グザビエ・マリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グザビエ・マリス Tennis pictogram.svg
Flickr - Carine06 - Xavier Malisse.jpg
グザビエ・マリス
基本情報
ラテン文字名 Xavier Malisse
愛称 X-Man (エックスマン)
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
出身地 同・コルトレイク
生年月日 1980年7月19日(34歳)
身長 185cm
体重 77kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1998年
引退年 2013年
ツアー通算 12勝
シングルス 3勝
ダブルス 9勝
生涯通算成績 423勝387敗
シングルス 294勝274敗
ダブルス 129勝113敗
生涯獲得賞金 $5,694,717
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2003・10)
全仏 4回戦(2002・04)
全英 ベスト4(2002)
全米 4回戦(2001・03・05)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2003-06・11・13)
全仏 優勝(2004)
全英 3回戦(2005)
全米 3回戦(2011)
優勝回数 1(仏1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 19位(2002年8月12日)
ダブルス 25位(2011年11月7日)

グザビエ・マリスXavier Malisse, 1980年7月19日 - )は、ベルギーコルトレイク出身の男子プロテニス選手。同僚のオリビエ・ロクスとペアを組み、2004年全仏オープン男子ダブルス部門で優勝した。シングルスでも2002年ウィンブルドンでベスト4に入り、ベルギー人の男子テニス選手として最高成績を出した選手である。自己最高ランキングはシングルス19位、ダブルス25位。ATPツアーでシングルス3勝、ダブルス9勝を挙げた。身長185cm、体重77kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。“Xavier”という名前からついた“X-Man”(エックスマン)というニックネームがある。

来歴[編集]

マリスはサッカーでも才能のある少年だったが、13歳の時からテニスに専念するようになった。1998年にプロ入りし、その年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップベルギー代表選手となる。彼が世界的な知名度を獲得した2002年ウィンブルドンでは、3回戦でエフゲニー・カフェルニコフ、4回戦でグレグ・ルーゼドスキー、準々決勝で1996年の優勝者リカルド・クライチェクといった実力者たちを連破し、準決勝でウィンブルドン初出場だったアルゼンチンの20歳、ダビド・ナルバンディアンとの対戦が決まった。2人とも初めての大舞台だったが、マリスはナルバンディアンに 6-7, 4-6, 6-1, 6-2, 2-6 のフルセットで敗れ、決勝進出はならなかった。これは1997年全仏オープンでベスト4に入ったフィリップ・デブルフ英語版と並び、ベルギーの男子テニス選手が4大大会で出した史上最高成績である。

2005年全豪オープンにて

2004年全仏オープン男子ダブルスで、グザビエ・マリスはオリビエ・ロクスとペアを組み、4大大会男子ダブルスで初優勝を飾った。その勝ち上がりの過程で、2人は3回戦でトッド・ウッドブリッジ&ヨナス・ビョルクマン組、準決勝でマヘシュ・ブパシ&マックス・ミルヌイ組などの強豪ペアを連破し、決勝では地元フランスファブリス・サントロ&ミカエル・ロドラ組を 7-5, 7-5 で破った。同年のアテネ五輪にも、マリスはベルギー代表選手として初出場したが、シングルス・ダブルスとも1回戦で敗れ、ロクスとのダブルスでも1回戦でロドラ&サントロ組に敗れた。

2005年2月、アメリカフロリダ州デルレイビーチの大会で、マリスは決勝でチェコイリ・ノバクを破り、宿願のATPツアー大会シングルス初優勝を挙げた。それまで、マリスはプロ転向した1998年以来6度の準優勝の壁にぶつかり、前年の2004年も2つの準優勝で止まっていた。2007年度に入り、マリスはインドの「チェンナイ・オープン」とデルレイビーチ国際テニス選手権で単複優勝を果たした。

2011年チェンナイ・オープンで5年ぶりにシングルスの決勝に進出したが、スタニスラス・ワウリンカに 5–7, 6–4, 1–6 で敗れツアー4勝目を逃した。ダブルスではインディアンウェルズ大会とロサンゼルス大会で2勝を挙げた。

マリスは2013年10月、地元ベルギーでのチャレンジャー大会の1回戦でセルジー・スタコフスキに敗れた試合を最後に33歳で現役を引退した。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 12回 (3勝9敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-1)
ATPワールドツアー・250シリーズ (3–8)
サーフェス別タイトル
ハード (3–4)
クレー (0-4)
芝 (0-0)
カーペット (0-1)


