マリオ・アンチッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリオ・アンチッチ
Ancic Toronto Masters 2008.jpg
マリオ・アンチッチ
基本情報
ラテン文字名 Mario Ančić
愛称 スーパーマリオ
国籍 クロアチアの旗 クロアチア
出身地 同・スプリト
生年月日 1984年3月30日(30歳)
身長 195cm
体重 81kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2001年
引退年 2011年
ツアー通算 8勝
シングルス 3勝
ダブルス 5勝
生涯通算成績 276勝177敗
シングルス 208勝135敗
ダブルス 68勝42敗
生涯獲得賞金 $4,024,686
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2003・07)
全仏 ベスト8(2006)
全英 ベスト4(2004)
全米 2回戦(2005)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2004)
全仏 3回戦(2004)
全英 1回戦(2003)
全米 ベスト8(2003)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 7位(2006年7月10日)
ダブルス 47位(2004年6月14日)
獲得メダル
男子 テニス
オリンピック
2004 アテネ ダブルス

マリオ・アンチッチMario Ančić, 1984年3月30日 - )は、クロアチアスプリト出身の男子プロテニス選手。クロアチアの先輩選手ゴラン・イワニセビッチと同じスプリット出身で、顔立ちも試合中の挙動もよく似ていることから、「イワニセビッチ2世」と呼ばれることが多い。人気テレビゲームの『スーパーマリオブラザーズ』にちなんだ“スーパーマリオ”というニックネームもある。

シングルス自己最高ランキングは7位(2006年7月)。2005年度の男子テニス国別対抗戦・デビスカップで、同僚のイワン・リュビチッチとともにクロアチア・チームを初優勝に導いた。ATPツアーでシングルス3勝、ダブルス5勝を挙げた。身長195cm、体重81kgの長身選手。妹のサンヤ・アンチッチもプロテニス選手になった。

来歴[編集]

7歳からテニスを始め、10歳の時からゴラン・イワニセビッチと一緒に練習するようになった。ジュニア時代には、2000年ウィンブルドン男子ジュニア部門で準優勝がある。2001年に17歳でプロ入り。2002年ウィンブルドン1回戦で、アンチッチは第7シードのロジャー・フェデラースイス)を 6-3, 7-6(2), 6-3 のストレートで圧倒した。続く2回戦で敗れたが、この勝利で「イワニセビッチ2世」は一躍有名になり、現地イギリスの新聞から「スーパーマリオ」のニックネームもつけられた。2003年全豪オープンフアン・カルロス・フェレーロスペイン)との4回戦まで進み、全仏オープンの2回戦では第1シードのアンドレ・アガシアメリカ)に 7-5, 6-1, 4-6, 2-6, 5-7 のスコアで逆転負けを喫した。2004年ウィンブルドンでさらなる成長ぶりを発揮し、アンディ・ロディックアメリカ)との準決勝まで進出したが、4-6, 6-4, 5-7, 5-7 で敗れている。同年のアテネ五輪にもクロアチア代表として出場し、イワン・リュビチッチとペアを組んで男子ダブルスの銅メダルを獲得した。この年はATPツアーで4度の準優勝があり、あと1歩でツアー初優勝を逃していた。

2005年6月、マリオ・アンチッチはウィンブルドン前哨戦の1つであるオランダスヘルトーヘンボス大会決勝でミカエル・ロドラフランス)と対戦、7-5,6-4 のストレートで下しついにツアー初優勝を飾った。同年10月に日本の「ジャパン・オープン」にも出場、ここでも決勝に進出したが、対戦相手のウェスリー・ムーディ南アフリカ)に 6-1, 6-7, 4-6 の逆転で敗れ、年間2勝目はならなかった。2005年12月2日から4日デビスカップのワールド・グループ決勝戦でクロアチアとスロバキアが対戦した。会場はスロバキアの首都ブラチスラヴァで行われたが、アンチッチとイワン・リュビチッチのコンビが活躍し、「3勝2敗」でクロアチアにデ杯初優勝をもたらした。

2006年全仏オープンで初めて準々決勝に進出したが、ロジャー・フェデラーに 4-6, 3-6, 4-6 のストレートで敗れた。オランダ・スヘルトーヘンボス大会で大会2連覇を達成した後、ウィンブルドン準々決勝でもフェデラーに連敗する。ウィンブルドン終了後、アンチッチは初めての世界ランキングトップ10入りを果たし、自己最高の7位に食い込んだ。しかし、2007年初頭から伝染性単核症に悩まされ、2月から半年間の戦線離脱を経験した。

アンチッチはウィンブルドン1回戦でフェデラーを破った2002年、地元にあるスプリト大学の法学部に入学し、2008年4月に大学を卒業した[1]

