グレグ・ルーゼドスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレグ・ルーゼドスキー Tennis pictogram.svg
Greg rusedski.jpg
グレグ・ルーゼドスキー
基本情報
ラテン文字名 Greg Rusedski
フルネーム Gregory Rusedski
国籍 カナダの旗 カナダ
イギリスの旗 イギリス
出身地 カナダ・モントリオール
居住地 イギリス・ロンドン
生年月日 1973年9月6日(40歳)
身長 193cm
体重 91kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1991年
引退年 2007年
ツアー通算 18勝
シングルス 15勝
ダブルス 3勝
生涯通算成績 499勝340敗
シングルス 436勝287敗
ダブルス 63勝53敗
生涯獲得賞金 US$8,944,841
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2001)
全仏 4回戦(1999)
全英 ベスト8(1997)
全米 準優勝(1997)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(1995)
全仏 1回戦(2006)
全英 2回戦(1994)
全米 2回戦(1994)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 4位(1997年10月6日)
ダブルス 63位(1995年6月19日)

グレゴリー・"グレグ"・ルーゼドスキーGregory "Greg" Rusedski1973年9月6日 - )は、イギリスの男子プロテニス選手。1997年全米オープン男子シングルス準優勝者。ATPランキング自己最高位はシングルス4位、ダブルス63位。ATPツアーでシングルス15勝、ダブルス3勝を挙げた。身長193cm、体重90kg。バックハンド・ストロークは片手打ち。カナダケベック州モントリオール出身であり当初はカナダ国籍でツアーに登録していたが、1995年5月にイギリス国籍を取得し、その後はイギリス国籍でツアーを回った選手である。現在はロンドン市内に在住している。左利きのビッグ・サーバーで、サーブの速度では世界最速を競う選手のひとりであった。日本語メディアでは「グレッグ・ルゼドスキー」「グレグ・ルゼドスキー」「グレッグ・ルーゼドスキー」等の表記揺れも見られる。

来歴[編集]

ルーゼドスキーの父親はウクライナ系のカナダ人で、母親はカナダに移住したイギリス人である。1991年にプロ入りし、1993年7月にアメリカロードアイランド州ニューポート国際テニス殿堂があることで有名)の大会でツアー初優勝を果たす。1995年5月にイギリス国籍を取得し、男子テニス国別対抗戦・デビスカップのイギリス代表としてプレーするようになった。

ウィンブルドンで初めてのベスト8進出を果たす。1回戦で第7シードのマーク・フィリプーシスとの“ビッグ・サーバー対決”を制したルゼドスキーは、その勢いに乗って勝ち進み、一気にセドリック・ピオリーンフランス)との準々決勝まで進出した。同年の全米オープンでは、8月31日にパリで交通事故死したダイアナ元皇太子妃の喪章を着けてプレーしたことが大きな話題を呼んだ。イギリス国民の応援を受けて勝ち進んだ決勝戦で、ルーゼドスキーはオーストラリアパトリック・ラフターに 3-6, 2-6, 6-4, 5-7 で敗れ、1936年フレッド・ペリー1909年 - 1995年)以来となるイギリス人選手としての全米優勝を果たすことはできなかった。

その後の4大大会成績は、1999年全仏オープン2001年全豪オープンでの4回戦進出がある。オリンピックイギリス代表選手としても、1996年アトランタ五輪2000年シドニー五輪の2度出場した。アトランタではセルジ・ブルゲラとの3回戦まで進出したが、シドニーでは1回戦でフランス代表のアルノー・クレマンに敗れている。

ルーゼドスキーは2004年2005年にニューポート大会で2連覇を果たし、男子ツアー大会でのシングルス優勝を「15勝」に伸ばしたが、2005年ニューポート大会が彼の最後のツアー優勝になった。最後の4大大会出場になった2006年全米オープンでは、ルーゼドスキーは1回戦で同僚選手のティム・ヘンマンに 6-7, 2-6, 3-6 のストレートで完敗している。2007年4月第1週に、デビスカップ「ヨーロッパ・アフリカゾーン」の「グループ1」2回戦で若手のアンディ・マレーと組んだダブルス戦に勝利した後、グレグ・ルーゼドスキーは33歳で現役引退を表明した。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 27回 (15勝12敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-1)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
グランドスラムカップ (1–0)
ATPマスターズシリーズ (1-1)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (3-2)
ATPインターナショナルシリーズ (10–8)
サーフェス別タイトル
ハード (7–5)
クレー (0-1)
芝 (5-0)
カーペット (3-6)


