リンドレイ・マレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・リンドレイ・マレーRobert Lindley Murray, 1892年11月3日 - 1970年1月17日)は、アメリカカリフォルニア州サンフランシスコ出身の男子テニス選手。第1次世界大戦中の全米選手権(現在の全米オープンテニス)で、1917年1918年に男子シングルス2連覇を達成した人である。左利きの選手で、全米選手権男子シングルスの歴史を通じて3人目の左利き優勝者になった。彼は身長188cmほどの長身選手で、左腕から強力なサービスを繰り出し、素速くネットに詰めるサーブ・アンド・ボレーのプレースタイルを武器にした。

マレーはスタンフォード大学を卒業し、化学技師の仕事についた。第1次世界大戦の間、彼は火薬製造の仕事に従事していた。世界大戦の間も、テニスの全米選手権は途切れることなく開催が続行され、マレーは1916年の初出場時にはビル・ジョンストンとの準決勝まで勝ち進んだ。1917年の全米選手権は、赤十字社の資金集めのためのイベントとして開かれた。マレーは勤務先の化学工場「フッカー化学」(Hooker Chemical)社長の勧めにより、この“愛国的な”トーナメントに出場し、初進出の決勝でナサニエル・ナイルズを 5-7, 8-6, 6-3, 6-3 で破って初優勝した。1918年の全米男子シングルス決勝で、マレーは当時25歳のビル・チルデンを 6-3, 6-1, 7-5 のストレートで破り、大会2連覇を達成した。終戦後の1919年、彼は準々決勝でジョンストンに敗れて3連覇を逃し、この大会を最後に全米選手権を退いた。全米選手権男子シングルスにおける左利き優勝者は、ロバート・レンビールズ・ライトに続き、マレーが史上3人目となる。

4年間の選手生活を終えた後、マレーはニューヨーク州バッファローに住んだ。1954年ロードアイランド州ニューポートの地に国際テニス殿堂が設立され、彼は1958年に殿堂入りを果たす。第1次世界大戦中の全米選手権2連覇から半世紀後、ロバート・リンドレイ・マレーは1970年1月17日にニューヨークのルイストン・ハイツにて77歳で死去した。

外部リンク[編集]