスカップアメリカ・チームの「7連覇」に貢献した。デビスカップでは「ビッグ・ビル」(チルデン)と「リトル・ビル」(ジョンストン)は良きチームメートであった。1921年日本がデビスカップ初出場を果たした時、アメリカ・チームは「アメリカン・ゾーン」のチャレンジ・ラウンド決勝で日本チームを5戦全勝で退けた。ここでもチルデンとジョンストンが清水善造熊谷一弥の挑戦を退けている。

1931年、チルデンはアメリカ・テニス協会の「アマチュア資格」をめぐるトラブルに嫌気がさしたことから「プロテニス選手」に転向した。(世界初のプロテニス選手は、1926年に転向したフランススザンヌ・ランランである。)1936年昭和11年)10月、チルデンはエルスワース・バインズと女子選手ジェーン・シャープとともに、アメリカ人プロテニス選手3人の一行で来日した。(女子選手はシャープ1人であったことから、対戦相手として岡田早苗が指名された。)プロ選手の一行は、田園コロシアム(現在の有明コロシアム)・甲子園名古屋の3都市を回り、日本のファンにプロテニスを紹介した。この時チルデンは43歳を迎え、往年の切れ味は落ちていたが、会場はすべて超満員になったという。この来日で、チルデンは旧友清水善造との再会を楽しみ、佐藤俵太郎を自身の主催する「チルデン・ツアー」に誘った。こうして佐藤俵太郎は「日本人最初のプロテニス選手」となる。チルデンは後半生にも日本人選手とのつながりが多かったことから、彼については日本語のテニス文献でも多数の資料を調べることが可能である。

チルデンは全盛時代の1921年に『ローンテニスの芸術』(The Art of Lawn Tennis)という著書を出版したが、現在はこの本をオンラインで読める(本記事の外部リンク参照)。この本ではテニスの技術解説のみならず、彼のライバル選手たちに関する興味深い観察も多く含まれている。日本の挑戦者だった熊谷一弥清水善造についても、第14章で説明があり、チルデンが彼らを高く評価していたことがうかがえる。(熊谷は Ichija Kumagae, イチヤ・クマガエ、清水は Zenzo Shimidzu と表記されている。)

チルデンは経済的に裕福な家庭に育ち、プロ選手として大金を稼いだが、私生活では浪費家だったという。1953年6月5日ロサンゼルスの自宅で心臓発作のため死去。「全米プロテニス選手権」に出場するため、クリーブランド行きの旅券を持っていたが、自室で遺体が発見された。没後6年たった1959年国際テニス殿堂入りを果たしている。

4大大会優勝[編集]

  • ウィンブルドン選手権 男子シングルス:3勝(1920年・1921年・1930年)/男子ダブルス:1勝(1927年) [1920年のチャレンジ・ラウンド決勝で清水と対戦]
  • 全米選手権 男子シングルス:7勝(1920年-1925年・1929年)/男子ダブルス:5勝(1918年・1921年-1923年・1927年)/混合ダブルス:4勝(1913年・1914年・1922年・1923年) [男子シングルスは大会歴代1位タイ、6連覇を含む]
  • 全仏選手権 混合ダブルス:1勝(1930年) [男子シングルス準優勝2度:1927年・1930年]
大会 対戦相手 試合結果
1920年 ウィンブルドン選手権 オーストラリアの旗 ジェラルド・パターソン 2-6, 6-3, 6-2, 6-4
1920年 全米選手権 アメリカ合衆国の旗 ビル・ジョンストン 6-1, 1-6, 7-5, 5-7, 6-3
1921年 ウィンブルドン選手権 南アフリカ連邦の旗 ブライアン・ノートン 4-6, 2-6, 6-1, 6-0, 7-5
1921年 全米選手権 アメリカ合衆国の旗 ウォレス・F・ジョンソン 6-1, 6-3, 6-1
1922年 全米選手権 アメリカ合衆国の旗 ビル・ジョンストン 4-6, 3-6, 6-2, 6-3, 6-4
1923年 全米選手権 アメリカ合衆国の旗 ビル・ジョンストン 6-4, 6-1, 6-4
1924年 全米選手権 アメリカ合衆国の旗 ビル・ジョンストン 6-1, 9-7, 6-2
1925年 全米選手権 アメリカ合衆国の旗 ビル・ジョンストン 4-6, 11-9, 6-3, 4-6, 6-3
1929年 全米選手権 アメリカ合衆国の旗 フランシス・ハンター 3-6, 6-3, 4-6, 6-2, 6-4
1930年 ウィンブルドン選手権 アメリカ合衆国の旗 ウィルマー・アリソン 6-3, 9-7, 6-4
テニス4大大会男子シングルス優勝記録
順位 優勝回数 選手名
1位 17勝 *スイスの旗 ロジャー・フェデラー
2位タイ 14勝 アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス | *スペインの旗 ラファエル・ナダル
4位 12勝 オーストラリアの旗 ロイ・エマーソン
5位タイ 11勝 オーストラリアの旗 ロッド・レーバー | スウェーデンの旗 ビョルン・ボルグ
7位 10勝 アメリカ合衆国の旗 ビル・チルデン
8位タイ 8勝 イギリスの旗 フレッド・ペリー | オーストラリアの旗 ケン・ローズウォール | アメリカ合衆国の旗 ジミー・コナーズ | チェコスロバキアの旗 イワン・レンドル | アメリカ合衆国の旗 アンドレ・アガシ
*は現役選手

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 上前淳一郎著『やわらかなボール』(文藝春秋、1982年) 清水善造の伝記。
  • 小林公子著『フォレストヒルズを翔けた男-テニスの風雲児・原田武一物語-』(朝日新聞社、ISBN 4-02-257499-2、2000年)
  • 山本茂著『白球オデッセイ-プロテニス第一号・佐藤俵太郎の青春』(ベースボール・マガジン社、ISBN 4-583-03372-9、1997年)