フランク・ハドー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランク・ハドーFrank Hadow, 1855年1月24日 - 1946年6月29日)は、イングランド・ミドルセックス地区レジェンズ・パーク出身の男子テニス選手。1877年から始まったウィンブルドン選手権で、1878年に第2回大会の男子シングルス優勝者となった選手である。歴代のウィンブルドン優勝者の中で最も背が高い選手といわれ、ボールを高く上げるロブショットを武器にした。右利き。フルネームは Patrick Francis Hadow (パトリック・フランシス・ハドー)という。

1878年の第2回ウィンブルドン選手権男子シングルスで、ハドーは1セットも落とさずに決勝へ勝ち上がり、決勝戦では初代優勝者のスペンサー・ゴアを 7-5, 6-1, 9-7 のストレートで破って優勝した。しかし1879年の第3回大会には前年優勝者として出場せず、ウィンブルドン選手権にももはや戻らなかった。その後ハドーはセイロン(現在のスリランカ)でコーヒー農園を経営しながら、ミドルセックス地区でクリケットをプレーすることもあった。

1926年にウィンブルドン選手権の創設50周年式典が催され、ハドーは歴代優勝者の1人として記念メダルを授与された。(初代優勝者のスペンサー・ゴア1906年に亡くなっていた。)1946年6月29日、フランク・ハドーはイングランド・ブリッジウォーターにて91歳の生涯を閉じた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Lance Tingay, “100 Years of Wimbledon” (ウィンブルドンの100年史) Guinness Superlatives Ltd., London (1977) ISBN 0-900424-71-0
  • Bud Collins, “Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia” Sport Classic Books, Toronto (2003 Ed.) ISBN 0-9731443-4-3
  • Martin Hedges, “The Concise Dictionary of Tennis” (コンサイス・テニス辞書) Mayflower Books Inc., New York (1978) ISBN 0-8317-1765-3