国際テニス殿堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国際テニス殿堂の入居する「ニューポート・カジノ」(1880年)。現在も変わらない外見を残す。
現在の国際テニス殿堂

国際テニス殿堂(こくさいテニスでんどう、International Tennis Hall of Fame)は、テニスの歴史に名前を残した選手たちを記念するため、1954年アメリカロードアイランド州ニューポートに設立された、世界最大のテニス博物館である。設立者はニューポート出身の元テニス選手、ジェームズ・バン・アレン(James Van Alen, 1902年 - 1991年)である。

国際テニス殿堂の博物館は、ニューポート市に残る19世紀の社交クラブの建物「ニューポート・カジノ」に入居しており、7000点を超える名物品が展示され、長いテニスの歴史に触れることができる。殿堂内では、年間を通じて数々のイベントも催される。

殿堂入り選手のことを、英語の“Enshrinee”という語で呼ぶことからも分かるように、彼らはテニスの歴史に名前を刻んだ選手として、永遠に記憶されるべき人たちとして位置づけられている。第1回の国際テニス殿堂入り式典は1955年に行われ、第1回全米選手権の男子シングルス優勝者リチャード・シアーズを含む7名の選手が殿堂入りした。各年度の殿堂入り選手の選考にあたり、その時点ですでに物故した選手も含めてきた。例えばスザンヌ・ランランは、没後40年の1978年に殿堂入りしている。毎年の殿堂入り選手は、最近では1月中旬頃に決定され、殿堂入り式典は7月第2週ごろ、ウィンブルドン選手権終了直後に開かれることが多い。

殿堂入りは「選手(Player)」のカテゴリーと「貢献した人物(Contributor)」のカテゴリーがあり、後者の例としてスウェーデン国王グスタフ5世が国内初のテニスクラブを設立した功績で殿堂入りしている。

1960~70年代にダブルスで活躍したボブ・ヒューイット1992年に殿堂入りしたが、かつてコーチした教え子の女性に対する性的虐待疑惑が発覚し2012年にリストから除外された。

公式サイトのHall of Famersで選手を探す時には「アルファベット順」「殿堂入り年代順」「国別」で探す方法の3通りがある。選手名の右側に* (アスタリスク)がついている場合は故人であることを示す。サイト内の選手評伝は、バド・コリンズ執筆による「テニス百科事典」をもとにまとめられたものである。

殿堂入り人物[編集]

