イワン・リュビチッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イワン・リュビチッチ
IvanLjubicic GerryWeberOpen2008.jpg
イワン・リュビチッチ
基本情報
ラテン文字名 Ivan Ljubičić
国籍 クロアチアの旗 クロアチア
出身地 ユーゴスラビア、バニャ・ルカ
生年月日 1979年3月19日(35歳)
身長 193cm
体重 86kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1998年
引退年 2012年
ツアー通算 10勝
シングルス 10勝
ダブルス 0勝
生涯通算成績 540勝424敗
シングルス 429勝296敗
ダブルス 111勝128敗
生涯獲得賞金 $10,169,964
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2006)
全仏 ベスト4(2006)
全英 3回戦(2006・07・11)
全米 3回戦(2005・07)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2010)
全仏 3回戦(2004・06)
全英 1回戦(2005-07)
全米 ベスト8(2003・09)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 3位(2006年5月1日)
ダブルス 70位(2005年5月16日)
獲得メダル
男子 テニス
オリンピック
2004 アテネ ダブルス

イワン・リュビチッチIvan Ljubičić, 1979年3月19日 - )は、クロアチアの男子プロテニス選手。ユーゴスラビア(現ボスニア・ヘルツェゴビナ)領のバニャ・ルカ出身。シングルス自己最高ランキングは3位。2005年度の男子テニス国別対抗戦・デビスカップで、同僚のマリオ・アンチッチとともにクロアチア・チームを初優勝に導いた。ATPツアーでシングルス10勝を挙げた。身長193cm、体重86kg、右利き。

来歴[編集]

9歳からテニスを始め、13歳だった1992年の時にボスニア・ヘルツェゴビナを離れる。ジュニア時代には、1996年ウィンブルドン男子ジュニア部門で準優勝がある。1998年にプロ転向。1999年全米オープン4大大会に初出場を果たす。2000年シドニー五輪で、オリンピックのクロアチア代表選手として初出場を果たし、男子シングルスでグスタボ・クエルテンとの3回戦まで進出した。2004年アテネ五輪で2度目の五輪代表選手になり、男子ダブルスでマリオ・アンチッチとペアを組んで銅メダルを獲得している。

2005年10月、リュビチッチはフランス・メスの大会とオーストリアウィーンの大会で2週連続優勝を遂げ、ようやくテニスキャリアに弾みをつけた。同年末の12月2日から4日デビスカップのワールド・グループ決勝戦でクロアチアとスロバキアが対戦した。会場はスロバキアの首都ブラチスラヴァで行われたが、リュビチッチとマリオ・アンチッチのコンビが活躍し、「3勝2敗」でクロアチアにデ杯初優勝をもたらした。

リュビチッチはこれまで、4大大会では好成績に恵まれなかった。第7シードに選ばれた2006年全豪オープンでは、準々決勝でキプロスの新星マルコス・バグダティスに 4-6, 2-6, 6-4, 6-3, 3-6 のフルセットで敗れてしまう。バグダティスには前年の2005年全豪オープン2回戦で初対戦した時も敗れており、同じ大会で2年連続の苦杯をなめることになった。同年の全仏オープンでは第4シードに選ばれ、自己最高成績となるベスト4進出を果たしたが、初めての準決勝で大会前年優勝者のラファエル・ナダルに 4-6, 2-6, 6-7 のストレートで完敗した。(4大大会の男子シングルスで、第1-第4シードの4名が順当に準決勝に勝ち残ったトーナメントは1995年ウィンブルドン選手権以来11年ぶりの出来事だった。)2006年度は、チェンナイ・オープンインド)とザグレブ・インドアクロアチア)で優勝があり、ウィーン大会の連覇も含めて年間3勝を挙げた。

2007年1月、リュビチッチは年頭のカタール・エクソンモービル・オープン優勝でツアー通算7勝目を挙げたが、第4シードに選ばれた全豪オープンでは1回戦で2004年アテネ五輪の男子シングルス銀メダリスト、マーディ・フィッシュアメリカ)に敗れた。

2009年全米オープン男子ダブルスで6年ぶり2度目のベスト8進出があった。パートナーはミカエル・ロドラフランス)と組み、第4シードのマヘシュ・ブパシインド)&マーク・ノールズバハマ)組に 4-6, 6-4, 6-7(4-7) で敗れた。11月のリヨン大会ではミカエル・ロドラフランス)を 7–5, 6–3 で破り2007年6月のオーディナ・オープンオランダスヘルトーヘンボス開催)以来2年半ぶりのツアー9勝目を挙げた。

2010年3月のBNPパリバ・オープンでは、準決勝でラファエル・ナダルスペイン)を 3-6, 6-4, 7-6、決勝でアンディ・ロディックアメリカ)を 7–6(3), 7–6(5) で破り初のマスターズ1000のタイトルを獲得。通算シングルス10勝目となりこの優勝が最後の優勝となった。

リュビチッチは2012年4月のモンテカルロ・マスターズ1回戦で、クロアチアの後輩のイワン・ドディグに 0–6, 3–6 で敗れた試合を最後に現役を引退した[1]