結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1998年11月2日 メキシコの旗 メキシコシティ クレー チェコの旗 イリ・ノバク 3–6, 3–6
準優勝 2. 1999年5月10日 アメリカ合衆国の旗 デルレイビーチ クレー オーストラリアの旗 レイトン・ヒューイット 4–6, 7–6, 1–6
準優勝 3. 2001年3月12日 アメリカ合衆国の旗 デルレイビーチ ハード アメリカ合衆国の旗 ジャン=マイケル・ギャンビル 5–7, 4–6
準優勝 4. 2001年4月30日 アメリカ合衆国の旗 アトランタ クレー アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック 2–6, 4–6
準優勝 5. 2004年5月24日 オーストリアの旗 ザンクト・ペルテン クレー イタリアの旗 フィリッポ・ボランドリ 1–6, 4–6
準優勝 6. 2004年10月11日 フランスの旗 リヨン カーペット (室内) スウェーデンの旗 ロビン・セーデリング 2–6, 6–3, 4–6
優勝 1. 2005年2月7日 アメリカ合衆国の旗 デルレイビーチ ハード チェコの旗 イリ・ノバク 7–6, 6–2
準優勝 7. 2006年1月9日 オーストラリアの旗 アデレード ハード フランスの旗 フローラン・セラ 3–6, 4–6
準優勝 8. 2006年2月6日 アメリカ合衆国の旗 デルレイビーチ ハード ドイツの旗 トミー・ハース 3–6, 6–3, 6–7
優勝 2. 2007年1月1日 インドの旗 チェンナイ ハード オーストリアの旗 シュテファン・クーベック 6–1, 6–3
優勝 3. 2007年1月28日 アメリカ合衆国の旗 デルレイビーチ ハード アメリカ合衆国の旗 ジェームズ・ブレーク 5–7, 6–4, 6–4
準優勝 9. 2011年1月11日 インドの旗 チェンナイ ハード スイスの旗 スタニスラス・ワウリンカ 5–7, 6–4, 1–6

ダブルス: 13回 (9勝4敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2004年6月6日 フランスの旗 全仏オープン クレー ベルギーの旗 オリビエ・ロクス フランスの旗 ミカエル・ロドラ
フランスの旗 ファブリス・サントロ
7–5, 7–5
優勝 2. 2005年1月9日 オーストラリアの旗 アデレード ハード ベルギーの旗 オリビエ・ロクス スウェーデンの旗 シーモン・アスペリン
オーストラリアの旗 トッド・ペリー
7–6, 6–4
優勝 3. 2007年1月8日 インドの旗 チェンナイ ハード ベルギーの旗 ディック・ノーマン スペインの旗 ラファエル・ナダル
スペインの旗 バートロミ・サルバ・ビダル
7–6, 7–6
優勝 4. 2007年1月28日 アメリカ合衆国の旗 デルレイビーチ ハード アメリカ合衆国の旗 ヒューゴ・アーマンド イギリスの旗 ジェームス・オークランド
オーストラリアの旗 ステファン・フース
6–3, 6–7, [10–5]
準優勝 1. 2008年1月13日 ニュージーランドの旗 オークランド ハード オーストリアの旗 ユルゲン・メルツァー ペルーの旗 ルイス・オルナ
アルゼンチンの旗 フアン・モナコ
4-6, 6-3, [7-10]
準優勝 2. 2011年2月13日 アメリカ合衆国の旗 サンノゼ ハード
(室内)
コロンビアの旗 アレハンドロ・ファジャ アメリカ合衆国の旗 スコット・リプスキー
アメリカ合衆国の旗 ラジーブ・ラム
4–6, 6–4, [8–10]
優勝 5. 2011年3月18日 アメリカ合衆国の旗 インディアンウェルズ ハード ウクライナの旗 アレクサンドル・ドルゴポロフ スイスの旗 ロジャー・フェデラー
スイスの旗 スタニスラス・ワウリンカ
6–4, 6–7(5), [10–7]
優勝 6. 2011年7月31日 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス ハード バハマの旗 マーク・ノールズ インドの旗 ソムデブ・デブバルマン
フィリピンの旗 トレト・コンラッド・ユーイ
7–6(3), 7–6(10)
優勝 7. 2012年2月19日 アメリカ合衆国の旗 サンノゼ ハード
(室内)
バハマの旗 マーク・ノールズ 南アフリカ共和国の旗 ケビン・アンダーソン
ドイツの旗 フランク・モーサー
6–4, 1–6, [10–5]
準優勝 3. 2012年5月6日 ドイツの旗 ミュンヘン クレー ベルギーの旗 ディック・ノーマン チェコの旗 フランティセク・チェルマク
スロバキアの旗 フィリップ・ポラセク
4–6, 5–7
準優勝 4. 2012年7月22日 アメリカ合衆国の旗 アトランタ ハード アメリカ合衆国の旗 マイケル・ラッセル オーストラリアの旗 マシュー・エブデン
アメリカ合衆国の旗 マイケル・ラッセル
3–6, 6-3, [6–10]
優勝 8. 2012年7月29日 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス ハード ベルギーの旗 ルーベン・ベーメルマンス イギリスの旗 ジェイミー・デルガド
イギリスの旗 ケン・スクプスキ
7–6(5), 4–6, [10–7]
優勝 9. 2013年2月17日 アメリカ合衆国の旗 サンノゼ ハード
(室内)
ドイツの旗 フランク・モーサー オーストラリアの旗 レイトン・ヒューイット
オーストラリアの旗 マリンコ・マトセビッチ
6–0, 6–7(5), [10–4]

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 通算成績
全豪オープン A LQ LQ 2R 3R 1R 1R 2R 1R 1R 2R 1R 3R 1R 2R 8–12
全仏オープン 1R A 3R 4R 3R 4R 2R 1R A A A 2R 2R 1R 1R 13–11
ウィンブルドン 1R A 2R SF 1R 4R 2R 2R A 2R 1R 3R 4R 4R 1R 20–13
全米オープン 3R 2R 4R 3R 4R 1R 4R 3R 2R LQ LQ 1R 1R 1R 1R 18–13

外部リンク[編集]