2014年現在、240人が殿堂入りしている。

殿堂入り人物
1955 オリバー・キャンベルジョセフ・クラーク、James Dwight、リチャード・シアーズヘンリー・スローカムマルコム・ホイットマンロバート・レン
1956 ウィリアム・クローシャードワイト・フィリー・デービスウィリアム・ラーンドメイ・サットンホルコム・ウォードビールズ・ライト
1957 メアリー・ブラウン、Hazel Hotchkiss Wightman、モーリス・マクローリンリチャード・ノリス・ウィリアムズ
1958 モード・バーガー=ウォラックモーラ・マロリービル・ジョンストンリンドレイ・マレー
1959 ビル・チルデンヘレン・ウィルス・ムーディ
1960 (なし)
1961 フレッド・アレクサンダーマルコム・チェイスハロルド・ハケットフランシス・ハンタービンセント・リチャーズ
1962 ジョン・ドエグヘレン・ジェイコブスエルスワース・バインズ
1963 ウィルマー・アリソン、Julian Myrick、サラ・ポールフリージョン・バン・リン
1964 George Adee、ドン・バッジジョージ・ロットアリス・マーブルフランク・シールズシドニー・ウッド
1965 ポーリーン・ベッツエレン・ハンセルドン・マクニール、James Van Alen、ワトソン・ウォッシュバーン
1966 ジョー・ハントフランク・パーカー、Theodore Pell、テッド・シュローダー
1967 ルイーズ・ブラフマーガレット・オズボーン・デュポンボビー・リッグスビル・タルバート
1968 モーリーン・コノリーアリソン・ダンジグパンチョ・ゴンザレスジャック・クレーマーエレオノラ・シアーズ
1969 カール・ベアチャールズ・ガーランドドリス・ハートアーサー・ラーセンマリー・ワーグナー
1970 シャーリー・フライクラレンス・グリフィン、Perry Jones、トニー・トラバート
1971 アリシア・ギブソンエリザベス・ムーア、Arthur Nielsen、ビック・セイシャス
1972 Bryan Grant、ガードナー・ムロイエリザベス・ライアン
1973 ダーリーン・ハードジーン・マコアラステア・マーティン
1974 ジュリエット・アトキンソンボブ・ファルケンバーグフレッド・ホビーバーサ・タウンゼント
1975 Lawrence Baker、フレッド・ペリーエレン・ルーズベルト
1976 ジャン・ボロトラジャック・ブルニョンマーベル・カーヒルアンリ・コシェルネ・ラコステディック・サビット
1977 マニュエル・アロンソノーマン・ブルックス、Betty Nuthall Shoemaker、バッジ・パティーゴットフリート・フォン・クラム
1978 マリア・ブエノピエール・エチュバステールハリー・ホップマンスザンヌ・ランランキャスリーン・マッケイン・ゴッドフリーアンソニー・ワイルディング
1979 ジャック・クロフォード、Gladys Heldman、Al Laney、ラファエル・オスナフランク・セッジマンマーガレット・スミス・コート
1980 ローレンス・ドハティーレジナルド・ドハティーグスタフ5世ルー・ホードケン・ローズウォール
1981 ドロテア・ダグラス・チェンバース、William Ewing Hester、ロッド・レーバー、Mary Outerbridge
1982 ロイ・エマーソン、William McChesney Martin、トム・ペティットランス・ティンゲイ
1983 クラレンス・クラークロッティ・ドッドヤロスラフ・ドロブニーアーネスト・レンショーウィリアム・レンショー
1984 ジョン・ブロムウィッチニール・フレーザーエイドリアン・クイストマニュエル・サンタナ、Pancho Segura
1985 アーサー・アッシュ、David Gray、アン・ヘイドン=ジョーンズフレッド・ストール
1986 チャック・マッキンリージョン・ニューカムニコラ・ピエトランジェリトニー・ローチドロシー・ラウンド、Ted Tinling
1987 ビョルン・ボルグビリー・ジーン・キングアレックス・オルメドデニス・ラルストンスタン・スミス
1988 イボンヌ・グーラゴング
1989 ジェラルド・パターソンバージニア・ウェード
1990 Joseph F. Cullman、ヤン・コデシュ
1991 アシュレー・クーパーイリ・ナスターゼギリェルモ・ビラス
1992 トレーシー・オースチン、Philippe Chatrier、フルー・マクミラン
1993 Lamar Hunt、アンジェラ・モーティマー
1994 バド・コリンズハナ・マンドリコワ
1995 クリス・エバート
1996 ロージー・カザルス、Dan Maskell
1997 ヘンリー・オースチンレスリー・ターナーウォルター・クロプトン・ウィングフィールド
1998 ジミー・コナーズ、Herman David
1999 ジョン・マッケンローケン・マグレガー
2000 マルコム・アンダーソン、Robert Kelleher、マルチナ・ナブラチロワ
2001 イワン・レンドルメルビン・ローズ
2002 パム・シュライバーマッツ・ビランデル
2003 ボリス・ベッカーフランソワーズ・デュールナンシー・リッチー、Brian Tobin
2004 ドロシー・バンディステファン・エドベリシュテフィ・グラフ
2005 Earl Buchholz、ジム・クーリエヤニック・ノアヤナ・ノボトナ
2006 ジャンニ・クレリッチアーサー・ゴアマリオン・ジョーンズ、Karel Koželuh、ハーバート・ローフォードシモーヌ・マチュー、Hans Nüsslein、パトリック・ラフターガブリエラ・サバティーニナンシー・ウィン・ボルトン
2007 Russ Adams、スベン・デビッドソンピート・サンプラスアランチャ・サンチェス・ビカリオ
2008 マイケル・チャン、Mark McCormack、Gene Scott
2009 Donald Dell、アンドレス・ヒメノ、Robert Walter Johnson、モニカ・セレシュ
2010 オーウェン・デビッドソンジジ・フェルナンデス、Derek Hardwick、ブラッド・パークストッド・ウッドブリッジマーク・ウッドフォードナターシャ・ズベレワ
2011 アンドレ・アガシ、Peachy Kellmeyer
2012 ジェニファー・カプリアティ、Mike Davies、グスタボ・クエルテンマニュエル・オランテスランディ・スノー
2013 ダフネ・アクハーストジェームズ・アンダーソンウィルフレッド・バデリーブランチ・ビングリーシャーロット・クーパーテルマ・コイン・ロング、Cliff Drysdale、マルチナ・ヒンギスヒルデ・スパーリング、Charlie Pasarell、Ion Țiriac
2014 John Barrett、Nick Bollettieri、Jane Brown Grimes、リンゼイ・ダベンポート、Chantal Vandierendonck

外部リンク[編集]