チャールズ・ガーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チャールズ・ガーランドCharles Garland, 1898年10月29日 - 1971年1月28日)は、アメリカペンシルベニア州ピッツバーグ出身の男子テニス選手。1920年ウィンブルドン選手権男子ダブルスでリチャード・ウィリアムズとペアを組んで優勝し、アメリカ人選手として最初のウィンブルドン・ダブルス優勝者になった選手である。フルネームは Charles Stedman Garland (チャールズ・ステッドマン・ガーランド)といい、愛称の「チャック・ガーランド」(Chuck Garland)で文献に記載されることも多い。

ガーランドは第1次世界大戦の戦時中、1915年から全米選手権に出場し始めた。第1次世界大戦の戦時中、全米選手権は途切れることなく開催されていた。1918年11月に世界大戦が終結し、他のテニス4大大会は終戦後の1919年から再開される。ガーランドは終戦後のウィンブルドン選手権で活躍し、1919年1920年の2年連続で男子シングルスのベスト4に入った。1920年の男子ダブルスで、チャック・ガーランドはリチャード・ウィリアムズとペアを組み、決勝でアルガーノン・キングスコート1888年 - 1964年)とジェームズ・パーク1881年 - 1946年)組を 4-6, 6-4, 7-5, 6-2 で破って優勝した。ガーランドとウィリアムズは、こうしてアメリカ人男子選手初のウィンブルドン・ダブルス優勝者に輝いた。

チャック・ガーランドの4大大会男子シングルス成績は、全米選手権では1917年1919年1920年の4回戦止まりであったが、前述のようにウィンブルドンで2年連続のベスト4進出があった。彼は長年にわたり全米テニス協会(USTA)の要職に携わり、1927年の男子テニス国別対抗戦・デビスカップ決勝(対フランス戦)でアメリカ・チームのキャプテンを務めた。[1] 1928年全米選手権の1回戦敗退を最後に、彼は自らの競技生活に終止符を打った。1969年国際テニス殿堂入り。1971年1月28日、チャールズ・ステッドマン・ガーランドはメリーランド州ボルチモアで72年の生涯を終えた。

外部リンク[編集]