ガードナー・ムロイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガードナー・ムロイGardnar Mulloy, 1913年11月22日 - )は、アメリカワシントンD.C.出身の男子テニス選手。1952年全米選手権男子シングルス準優勝者で、1940年代から1950年代にかけて、アメリカを代表するダブルスの名手として活躍した。全米選手権では1940年から1957年までの間に「9度」男子ダブルス決勝に進出し、そのうち4度優勝した。ウィンブルドン選手権では、1957年の男子ダブルスでバッジ・パティーとともにテニス史上に残る年長ペアを組んで優勝している。フルネームは Gardnar Putnam Mulloy (ガードナー・プットナム・ムロイ)といい、“Gar”(ガー)という愛称で呼ばれた。

ムロイはアメリカの首都・ワシントンで生まれたが、人生の大半をフロリダ州マイアミで過ごし、マイアミ大学法学部を卒業した。マイアミ大学で、彼は創設されたばかりのテニス部を組織し、選手兼監督を務めた。大学卒業後の1936年から全米選手権に出場し始め、1940年から1942年まで3年連続の男子ダブルス決勝進出を果たす。1939年9月に第2次世界大戦が勃発した後も、全米選手権は途切れることなく続行され、ムロイは戦時中から男子ダブルスで頭角を現し始めた。1940年はヘンリー・プルソフ、1941年はウェイン・サビンと組み、2年連続でジャック・クレーマーテッド・シュローダー組に敗れて準優勝になる。1942年、ムロイはビル・タルバートとペアを組み、シュローダーとシドニー・ウッドの組を破って初優勝を果たした。戦時中のアメリカ男子テニス界では、どの選手も軍務に就きながら全米選手権に出場していた。ムロイはアメリカ海軍で働き、米国の航空機を北アメリカやヨーロッパに(侵入のため)上陸させる仕事をした。1943年1944年の2年間、彼は軍務のため全米選手権に出場できなかったが、終戦直後の1945年全米選手権でテニス界に復帰し、タルバートとの男子ダブルスで3年ぶり2度目の優勝を果たす。このペアは1946年1948年に、全米男子ダブルスで2つの優勝を加え、通算4勝を獲得した。

1947年、ムロイはキャリアで唯一の全豪選手権に参加した。終戦後2度目の全豪選手権では、男子シングルスは32名の選手による5回戦制で行われ、第4シードのムロイは準決勝でジョン・ブロムウィッチに 2-6, 4-6, 6-1, 4-6 で敗れた。1948年、彼は34歳にしてウィンブルドン選手権に初出場し、第3シードとしてボブ・ファルケンバーグとの準決勝に進んだ。当時のウィンブルドン選手権は、男女ともシングルスのシード選手が8名のみであったため、1949年ウィンブルドン選手権でムロイはシード選手に選ばれず、1回戦で第1シードのテッド・シュローダーと当たって敗れたこともある。1948年1949年のウィンブルドンで、ムロイは2年連続で男子ダブルス準優勝者になった。パートナーの選手は、1948年はトム・ブラウン、1949年はシュローダーであった。彼のウィンブルドン選手権シングルス成績は、初参加だった1948年のベスト4が自己最高成績で、その後1950年にベスト8があるが、その後は上位に進出できなかった。全仏選手権では、彼は1951年-1954年まで4年間の参加記録を残したが、1951年と1952年ディック・サビットと組んで2年連続男子ダブルス準優勝を記録し、シングルスで1952年-1954年の3年連続ベスト8がある。

1952年全米選手権で、ガードナー・ムロイは38歳8ヶ月にして初めての男子シングルス決勝に進出した。準々決勝でケン・ローズウォール(当時17歳)、準決勝でハミルトン・リチャードソン(当時19歳)と若手選手を連破して勝ち進んだ彼は、初進出の決勝でフランク・セッジマンに 1-6, 2-6, 3-6 の一方的な完敗を喫し、準優勝に終わった。男子ダブルスでも1950年1953年と準優勝が続き、1948年を最後に優勝から見放されてしまう。彼は1939年から1954年までの間に、14年間「全米テニスランキング」のトップ10位以内に入り、全米男子シングルスの準優勝者になった1952年にこのランキングで1位に輝いた。

混合ダブルスの分野では、ムロイは1955年全米選手権1956年ウィンブルドン選手権で2度の準優勝を記録した。パートナーは前者がシャーリー・フライ、後者はアリシア・ギブソンと組んだが、この分野ではタイトルを取れずに終わった。

ガードナー・ムロイは1957年バッジ・パティーとペアを組んでウィンブルドン選手権‎全米選手権の男子ダブルス決勝に進出した。当時ムロイは43歳、パティーは33歳で、2人合わせて「76歳」という年長ペアを組んだ。ウィンブルドンの男子ダブルスでノーシードから決勝に勝ち上がった2人は、自分たちよりはるかに若いオーストラリアペアのニール・フレーザー(当時23歳)とルー・ホード(当時22歳)の組に 8-10, 6-4, 6-4, 6-4 で競り勝った。こうして2人は、第1次世界大戦後のテニス4大大会で最年長のダブルス優勝チームになった。続く全米選手権でも、ムロイとパティーは男子ダブルス決勝に勝ち進んだが、フレーザーとアシュレー・クーパー(この組もオーストラリア)に 6-4, 3-6, 7-9, 3-6 で敗れ、2大会連続優勝はならなかった。ムロイにとっては、これは‎1953年以来4年ぶり9度目の全米男子ダブルス決勝戦だったが、ここでも‎1948年以来の優勝を逃したことになる。全米男子ダブルス決勝記録9度(4勝5敗)は、同部門での最多進出記録となった。

彼は男子テニス国別対抗戦・デビスカップでも、1946年から1957年まで長く米国代表選手を務めた。通算成績は11勝3敗(シングルス3戦全勝、ダブルス8勝3敗)で、団体戦のデビスカップでもダブルスのほうが起用機会が多かった。

ムロイは1959年まで全米選手権に出場し、ウィンブルドン選手権にはさらに長く、53歳に近づく1966年まで挑戦を続けた。彼は(多くの同僚選手たちのように)「プロテニス選手」に転向せず、生涯にわたりアマチュア選手としてプレーしてきた。1972年国際テニス殿堂入り。その後も長くシニアのトーナメントでテニス経歴を続け、ごく最近では1995年から1996年にかけて、80歳以上の選手によるトーナメントで4勝を挙げた。本記事の外部リンクには2003年8月31日付の「ボストン・グローブ」紙記事があり、90歳を迎えたムロイがボストン市内にある「ロングウッド・クリケットクラブ」で「全米スーパーシニアテニス選手権」に参加した様子が記述されている。

4大大会ダブルス優勝[編集]

  • ウィンブルドン選手権 男子ダブルス:1勝(1957年) [男子ダブルス準優勝2度:1948年・1949年/混合ダブルス準優勝1度:1956年]
  • 全米選手権 男子ダブルス:4勝(1942年・1945年・1946年・1948年) [男子シングルス準優勝:1952年/男子ダブルス準優勝5度:1940年・1941年・1950年・1953年・1957年/混合ダブルス準優勝:1955年]
全仏選手権男子ダブルス準優勝2度:1951年&1952年)

外部リンク[編集]