ユルゲン・メルツァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユルゲン・メルツァー Tennis pictogram.svg
Melzer MA14 (6) - Copy (14424710582).jpg
ユルゲン・メルツァー
基本情報
ラテン文字名 Jürgen Melzer
国籍 オーストリアの旗 オーストリア
出身地 同・ウィーン
居住地 同・ドイチュ・ヴァグラム
生年月日 1981年5月22日(33歳)
身長 182cm
体重 80kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1999年
ツアー通算 18勝
シングルス 5勝
ダブルス 13勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2011)
全仏 ベスト4(2010)
全英 4回戦(2010・13)
全米 4回戦(2010)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(2005)
全仏 ベスト8(2005)
全英 優勝(2010)
全米 優勝(2011)
優勝回数 2(英1・米1)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全英 優勝(2011)
優勝回数 1(英1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 8位(2011年4月18日)
ダブルス 6位(2010年9月13日)
2014年11月4日現在

ユルゲン・メルツァーJürgen Melzer, 1981年5月22日 - )は、オーストリアウィーン出身の男子プロテニス選手。4大大会では、2010年全仏オープンシングルスベスト4、2010年ウィンブルドン選手権2011年全米オープン男子ダブルス、2011年ウィンブルドン選手権混合ダブルスでの優勝がある。これまでにATPツアーでシングルス5勝、ダブルス13勝を挙げている。左利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。自己最高ランキングはシングルス8位、ダブルス6位。弟のジェラルド・メルツァー英語版もプロテニス選手である。

来歴[編集]

父親のルドルフ・メルツァーは、彼の現住地ドイチュ・ヴァグラムの市長を務めている(現職)[1]。ユルゲンは9歳からテニスを始め、1999年ウィンブルドンジュニア男子シングルス優勝を経てプロ選手に転向した。プロ入り後、直ちに男子テニス国別対抗戦・デビスカップのオーストリア代表選手に選ばれる。2000年ウィンブルドン4大大会に初出場。2002年アメリカニューポート大会で男子ツアーのダブルス決勝戦に初進出し、翌2003年のニューポート大会でシングルス決勝に進んだが、彼は長い間ツアー決勝戦で単複ともに不運が続いた。

2005年、メルツァーはダブルスの分野で成績を伸ばし、全豪オープンベスト4・全仏オープンベスト8を経て、10月のロシアサンクトペテルブルク大会で男子ツアーダブルス初優勝を達成した。全豪オープンで組んだパートナーはグレイドン・オリバーアメリカ)であったが、それ以外は大半のトーナメントで同じオーストリアのユリアン・ノールとペアを組んだ。ノールはダブルスのスペシャリストとして知られ、2004年ウィンブルドン男子ダブルス準優勝の実績を持つ人である(後に2007年全米オープン男子ダブルスで優勝した)。2006年9月、ユルゲン・メルツァーはルーマニアブカレスト大会の決勝戦でフィリッポ・ボランドリイタリア)を 6-1, 7-5 で破り、ようやく宿願のシングルス初優勝を達成した。この年はノールと組んで6大会のダブルス決勝戦に進み、そのうち2大会で優勝したが、10月に3週連続準優勝の辛酸をなめたことがある。

その後のツアー成績は、2007年2008年とシングルスの準優勝が1度ずつあり、2008年6月にオランダスヘルトーヘンボス大会のダブルスでトーマス・ヨハンソンスウェーデン)と組んで優勝した。

2009年全豪オープンで、メルツァーは2007年全米オープン以来1年ぶりのシード選手に入った。第31シードとして、1回戦で日本錦織圭を 7-5, 6-2, 6-1 で圧倒する。4年ぶり3度目の3回戦では第4シードのアンディ・マリーイギリス)に 5-7, 0-6, 3-6 で完敗した。この年はユリアン・ノールとのダブルスで、日本ジャパン・オープンを含むダブルス2勝を挙げている。

