ジル・シモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジル・シモン Tennis pictogram.svg
Gilles Simon - Queen's Club 2011(1).jpg
ジル・シモン
基本情報
ラテン文字名 Gilles Simon
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・ニース
生年月日 1984年12月27日(29歳)
身長 182cm
体重 70kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2002年
ツアー通算 11勝
シングルス 11勝
ダブルス 0勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2009)
全仏 4回戦(2011・13)
全英 4回戦(2009)
全米 4回戦(2011)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2008)
全仏 2回戦(2005)
全英 1回戦(2006・07)
全米 3回戦(2007)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 6位(2009年1月5日)
ダブルス 117位(2008年1月28日)
2013年11月8日現在

ジル・シモンGilles Simon, 1984年12月27日 - )は、フランスニース出身の男子プロテニス選手。自己最高ランキングはシングルス6位、ダブルス117位。これまでにATPツアーでシングルス11勝を挙げている。身長182cm、体重70kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

来歴[編集]

シモンは保険会社で働く父と、医者の母の間に2人兄弟の長男として生まれた。6歳からテニスを始め、2002年にプロ入り。下部大会での暫くの下積みの後、2005年頃から本格的にツアーレベルの大会に出場するようになる。

シモンの飛躍の年となったのが2006年であった。年初にニューカレドニアチャレンジャー大会で優勝し、トップ100入りを果たすと2006年全豪オープンでは予選を勝ち上がり本戦出場。ヨアキム・ヨハンソンスウェーデン)との3回戦まで進出した。この年は他にもスペインバルセロナ大会で準優勝、モロッコカサブランカ大会でベスト4に入るなど好成績を残し、年初の「124位」からシーズン終了時には「44位」にまでランクを急上昇させた。

2007年2月にフランスマルセイユ大会決勝でマルコス・バグダティスキプロス)を 6–4, 7–6 のストレートで下しツアー初優勝。9月のルーマニアブカレスト大会でも決勝でビクトル・ハネスクルーマニア)を 4-6, 6-3, 6-2 のフルセットで下し、早くも2勝目を挙げた。

2008年はシモンにとって更なる飛躍の年となり、5月のモロッコカサブランカ大会、7月のアメリカインディアナポリス大会で優勝。7月のロジャーズ・カップ2回戦では当時世界ランク1位の王者ロジャー・フェデラースイス)を 2-6, 7-5, 6-4 のフルセットで下す番狂わせを演じ、ニコラス・キーファードイツ)との準決勝まで進出する。勢いに乗って、2008年11月3日付の世界ランキングで9位に入り、初の世界トップ10入りを果たす。年末の男子ツアー最終戦「テニス・マスターズ・カップ」にも初出場を果たすと、予選ラウンドの「赤組:Red Group」で再びフェデラーを破り、前世界王者の決勝ラウンド進出を阻止する勝利を挙げて、決勝ラウンドに勝ち進む。決勝ラウンド1回戦(準決勝)ではノバク・ジョコビッチに 6-4, 3-6, 5-7 で敗れ、決勝進出はならなかった。(2008年度のテニス・マスターズ・カップの競技方式:出場選手8名は、予選ラウンドで「赤組」(Red Group)と「金組」(Gold Group)の2つに分かれ、各グループの4人ずつで総当たり戦を行う。グループの上位2名が決勝ラウンドに進み、準決勝→決勝を戦う。)

2009年全豪オープンで、シモンは初めて第6シードに選ばれた。ベスト8まで順当に勝ち進み、第1シードのラファエル・ナダルに 2-6, 5-7, 5-7 のストレートで敗れた。

2010年は地元のメス大会でミーシャ・ズベレフを 6–3, 6–2 で破りシングルス7勝目を挙げた。12月のセルビアとのデビスカップ決勝では、シングルスでセルビアのエースノバク・ジョコビッチと対戦したが 3-6, 1-6, 5-7 で敗れた。フランスも2勝3敗で優勝を逃した。