リュビチッチは2013年からカナダミロシュ・ラオニッチのコーチを務めている。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 24回 (10勝14敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (1-3)
ATPワールドツアー・500シリーズ (2-3)
ATPワールドツアー・250シリーズ (7–8)
サーフェス別タイトル
ハード (7–12)
クレー (0-0)
芝 (1-0)
カーペット (2-2)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2001年10月8日 フランスの旗 リヨン カーペット (室内) モロッコの旗 ユーネス・エル・アイナウイ 6–3, 6–2
準優勝 1. 2004年1月12日 カタールの旗 ドーハ ハード フランスの旗 ニコラ・エスクード 3–6, 6–7(4)
準優勝 2. 2005年1月10日 カタールの旗 ドーハ ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 3–6, 6–7(4)
準優勝 3. 2005年2月14日 フランスの旗 マルセイユ ハード (室内) スウェーデンの旗 ヨアキム・ヨハンソン 5–7, 4–6
準優勝 4. 2005年2月21日 オランダの旗 ロッテルダム ハード (室内) スイスの旗 ロジャー・フェデラー 7–5, 5–7, 6–7(5)
準優勝 5. 2005年2月28日 アラブ首長国連邦の旗 ドバイ ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 1–6, 7–6(6), 3–6
優勝 2. 2005年10月9日 フランスの旗 メス ハード (室内) フランスの旗 ガエル・モンフィス 7–6(7), 6–0
優勝 3. 2005年10月16日 オーストリアの旗 ウィーン ハード (室内) スペインの旗 フアン・カルロス・フェレーロ 6–2, 6–4, 7–6(5)
準優勝 6. 2005年10月24日 スペインの旗 マドリード ハード (室内) スペインの旗 ラファエル・ナダル 6–3, 6–2, 3–6, 4–6, 6–7(3)
準優勝 7. 2005年11月7日 フランスの旗 パリ カーペット (室内) チェコの旗 トマーシュ・ベルディハ 3–6, 4–6, 6–3, 6–4, 4–6
優勝 4. 2006年1月8日 インドの旗 チェンナイ ハード スペインの旗 カルロス・モヤ 7–6(6), 6–2
優勝 5. 2006年2月5日 クロアチアの旗 ザグレブ カーペット (室内) オーストリアの旗 ステファン・クベク 6–3, 6–4
準優勝 8. 2006年4月3日 アメリカ合衆国の旗 マイアミ ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 6–7(5), 6–7(4), 6–7(6)
準優勝 9. 2006年10月2日 タイの旗 バンコク ハード (室内) アメリカ合衆国の旗 ジェームズ・ブレーク 3–6, 1–6
優勝 6. 2006年10月15日 オーストリアの旗 ウィーン ハード (室内) チリの旗 フェルナンド・ゴンサレス 6–3, 6–4, 7–5
優勝 7. 2007年1月6日 カタールの旗 ドーハ ハード イギリスの旗 アンディ・マレー 6–4, 6–4
準優勝 10. 2007年2月5日 クロアチアの旗 ザグレブ カーペット (室内) キプロスの旗 マルコス・バグダティス 6–7(4), 6–4, 4–6
準優勝 11. 2007年2月26日 オランダの旗 ロッテルダム ハード (室内) ロシアの旗 ミハイル・ユージニー 2–6, 4–6
優勝 8. 2007年6月17日 オランダの旗 スヘルトーヘンボス オランダの旗 ペテル・ベッセル 7–6(5), 4–6, 7–6(4)
準優勝 12. 2008年3月1日 クロアチアの旗 ザグレブ ハード (室内) ウクライナの旗 セルジー・スタホフスキー 5–7, 4–6
優勝 9. 2009年11月1日 フランスの旗 リヨン ハード (室内) フランスの旗 ミカエル・ロドラ 7–5, 6–3
優勝 10. 2010年3月21日 アメリカ合衆国の旗 インディアンウェルズ ハード アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック 7–6(3), 7–6(5)
準優勝 13. 2010年10月31日 フランスの旗 モンペリエ ハード (室内) フランスの旗 ガエル・モンフィス 2–6, 7–5, 1–6
準優勝 14. 2011年9月25日 フランスの旗 メス ハード (室内) フランスの旗 ジョー=ウィルフリード・ツォンガ 3–6, 7–6(4), 3–6

ダブルス: 4回 (0勝4敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2000年7月23日 クロアチアの旗 ウマグ クレー クロアチアの旗 ロブロ・ゾフコ スペインの旗 アレックス・ロペス・モロン
スペインの旗 アルベルト・ポルタス
1-6, 6-7(2)
準優勝 2. 2000年11月12日 フランスの旗 リヨン カーペット (室内) アメリカ合衆国の旗 ジャック・ウェイト オランダの旗 ポール・ハーフース
オーストラリアの旗 サンドン・ストール
1-6, 7-6, 6-7
準優勝 3. 2001年7月22日 クロアチアの旗 ウマグ クレー クロアチアの旗 ロブロ・ゾフコ アルゼンチンの旗 セルヒオ・ロイトマン
アルゼンチンの旗 アンドレス・シュネイテル
2-6, 5-7
準優勝 4. 2004年10月17日 フランスの旗 メス ハード
(室内)
イタリアの旗 ウロス・ヴィコ フランスの旗 アルノー・クレマン
フランスの旗 ニコラ・マユ
2-6, 6-7(10)

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 通算成績
全豪オープン LQ LQ A 1R 1R 3R 1R 2R 2R QF 1R 1R 2R 3R 3R 1R 13–13
全仏オープン A A LQ 1R 1R 1R 3R 2R 1R SF 3R 4R 1R 3R 4R A 18–12
ウィンブルドン A A A 1R 1R 2R 2R 1R 1R 3R 3R 1R A 1R 3R A 8–11
全米オープン LQ A 2R 1R 2R 2R 2R 1R 3R 1R 3R A 1R 1R 2R A 9–12

脚注[編集]

外部リンク[編集]