2010年のメルツァーは全仏オープンシングルス準々決勝で第3シードのノバク・ジョコビッチセルビア)を 3-6, 2-6, 6-2, 7-6, 6-4 で破り初めてベスト4に進出する(これまでのメルツァーは3回戦進出が最高であった。)。ウィンブルドンではフィリップ・ペッシュナードイツ)と組んだダブルスで初優勝した[2]

2011年の全豪オープンでも4回戦に進出し、大会後のランキングでシングルス10位となり、初めてのトップ10入りと、シングルス・ダブルス同時のトップ10入りを果たした。ウィンブルドンでは前年優勝のダブルスでは準々決勝で敗退したが、イベタ・ベネソバチェコ)と組んだ混合ダブルスでエレーナ・ベスニナロシア)&マヘシュ・ブパシインド)組を 6-3, 6-2 で破り優勝した[3]全米オープンではペッシュナーと組んだダブルスの決勝でマリウシュ・フィルステンベルク&マルチン・マトコフスキ組に 6–2, 6–2 で勝利し、4大大会ダブルス2勝目を挙げた[4]

メルツァーはオリンピックのオーストリア代表選手としても、2004年アテネ五輪2008年北京五輪2012年ロンドン五輪の3度出場経験があり、北京五輪のシングルスでラファエル・ナダルとの準々決勝まで勝ち進んだ。

メルツァーは2012年9月14日に2011年ウィンブルドン選手権混合ダブルス優勝パートナーのイベタ・ベネソバと結婚した[5]

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 13回 (5勝8敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (1-2)
ATPワールドツアー・250シリーズ (4–6)
サーフェス別タイトル
ハード (4–3)
クレー (1-4)
芝 (0-1)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2003年7月13日 アメリカ合衆国の旗 ニューポート アメリカ合衆国の旗 ロビー・ジネプリ 4–6, 7–6(3), 1–6
準優勝 2. 2005年5月21日 オーストリアの旗 ザンクト・ペルテン クレー ロシアの旗 ニコライ・ダビデンコ 3–6, 6–2, 4–6
準優勝 3. 2006年4月10日 アメリカ合衆国の旗 ヒューストン クレー アメリカ合衆国の旗 マーディ・フィッシュ 6–3, 4–6, 3–6
優勝 1. 2006年9月17日 ルーマニアの旗 ブカレスト クレー イタリアの旗 フィリッポ・ボランドリ 6–1, 7–5
準優勝 4. 2006年10月2日 フランスの旗 メス ハード (室内) セルビアの旗 ノバク・ジョコビッチ 6–4, 3–6, 2–6
準優勝 5. 2007年3月5日 アメリカ合衆国の旗 ラスベガス ハード オーストラリアの旗 レイトン・ヒューイット 4–6, 6–7(10)
準優勝 6. 2008年7月20日 オーストリアの旗 キッツビュール クレー アルゼンチンの旗 フアン・マルティン・デル・ポトロ 2–6, 1–6
優勝 2. 2009年11月1日 オーストリアの旗 ウィーン ハード (室内) クロアチアの旗 マリン・チリッチ 6–4, 6–3
準優勝 7. 2010年7月25日 ドイツの旗 ハンブルク クレー カザフスタンの旗 アンドレイ・ゴルベフ 3–6, 5–7
優勝 3. 2010年10月31日 オーストリアの旗 ウィーン ハード (室内) オーストリアの旗 アンドレアス・ハイダー=マウラー 6–7(10), 7–6(4), 6–4
優勝 4. 2012年2月26日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード (室内) カナダの旗 ミロシュ・ラオニッチ 7–5, 7–6(4)
準優勝 8 2013年2月10日 クロアチアの旗 ザグレブ ハード (室内) クロアチアの旗 マリン・チリッチ 3–6, 1–6
優勝 5. 2013年8月24日 アメリカ合衆国の旗 ウィンストン・セーラム ハード フランスの旗 ガエル・モンフィス 6-3, 2-1, 途中棄権