2011年は1月のシドニー国際でシングルス8勝目を挙げた。全豪オープンでは2回戦で第2シードロジャー・フェデラーと対戦。 2-6, 3-6, 6-4, 6-4, 3-6 のフルセットで敗れている。全仏オープン全米オープンでは4回戦に進出している。

2012年3月のブカレスト大会でファビオ・フォニーニを 6–4, 6–3 で破りツアー10勝目を挙げた。

シモンはオリンピックフランス代表として、2008年北京五輪2012年ロンドン五輪の2大会に出場している。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 16回 (11勝5敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-2)
ATPワールドツアー・500シリーズ (1-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (10-3)
サーフェス別タイトル
ハード (6-3)
クレー (5-1)
芝 (0-1)
カーペット (0-0)
サーフェス別タイトル
屋外 (7-3)
室内 (4-2)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2006年4月16日 スペインの旗 バレンシア クレー スペインの旗 ニコラス・アルマグロ 2–6, 3–6
優勝 1. 2007年2月18日 フランスの旗 マルセイユ ハード (室内) キプロスの旗 マルコス・バグダティス 6–4, 7–6(3)
優勝 2. 2007年9月16日 ルーマニアの旗 ブカレスト クレー ルーマニアの旗 ビクトル・ハネスク 4–6, 6–3, 6–2
優勝 3. 2008年5月24日 モロッコの旗 カサブランカ クレー フランスの旗 ジュリアン・ベネトー 7–5, 6–2
優勝 4. 2008年7月20日 アメリカ合衆国の旗 インディアナポリス ハード ロシアの旗 ドミトリー・トゥルスノフ 6–4, 6–4
優勝 5. 2008年9月14日 ルーマニアの旗 ブカレスト クレー スペインの旗 カルロス・モヤ 6–3, 6–4
準優勝 2. 2008年10月19日 スペインの旗 マドリード ハード (室内) イギリスの旗 アンディ・マリー 4–6, 6–7(6)
優勝 6. 2009年9月28日 タイ王国の旗 バンコク ハード (室内) セルビアの旗 ビクトル・トロイツキ 7–5, 6–3
優勝 7. 2010年9月26日 フランスの旗 メス ハード (室内) ドイツの旗 ミーシャ・ズベレフ 6–3, 6–2
優勝 8. 2011年1月15日 オーストラリアの旗 シドニー ハード セルビアの旗 ビクトル・トロイツキ 7–5, 7–6(4)
優勝 9. 2011年7月25日 ドイツの旗 ハンブルク クレー スペインの旗 ニコラス・アルマグロ 6–4, 4–6, 6–4
優勝 10. 2012年4月29日 ルーマニアの旗 ブカレスト クレー イタリアの旗 ファビオ・フォニーニ 6–4, 6–3
準優勝 3. 2012年9月30日 タイ王国の旗 バンコク ハード (室内) フランスの旗 リシャール・ガスケ 2–6, 1–6
準優勝 4. 2013年6月22日 イギリスの旗 イーストボーン スペインの旗 フェリシアーノ・ロペス 6–7(2), 7–6(5), 0–6
優勝 11. 2013年9月22日 フランスの旗 メス ハード (室内) フランスの旗 ジョー=ウィルフリード・ツォンガ 6-4, 6-3
準優勝 5. 2014年10月12日 中華人民共和国の旗 上海 ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 6–7(6), 6–7(2)

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 通算成績
全豪オープン A LQ 3R 1R 3R QF A 2R 2R 4R 3R 15–8
全仏オープン LQ 1R 1R 2R 1R 3R A 4R 3R 4R 3R 13–9
ウィンブルドン A LQ 1R 2R 3R 4R 3R 3R 2R 1R 3R 12–9
全米オープン LQ LQ 2R 2R 3R 3R 3R 4R 3R A 4R 16–8

: 2010年ウィンブルドン2回戦の不戦勝は通算成績に含まない

外部リンク[編集]