大学卒業から2か月後、彼はスヘルトーヘンボス大会のダブルスでユルゲン・メルツァーオーストリア)と組んで優勝し、ダブルス通算5勝目を挙げた。ウィンブルドン選手権でも2年ぶりの準々決勝に勝ち進み、ここでもフェデラーに敗れた。

2009年には単核症の再発を受け、同年5月のオーストリアキッツビュール大会に出場したのを最後に療養の為またもツアー離脱を余儀なくされた[2][3]

2011年2月21日、アンチッチは現役引退を発表した。引退後は弁護士を目指している[4]

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 11回 (3勝8敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (0-0)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (0-1)
ATPインターナショナルシリーズ (3–7)
サーフェス別タイトル
ハード (0–7)
クレー (0-0)
芝 (2-0)
カーペット (1-1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2004年2月15日 イタリアの旗 ミラノ カーペット (室内) フランスの旗 アンソニー・デュピュイ 4–6, 7–6(12), 6–7(5)
準優勝 2. 2005年2月27日 アメリカ合衆国の旗 スコッツデール ハード オーストラリアの旗 ウェイン・アーサーズ 5–7, 3–6
優勝 1. 2005年6月13日 オランダの旗 スヘルトーヘンボス フランスの旗 ミカエル・ロドラ 7–5, 6–4
準優勝 3. 2005年10月9日 日本の旗 東京 ハード 南アフリカ共和国の旗 ウェスリー・ムーディ 6–1, 6–7(7), 4–6
準優勝 4. 2006年1月15日 ニュージーランドの旗 オークランド ハード フィンランドの旗 ヤルコ・ニエミネン 2–6, 2–6
準優勝 5. 2006年2月19日 フランスの旗 マルセイユ ハード (室内) フランスの旗 アルノー・クレマン 4–6, 2–6
優勝 2. 2006年6月19日 オランダの旗 スヘルトーヘンボス チェコの旗 ヤン・ヘルニチ 6–0, 5–7, 7–5
準優勝 6. 2006年9月17日 中華人民共和国の旗 北京 ハード キプロスの旗 マルコス・バグダティス 4–6, 0–6
優勝 3. 2006年10月23日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク カーペット (室内) スウェーデンの旗 トーマス・ヨハンソン 7–5, 7–6(2)
準優勝 7. 2008年2月13日 フランスの旗 マルセイユ ハード (室内) イギリスの旗 アンディ・マレー 3–6, 4–6
準優勝 8. 2009年2月8日 クロアチアの旗 ザグレブ ハード (室内) クロアチアの旗 マリン・チリッチ 3–6, 4–6

ダブルス: 5回 (5勝0敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2003年7月23日 アメリカ合衆国の旗 インディアナポリス ハード イスラエルの旗 アンディ・ラム アメリカ合衆国の旗 ディエゴ・アヤラ
アメリカ合衆国の旗 ロビー・ジネプリ
2–6, 7–6(3), 7–5
優勝 2. 2005年4月25日 ドイツの旗 ミュンヘン クレー オーストリアの旗 ユリアン・ノール ドイツの旗 フロリアン・マイヤー
ドイツの旗 アレクサンダー・ワスケ
6–3, 1–6, 6–3
優勝 3. 2006年9月11日 中華人民共和国の旗 北京 ハード インドの旗 マヘシュ・ブパシ ドイツの旗 ミヒャエル・ベラー
デンマークの旗 ケネス・カールセン
6–4, 6–3
優勝 4. 2006年9月26日 インドの旗 ムンバイ ハード インドの旗 マヘシュ・ブパシ インドの旗 ロハン・ボパンナ
インドの旗 Mustafa Ghouse
6–4, 6–7(6), [10-8]
優勝 5. 2008年6月15日 オランダの旗 スヘルトーヘンボス オーストリアの旗 ユルゲン・メルツァー インドの旗 マヘシュ・ブパシ
インドの旗 リーンダー・パエス
7–6(5), 6–3

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 通算成績
全豪オープン A 4R 3R 3R 3R 4R A 3R 14–6
全仏オープン LQ 2R 3R 3R QF A 3R A 11–5
ウィンブルドン 2R 1R SF 4R QF A QF A 17–6
全米オープン 1R 1R 1R 2R A A A A 1–4

脚注[編集]

  1. ^ ProAthletesOnly.com (2008年4月17日). “ATP’s Ancic Earns Law Degree From University Of Split In Croatia”. 2009年7月2日閲覧。
  2. ^ tennis365.net (2009年6月6日). “アンチッチがデビス杯米国戦に不出場 体調が再び悪化”. 2009年7月2日閲覧。
  3. ^ daviscup.com (2009年6月5日). “Ancic to miss Davis Cup”. 2009年7月2日閲覧。
  4. ^ Reuters (2011年2月22日). “テニス=アンチッチが26歳で現役引退、弁護士目指す”. 2011年2月22日閲覧。

外部リンク[編集]