ダブルス: 28回 (13勝15敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2002年7月8日 アメリカ合衆国の旗 ニューポート ドイツの旗 アレクサンダー・ポップ アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
5-7, 3-6
準優勝 2. 2003年7月7日 アメリカ合衆国の旗 ニューポート オーストリアの旗 ユリアン・ノール オーストラリアの旗 ジョーダン・カー
オーストラリアの旗 デビッド・マクファーソン
6-7(4), 3-6
準優勝 3. 2003年7月21日 オーストリアの旗 キッツビュール クレー オーストリアの旗 アレクサンダー・ペヤ チェコの旗 マルティン・ダム
チェコの旗 シリル・スーク
4-6, 4-6
優勝 1. 2005年10月24日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク カーペット (室内) オーストリアの旗 ユリアン・ノール スウェーデンの旗 ヨナス・ビョルクマン
ベラルーシの旗 マックス・ミルヌイ
4–6, 7–5, 7–5
準優勝 4. 2006年4月10日 アメリカ合衆国の旗 ヒューストン クレー オーストリアの旗 ユリアン・ノール ドイツの旗 ミハエル・コールマン
ドイツの旗 アレクサンダー・ワスケ
7-5, 4-6, [5-10]
優勝 2. 2006年4月24日 モロッコの旗 カサブランカ クレー オーストリアの旗 ユリアン・ノール ドイツの旗 ミハエル・コールマン
ドイツの旗 アレクサンダー・ワスケ
6–3, 6–4
優勝 3. 2006年7月10日 アメリカ合衆国の旗 ニューポート アメリカ合衆国の旗 ロバート・ケンドリック 南アフリカ共和国の旗 ジェフ・クッツェー
アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・ギメルストブ
7–6(3), 6–0
準優勝 5. 2006年10月2日 フランスの旗 メス ハード
(室内)
オーストリアの旗 ユリアン・ノール フランスの旗 リシャール・ガスケ
フランスの旗 ファブリス・サントロ
6-3, 1-6, [9-11]
準優勝 6. 2006年10月9日 オーストリアの旗 ウィーン ハード
(室内)
オーストリアの旗 ユリアン・ノール チェコの旗 ペトル・パラ
チェコの旗 パベル・ビズネル
4-6, 6-3, [10-12]
準優勝 7. 2006年10月23日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク カーペット (室内) オーストリアの旗 ユリアン・ノール スウェーデンの旗 シーモン・アスペリン
オーストラリアの旗 トッド・ペリー
1-6, 6-7(3)
準優勝 8. 2007年2月19日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード
(室内)
オーストリアの旗 ユリアン・ノール アメリカ合衆国の旗 エリック・ブトラック
イギリスの旗 ジェイミー・マレー
5-7, 3-6
準優勝 9. 2007年10月28日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク カーペット (室内) オーストラリアの旗 トッド・ペリー カナダの旗 ダニエル・ネスター
セルビアの旗 ネナド・ジモニッチ
1-6, 6-7(3)
準優勝 10. 2008年1月13日 ニュージーランドの旗 オークランド ハード ベルギーの旗 グザビエ・マリス ペルーの旗 ルイス・オルナ
アルゼンチンの旗 フアン・モナコ
4-6, 6-3, [7-10]
準優勝 11. 2008年5月19日 オーストリアの旗 ペルチャッハ クレー オーストリアの旗 ユリアン・ノール ブラジルの旗 マルセロ・メロ
ブラジルの旗 アンドレ・サ
5–7, 7–6(3), [11–13]
優勝 4. 2008年6月15日 オランダの旗 スヘルトーヘンボス クロアチアの旗 マリオ・アンチッチ インドの旗 マヘシュ・ブパシ
