ハロルド・マホニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハロルド・マホニー Tennis pictogram.svg
Harold mahony.jpg
ハロルド・マホニー
基本情報
ラテン文字名 Harold Mahony
フルネーム Harold Segerson Mahony
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身地 スコットランド・エジンバラ
生年月日 1867年2月13日
没年月日 1905年6月27日(満38歳没)
死没地 アイルランド・ケリー州
身長 191cm
4大大会最高成績・シングルス
全英 優勝(1896)
4大大会最高成績・ダブルス
全米 準優勝(1897)
獲得メダル
テニス
オリンピック
1900 パリ 男子シングルス
1900 パリ 混合ダブルス
1900 パリ 男子ダブルス

ハロルド・マホニーHarold Mahony, 1867年2月13日 - 1905年6月27日)は、アイルランドの男子テニス選手。スコットランドエジンバラに生まれる。1896年ウィンブルドン選手権男子シングルス優勝者になり、1900年パリ五輪でも男子シングルス銀メダル・男子ダブルス銅メダル・混合ダブルス銀メダルを獲得した。フルネームは Harold Segerson Mahony (ハロルド・セガーソン・マホニー)という。彼の姓「マホニー」には、“Mahony”または“Mahoney”の表記揺れが多い。彼のテニスは、ボレーやスマッシュ、バックハンド・ストロークには攻撃力があったが、フォアハンド・ストロークが弱点で「テニス史上最悪のフォアハンド」と評した人もいたという。

来歴[編集]

マホニーは1890年からウィンブルドン選手権に出場し始め、1893年に初めて「チャレンジ・ラウンド」(挑戦者決定戦)決勝に進んだが、最初はジョシュア・ピムに敗れた。3年後の1896年、マホニーは2度目のチャレンジ・ラウンド決勝でウィルバーフォース・イーブズ1867年 - 1920年)を破り、大会前年度優勝者ウィルフレッド・バデリーとの「オールカマーズ・ファイナル」出場権を獲得した。バデリーとの決勝戦で、マホニーは試合時間2時間に及ぶ激戦の末に 6-2, 6-8, 5-7, 8-6, 6-3 でバデリーを破り、ウィンブルドン選手権の男子シングルスで初優勝を飾った。しかし、1897年のオールカマーズ・ファイナルで、マホニーはチャレンジ・ラウンド勝者のレジナルド・ドハティーに 4-6, 4-6, 3-6 のストレート負けを喫し、大会2連覇を逃した。チャレンジ・ラウンドに戻ったマホニーは、1898年の決勝でレジナルドの弟ローレンス・ドハティーと顔を合わせる。マホニーはローレンスに 1-6, 2-6, 6-4, 6-2, 12-14 で競り負け、レジナルドとのオールカマーズ・ファイナル進出を逃してしまう。その後は1899年1901年1902年に準決勝進出があるが、マホニーはもう2度と「ドハティー兄弟」に勝つことはできなかった。

第2回近代オリンピック大会となった1900年パリ五輪で、ハロルド・マホニーは男子シングルス・男子ダブルス・混合ダブルスの3部門すべてでメダルを獲得した。男子シングルス決勝ではローレンス・ドハティーに 4-6, 2-6, 3-6 で完敗し、銀メダルになる。男子ダブルスでは同じイギリス代表のアーサー・ノリスとペアを組み、準決勝でドハティー兄弟組に敗れたが、この大会では準決勝敗退選手(ペア)による「銅メダル決定戦」は行われず、マホニーとノリスはそのまま男子ダブルス銅メダルを取った。混合ダブルスでは、マホニーはフランス代表の女子選手、エレーヌ・プレボーとの「混合チーム」で銀メダルを獲得した。最初期の近代オリンピックでは、国単位ではなく個人でエントリーしたことから、男子・混合ダブルスでは違う国の選手がペアを組む「混合チーム」も存在した。マホニーとプレボーは、混合ダブルス決勝でレジナルド・ドハティー&シャーロット・クーパー組に 2-6, 4-6 で敗れた。オリンピックでも、マホニーはドハティー兄弟の厚い壁を越えられなかったのである。

1905年ウィンブルドン選手権でチャレンジ・ラウンド2回戦敗退に終わった直後、ハロルド・マホニーはアイルランドのカラ丘陵地(Caragh Hill)で乗っていた自転車から転落し、1905年6月27日に38歳の若さで亡くなった。

参考文献[編集]

  • Lance Tingay, “100 Years of Wimbledon” (ウィンブルドンの100年史) Guinness Superlatives Ltd., London (1977) ISBN 0-900424-71-0
  • Bud Collins, “Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia” Sport Classic Books, Toronto (2003 Ed.) ISBN 0-9731443-4-3 本書には珍しく、没年に「1904年」の誤記がある。
  • Martin Hedges, “The Concise Dictionary of Tennis” (コンサイス・テニス辞書) Mayflower Books Inc., New York (1978) ISBN 0-8317-1765-3

外部リンク[編集]