フアン・カルロス・フェレーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フアン・カルロス・フェレーロ Tennis pictogram.svg
Juan Carlos Ferrero at the 2009 Brisbane International.jpg
フアン・カルロス・フェレーロ
基本情報
ラテン文字名 Juan Carlos Ferrero
フルネーム Juan Carlos Ferrero Donat
愛称 Mosquito (モスキート)
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 同・オンテニエンテ
生年月日 1980年2月12日(34歳)
身長 183cm
体重 73kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1998年
引退年 2012年
ツアー通算 16勝
シングルス 16勝
ダブルス 0勝
生涯通算成績 485勝286敗
シングルス 479勝262敗
ダブルス 6勝24敗
生涯獲得賞金 $13,992,895
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(2004)
全仏 優勝(2003)
全英 ベスト8(2007・09)
全米 準優勝(2003)
優勝回数 1(仏1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2004・05)
全仏 出場なし
全英 1回戦(2002・03)
全米 1回戦(2006)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 1位(2003年9月8日)
ダブルス 198位(2003年2月3日)

フアン・カルロス・フェレーロJuan Carlos Ferrero, 1980年2月12日 - )は、スペイン・オンテニエンテ出身の男子プロテニス選手。2003年全仏オープン男子シングルス優勝者である。身長183cm、体重73kgの細い体型から“Mosquito”(モスキート、「」の意味)と呼ばれている。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。自己最高ランキングはシングルス1位、ダブルス198位。ATPツアーでシングルス16勝を挙げた。

来歴[編集]

ジュニア時代、1998年の全仏オープン男子ジュニアシングルス部門でフェルナンド・ゴンサレスチリ)に敗れた準優勝がある。同年にプロ入り。翌1999年3月のハサン2世グランプリモロッコカサブランカ開催)が彼のATPツアーデビュー戦で、予選勝ち上がりからベスト4に進出した。1999年全米オープン4大大会に初出場し、1回戦で第8シードのグレグ・ルーゼドスキーイギリス)に敗れたが、翌週に開かれた地元スペインマヨルカ大会決勝でアレックス・コレチャを下し、ツアー初優勝を果たす。これらの好成績から、彼はシングルスランキングを年初の「348位」から年度末には「45位」にまで急上昇させ、1999年度のATPアワード「最優秀新人賞」を受賞した。

2000年全仏オープンで、フェレーロは初出場からいきなり準決勝まで進出し、クレーコートの王者グスタボ・クエルテンブラジル)に 5-7, 6-4, 6-2, 4-6, 3-6 で惜敗した。同年9月に開かれたシドニー五輪にもスペイン代表選手として出場し、第8シードとしてアルノー・ディ・パスカルフランス)との準々決勝まで進出した。その後は特にクレーコートで圧倒的な強さを見せ続け、2001年ローマ・マスターズでは、決勝でクエルテンに3-6, 6-1, 2-6, 6-4, 6-2で勝利し、優勝している。しかし、同年の全仏オープンでは2年連続の準決勝でクエルテンに連敗する。2002年全仏オープンでは、ギリェルモ・コリアアルゼンチン)、ガストン・ガウディオアルゼンチン)、アンドレ・アガシアメリカ)、マラト・サフィンロシア)といった強敵を次々と撃破し、初の決勝進出を果たすが、同じスペインの先輩選手アルベルト・コスタに 1-6, 0-6, 6-4, 3-6 で敗れて準優勝に終わった。

2003年全仏オープンで、フェレーロは2年連続2度目の決勝進出で悲願の初優勝を達成した。この時は準々決勝でジュニア時代からのライバルだったフェルナンド・ゴンサレスチリ)を6-1, 3-6, 6-1, 5-7, 6-4とフルセットの末に破り、その後準決勝でアルベルト・コスタを6-3, 7-6, 6-4で破り、1年前のリベンジを果たし、決勝でオランダのビッグ・サーバー、マルティン・フェルカークを 6-1, 6-3, 6-2 で圧倒している。この後全米オープンでもレイトン・ヒューイットオーストラリア)、アンドレ・アガシら過去の全米優勝者を撃破して決勝に進出したが、地元アメリカの新星アンディ・ロディックに 3-6, 6-7, 3-6 で敗れて準優勝に終わった。全米オープン終了後、フェレーロは初めて世界ランキング1位になった。

その後は故障の影響もあり、彼は長期間の成績不振に苦しんだ。2004年から2008年までの5年間は、ATPツアーで6度の準優勝に止まっていた。その間、2007年ウィンブルドンで初のベスト8進出があり、この準々決勝ではロジャー・フェデラースイス)に 6-7, 6-3, 1-6, 3-6 で敗れた。2003年10月のマドリード・マスターズ以降、110大会もの間ツアー優勝から遠ざかっていたが、2009年4月のハサン2世グランプリ決勝でフローラン・セラフランス)を 6-4, 7-5 で破り、6年ぶりのツアー優勝を飾った。それからウィンブルドンでランキングが足りず、ワイルドカードでの出場であったにもかかわらず、3回戦で第10シードのフェルナンド・ゴンサレスを 4-6, 7-5, 6-4, 4-6, 6-4の死闘の末に、4回戦では第7シードジル・シモンフランス)を破り、2人のトップ10プレーヤーを破った上で、2年ぶり2度目の準々決勝に進んだが、第3シードのアンディ・マリーイギリス)に 5-7, 3-6, 2-6 のストレートで完敗した。

フェレーロは2012年10月のバレンシア・オープン500を最後に32歳で現役を引退した[1]


キャリア通算成績[編集]

グランドスラム[編集]

シングルス[編集]

結果 大会 サーフェス 対戦相手 試合結果
準優勝 2002 全仏オープン クレー スペインの旗 アルベルト・コスタ 1–6, 0–6, 6–4, 3–6[2]
優勝 2003 全仏オープン クレー オランダの旗 マルティン・フェルケルク 6–1, 6–3, 6–2[3]
準優勝 2003 全米オープン ハード アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック 3–6, 6–7(2–7), 3–6[4]

ATPツアー年間最終戦[編集]

シングルス[編集]

結果 大会 サーフェス 対戦相手 試合結果
準優勝 2002 上海 インドアハード オーストラリアの旗 レイトン・ヒューイット 5–7, 5–7, 6–2, 6–2, 4–6[5]

脚注[編集]

  1. ^ “元王者フェレーロが14年間の現役生活にピリオド◇バレンシア・オープン”. tennis365.net. (2012年10月24日). http://news.tennis365.net/news/today/201210/94896.html 
  2. ^ Roland Garros 2002 Men’s Singles Championship” (英語). ATP. 2012年12月25日閲覧。
  3. ^ INTERNATIONAUX DE FRANCE 2003 - Simple Messieurs” (英語). ATP. 2012年12月25日閲覧。
  4. ^ 2003 US Open Men’s Singles Championship” (英語). ATP. 2012年12月25日閲覧。
  5. ^ Daily Results” (英語). ATP. 2012年12月25日閲覧。

外部リンク[編集]