インドの旗 リーンダー・パエス
7–6(5), 6–3
優勝 5. 2009年8月29日 アメリカ合衆国の旗 ニューヘイブン ハード オーストリアの旗 ユリアン・ノール ブラジルの旗 ブルーノ・ソアレス
ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット
6–4, 7–6(3)
優勝 6. 2009年10月11日 日本の旗 東京 ハード オーストリアの旗 ユリアン・ノール イギリスの旗 ロス・ハッチンズ
オーストラリアの旗 ジョーダン・カー
6–2, 5–7, [10-8]
準優勝 12. 2009年11月1日 オーストリアの旗 ウィーン ハード
(室内)
オーストリアの旗 ユリアン・ノール ポーランドの旗 ルカシュ・クボット
オーストリアの旗 オリバー・マラチ
6-2, 4-6, [9-11]
優勝 7. 2010年2月7日 クロアチアの旗 ザグレブ ハード
(室内)
ドイツの旗 フィリップ・ペッシュナー フランスの旗 アルノー・クレマン
ベルギーの旗 オリビエ・ロクス
3–6, 6–3, [10-8]
優勝 8. 2010年7月3日 イギリスの旗 ウィンブルドン ドイツの旗 フィリップ・ペッシュナー スウェーデンの旗 ロベルト・リンドステット
ルーマニアの旗 ホリア・テカウ
6–1, 7–5, 7–5
準優勝 13. 2010年10月3日 タイ王国の旗 バンコク ハード
(室内)
イスラエルの旗 ジョナサン・エルリック ドイツの旗 クリストファー・カス
セルビアの旗 ビクトル・トロイツキ
4–6, 4–6
優勝 9. 2010年10月17日 中華人民共和国の旗 上海 ハード インドの旗 リーンダー・パエス ポーランドの旗 マリウシュ・フィルステンベルク
ポーランドの旗 マルチン・マトコフスキ
7–5, 4–6, [10–5]
優勝 10. 2011年2月13日 オランダの旗 ロッテルダム ハード
(室内)
ドイツの旗 フィリップ・ペッシュナー フランスの旗 ミカエル・ロドラ
セルビアの旗 ネナド・ジモニッチ
6-4, 3-6, [10-5]
優勝 11. 2011年7月16日 ドイツの旗 シュトゥットガルト クレー ドイツの旗 フィリップ・ペッシュナー スペインの旗 マルセル・グラノリェルス
スペインの旗 マルク・ロペス
6–3, 6–4
優勝 12. 2011年9月10日 アメリカ合衆国の旗 全米オープン ハード ドイツの旗 フィリップ・ペッシュナー ポーランドの旗 マリウシュ・フィルステンベルク
ポーランドの旗 マルチン・マトコフスキ
6–2, 6–2
準優勝 14. 2012年1月8日 オーストラリアの旗 ブリスベン ハード ドイツの旗 フィリップ・ペッシュナー ベラルーシの旗 マックス・ミルヌイ
カナダの旗 ダニエル・ネスター
1–6, 2–6
優勝 13. 2014年10月19日 オーストリアの旗 ウィーン ハード
(室内)
ドイツの旗 フィリップ・ペッシュナー ドイツの旗 アンドレ・ベゲマン
オーストリアの旗 ユリアン・ノール
7–6(6), 4–6, [10–7]
準優勝 15. 2014年11月2日 フランスの旗 パリ ハード
(室内)
ポーランドの旗 マルチン・マトコフスキ アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
6–7(5), 7–5, [6–10]

4大大会ダブルス優勝[編集]

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 通算成績
全豪オープン A A LQ 1R 3R 3R 1R 2R 2R 3R 1R 4R 1R 3R A 13–11
全仏オープン A A A 1R 2R 3R 1R 2R 3R 3R SF 2R 1R 1R 2R 20–12
ウィンブルドン 1R LQ 1R 2R 1R 3R 1R A 3R 3R 4R 3R 2R 4R 1R 16–13
全米オープン A A 2R 2R 3R 1R 1R 2R 3R 2R 4R 2R 1R 1R 1R 12–13

脚注[編集]

外部リンク[編集]