結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 1993年7月11日 アメリカ合衆国の旗 ニューポート アルゼンチンの旗 ハビエル・フラナ 7–5, 6–7, 7–6
準優勝 1. 1993年10月25日 中華人民共和国の旗 北京 カーペット (室内) アメリカ合衆国の旗 マイケル・チャン 6–7, 7–6, 4–6
優勝 2. 1995年4月30日 韓国の旗 ソウル ハード ドイツの旗 ラース・レーマン 6–4, 3–1, 途中棄権
準優勝 2. 1995年5月22日 アメリカ合衆国の旗 コーラルスプリングス クレー オーストラリアの旗 トッド・ウッドブリッジ 4–6, 2–6
優勝 3. 1996年10月13日 中華人民共和国の旗 北京 ハード チェコの旗 マルティン・ダム 7–6, 6–4
準優勝 3. 1997年2月3日 クロアチアの旗 ザグレブ カーペット (室内) クロアチアの旗 ゴラン・イワニセビッチ 6–7, 6–4, 6–7
準優勝 4. 1997年2月17日 アメリカ合衆国の旗 サンノゼ ハード (室内) アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス 6–3, 0–5, 途中棄権
優勝 4. 1997年6月22日 イギリスの旗 ノッティンガム スロバキアの旗 カロル・クチェラ 6–4, 7–5
準優勝 5. 1997年9月8日 アメリカ合衆国の旗 全米オープン ハード オーストラリアの旗 パトリック・ラフター 3–6, 2–6, 6–4, 5–7
優勝 5. 1997年10月5日 スイスの旗 バーゼル カーペット (室内) オーストラリアの旗 マーク・フィリプーシス 6–3, 7–6, 7–6
準優勝 6. 1997年10月13日 オーストリアの旗 ウィーン カーペット (室内) クロアチアの旗 ゴラン・イワニセビッチ 6–3, 7–6, 6–7, 2–6, 3–6
準優勝 7. 1998年2月9日 クロアチアの旗 スプリト カーペット (室内) クロアチアの旗 ゴラン・イワニセビッチ 6–7, 6–7
優勝 6. 1998年2月22日 ベルギーの旗 アントワープ ハード スイスの旗 マルク・ロセ 7–6, 3–6, 6–1, 6–4
準優勝 8. 1998年3月16日 アメリカ合衆国の旗 インディアンウェルズ ハード チリの旗 マルセロ・リオス 3–6, 7–6, 6–7, 4–6
準優勝 9. 1998年10月5日 フランスの旗 トゥールーズ ハード (室内) オランダの旗 ヤン・シーメリンク 4–6, 4–6
優勝 7. 1998年11月8日 フランスの旗 パリ ハード (室内) アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス 6–4, 7–6, 6–3
準優勝 10. 1999年3月1日 イギリスの旗 ロンドン カーペット (室内) オランダの旗 リカルド・クライチェク 6–7, 7–6, 5–7
準優勝 11. 1999年8月30日 アメリカ合衆国の旗 ボストン ハード ロシアの旗 マラト・サフィン 4–6, 6–7
優勝 8. 1999年10月4日 ドイツの旗 ミュンヘン カーペット (室内) ドイツの旗 トミー・ハース 6–3, 6–4, 6–7, 7–6
優勝 9. 1999年10月17日 オーストリアの旗 ウィーン カーペット (室内) ドイツの旗 ニコラス・キーファー 6–7, 2–6, 6–3, 7–5, 6–4
優勝 10. 2001年3月4日 アメリカ合衆国の旗 サンノゼ ハード (室内) アメリカ合衆国の旗 アンドレ・アガシ 6–3, 6–4
優勝 11. 2002年1月13日 ニュージーランドの旗 オークランド ハード フランスの旗 ジェローム・ゴルマール 6–7, 6–4, 7–5
優勝 12. 2002年8月18日 アメリカ合衆国の旗 インディアナポリス ハード スペインの旗 フェリックス・マンティーリャ 6–7, 6–4, 6–4
優勝 13. 2003年6月22日 イギリスの旗 ノッティンガム アメリカ合衆国の旗 マーディ・フィッシュ 6–3, 6–2
優勝 14 2004年7月11日 アメリカ合衆国の旗 ニューポート ドイツの旗 アレクサンドル・ポップ 7–6, 7–6
準優勝 12. 2004年10月18日 ロシアの旗 モスクワ カーペット (室内) ロシアの旗 ニコライ・ダビデンコ 6–3, 3–6, 5–7
優勝 15. 2005年7月10日 アメリカ合衆国の旗 ニューポート アメリカ合衆国の旗 ヴィンセント・スペーディア 7–6, 2–6, 6–4

ダブルス: 5回 (3勝2敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 1994年7月7日 アメリカ合衆国の旗 ニューポート オーストリアの旗 アレックス・アントニッチ アメリカ合衆国の旗 ケント・キニア
アメリカ合衆国の旗 デイビッド・ウィートン
6–4, 3–6, 6–4
準優勝 1. 1994年10月17日 オーストリアの旗 ウィーン ハード (室内) オーストリアの旗 アレックス・アントニッチ アメリカ合衆国の旗 マイク・バウアー
チェコの旗 ダヴィッド・リクル
7–6, 6–4
準優勝 2. 1995年3月12日 デンマークの旗 コペンハーゲン ハード (室内) フランスの旗 ギヨーム・ラウー アメリカ合衆国の旗 マーク・ケイル
スウェーデンの旗 ピーター・ナイボルグ
6–7, 6–4, 7–6
優勝 2. 1996年9月15日 イギリスの旗 ボーンマス ハード ドイツの旗 マルク=ケビン・ゲルナー フランスの旗 ロドルフ・ギルバート
ポルトガルの旗 ヌーノ・マルケス
6–3, 7–6
優勝 3. 1999年3月1日 イギリスの旗 ロンドン カーペット (室内) イギリスの旗 ティム・ヘンマン ジンバブエの旗 バイロン・ブラック
南アフリカ共和国の旗 ウェイン・フェレイラ
6–3, 7–6

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 通算成績
全豪オープン A A 1R 3R 1R 1R 3R 2R A 4R 3R A 1R 2R A 11–10
全仏オープン A A 3R A 2R 1R 1R 4R 1R 2R A 1R 1R 1R 1R 7–11
ウィンブルドン LQ 1R 2R 4R 2R QF 1R 4R 1R 4R 4R 2R 2R 2R 1R 21–14
全米オープン LQ A 1R 1R 1R F 3R 4R 2R 3R 3R 1R 1R 1R 1R 16–13

外部リンク[編集]