カロル・クチェラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カロル・クチェラ Tennis pictogram.svg
基本情報
ラテン文字名 Karol Kučera
国籍 スロバキアの旗 スロバキア
出身地 同・ブラチスラヴァ
生年月日 1974年3月4日(40歳)
身長 187cm
体重 77kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1992年
引退年 2005年
ツアー通算 6勝
シングルス 6勝
ダブルス 0勝
生涯通算成績 327勝285敗
シングルス 293勝244敗
ダブルス 34勝41敗
生涯獲得賞金 $5,061,125
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(1998)
全仏 3回戦(1996・2000)
全英 4回戦(1999)
全米 ベスト8(1998)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2004)
全仏 2回戦(2004)
全英 2回戦(2003)
全米 2回戦(2003)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 6位(1998年9月14日)
ダブルス 131位(2004年6月7日)

カロル・クチェラKarol Kučera, 1974年3月4日 - )は、スロバキアブラチスラヴァ出身の男子プロテニス選手。2005年度の男子テニス国別対抗戦・デビスカップで、同僚のドミニク・フルバティとともに、スロバキア・チームを史上初の「ワールドグループ」決勝戦に導いた。シングルス自己最高ランキングは6位。ATPツアーでシングルス6勝を挙げた。身長187cm、体重77kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

来歴[編集]

1992年にプロ入りし、1993年全仏オープン4大大会に初出場。1994年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップスロバキア代表選手になる。1993年チェコスロバキアが連邦解体したことにより、チェコ共和国とスロバキア共和国が独立国家となり、「スロバキア」チームとしてのデビスカップ初参加は1994年であった。クチェラはスロバキア・チームの発足当初から、国の代表選手として活動を続けてきた。1995年6月にオランダ・ロスマレンの大会でツアー初優勝を果たす。

クチェラのテニス経歴のハイライトは、1998年全豪オープンのベスト4進出であった。この時クチェラは、準々決勝で当時の世界ランキング1位であったピート・サンプラスを 6-4, 6-2, 6-7, 6-3 で破ったが、続く準決勝でペトル・コルダに 1-6, 4-6, 6-1, 2-6 で敗れ、決勝進出を逃した。この年は全米オープンでもベスト8進出があり、これで世界ランキングを自己最高の6位に上げる。同年11月、男子テニスツアーの年間最終戦で、世界ランキング上位の8名しか出場資格を得られない「ATPツアー世界選手権」(現在の名称は「ATPワールドツアー・ファイナル」)の出場権も獲得した。

その後は1998年度のような好成績は出せなかったが、2003年2月にデンマークコペンハーゲンの大会でツアー6勝目を達成する。2005年デビスカップで、スロバキア・チームは初めて世界最上位の16ヶ国で構成される「ワールドグループ」の決勝戦に進出し、12月2日-4日にスロバキアの首都・ブラチスラヴァクロアチアと対戦した。クチェラは第1試合のシングルスでイワン・リュビチッチに敗れ、スロバキア・チームは地元の声援を生かせずに、クロアチアに「2勝3敗」で敗れてデ杯初優勝を逃した。この試合の後、クチェラは現役引退を表明し、13年のテニス人生に終止符を打った。

カロル・クチェラはオリンピックのスロバキア代表選手としても、1996年アトランタ五輪2000年シドニー五輪2004年アテネ五輪の3度出場を果たしている。

引退後は指導者として活動しており、スロバキアの後輩選手マルティン・クリザンのコーチを務めている。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 12回 (6勝6敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (0-0)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (1-3)
ATPインターナショナルシリーズ (5–3)
サーフェス別タイトル
ハード (3–1)
クレー (0-3)
芝 (1-1)
カーペット (2-1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1994年8月28日 クロアチアの旗 ウマグ クレー スペインの旗 アルベルト・ベラサテギ 2–6, 4–6
優勝 1. 1995年6月12日 オランダの旗 ロスマーレン スウェーデンの旗 アンダース・ヤリード 7–6(7), 7–6(4)
準優勝 2. 1997年6月16日 イギリスの旗 ノッティンガム イギリスの旗 グレグ・ルーゼドスキー 4–6, 5–7
準優勝 3. 1997年7月14日 ドイツの旗 シュトゥットガルト クレー スペインの旗 アレックス・コレチャ 2-6, 5-7
優勝 2. 1997年10月19日 チェコの旗 オストラヴァ カーペット (室内) スウェーデンの旗 マグヌス・ノーマン 6–2, 途中棄権
優勝 3. 1998年1月12日 オーストラリアの旗 シドニー ハード イギリスの旗 ティム・ヘンマン 7–5, 6–4
準優勝 4. 1998年7月20日 ドイツの旗 シュトゥットガルト クレー ブラジルの旗 グスタボ・クエルテン 6-4, 2-6, 4-6
優勝 4. 1998年8月17日 アメリカ合衆国の旗 ニューヘイブン ハード クロアチアの旗 ゴラン・イワニセビッチ 6–4, 5–7, 6–2
準優勝 5. 1998年10月12日 オーストリアの旗 ウィーン ハード (室内) アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス 3–6, 6–7, 1–6
優勝 5. 1999年10月4日 スイスの旗 バーゼル カーペット (室内) イギリスの旗 ティム・ヘンマン 6–4, 7–6(10), 4–6, 4–6, 7–6(2)
準優勝 6. 2003年1月5日 インドの旗 チェンナイ ハード タイ王国の旗 パラドーン・スリチャパン 3–6, 1–6
優勝 6. 2003年2月24日 デンマークの旗 コペンハーゲン ハード (室内) ベルギーの旗 オリビエ・ロクス 7–6(4), 6–4

ダブルス: 4回 (0勝4敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1994年8月28日 クロアチアの旗 ウマグ クレー ケニアの旗 ポール・ウェケサ ウルグアイの旗 ディエゴ・ペレス
スペインの旗 フランシスコ・ロイグ
2–6, 4–6
準優勝 2. 1996年10月20日 チェコの旗 オストラヴァ カーペット
(室内)
スロバキアの旗 ヤン・クロスラック オーストラリアの旗 サンドン・ストール
チェコの旗 シリル・スーク
6–7, 3–6
準優勝 3. 1997年7月16日 クロアチアの旗 ウマグ クレー スロバキアの旗 ドミニク・フルバティ ルーマニアの旗 ディヌ・ペスカリュー
イタリアの旗 ダビデ・サンギネッティ
6–7, 4–6
準優勝 4. 1998年8月9日 オランダの旗 アムステルダム クレー スロバキアの旗 ドミニク・フルバティ オランダの旗 ヤッコ・エルティン
オランダの旗 ポール・ハーフース
3–6, 2–6

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 通算成績
全豪オープン A LQ 1R 3R 2R SF QF 1R 1R 2R 2R 2R A 15–10
全仏オープン 1R 2R 1R 3R 1R 1R 1R 3R A 1R 1R 2R A 6–11
ウィンブルドン A 1R 2R 3R 1R 1R 4R 2R A A 3R 2R 2R 11–10
全米オープン A 1R 1R 1R 1R QF A 1R A 2R 3R 2R 2R 9–10

外部リンク[編集]