カルロス・モヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロス・モヤ
Carlos moya cincyATP07 QF 1.jpg
カルロス・モヤ
基本情報
ラテン文字名 Carlos Moya
フルネーム Carlos Moyá Llompart
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 同・マヨルカ
生年月日 1976年8月27日(37歳)
身長 190cm
体重 86kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1995年
引退年 2010年
ツアー通算 20勝
シングルス 20勝
ダブルス 0勝
生涯通算成績 599勝369敗
シングルス 575勝319敗
ダブルス 24勝50敗
生涯獲得賞金 $13,443,970
4大大会最高成績・シングルス
全豪 準優勝(1997)
全仏 優勝(1998)
全英 4回戦(2004)
全米 ベスト4(1998)
優勝回数 1(仏1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2001)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 1位(1999年3月15日)
ダブルス 108位(2001年10月29日)

カルロス・モヤ・ジョンパールCarlos Moyá Llompart, 1976年8月27日 - )は、スペインマヨルカ出身のプロテニス選手。1998年全仏オープン男子シングルス優勝者である。ATPツアーで1998年全仏オープンを含むシングルス20勝を挙げた(ダブルス優勝はない)。身長190cm、体重86kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。非常に強力なストロークを武器にした。

来歴[編集]

1995年にプロ転向。1997年全豪オープン1回戦で大会前年優勝者のボリス・ベッカーを破る大波乱を演じ、勢いに乗って決勝まで勝ち進んだが、ピート・サンプラスアメリカ)に完敗して準優勝になる。当時20歳だったモヤは“ロック歌手を思わせる長髪”とダイナミックなプレーで一躍大会の人気者になり、“ヨーロッパのアガシ”とまで呼ばれたという。1998年全仏オープン決勝で、アレックス・コレチャとの「スペイン対決」を制して4大大会初優勝を達成。この年は全米オープンでもベスト4進出を果たしたが、準決勝でマーク・フィリプーシスオーストラリア)に敗れる。大会前年優勝者として臨んだ1999年全仏オープンでは、4回戦で第13シードのアンドレ・アガシアメリカ)に敗れた。(アガシはこの大会の優勝により、宿願の4大大会完全制覇を達成した。)その後モヤの4大大会での活躍は少ないが、2004年度にはATPツアーのシングルスで3勝を挙げ、世界トップ10選手の座を維持した。またこの年はスペイン代表選手の一人としてアテネオリンピック (2004年)に単複両部門で出場。後輩選手のラファエル・ナダルと組んで出場したダブルスは1回戦でアンドレ・サ&フラビオ・サレッタブラジル)組に敗れたが、第3シードで出場したシングルスでは同大会優勝者となるニコラス・マスーチリ)との準々決勝まで進出した。 デビスカップ決勝でも、アメリカ代表のマーディ・フィッシュアンディ・ロディックを破りスペインの優勝に貢献した。

モヤは2010年に足の故障を理由に現役を引退した[1]

私生活では2010年に女優のカロリナ・セレスエラ英語版との間に女児が誕生。2011年7月に結婚している。

評価[編集]

もともとは強力なストローク力を生かしたカウンター型のスタイルだったが、次第にその限界から一時世界ランキングを落としていた。また若いうちに急激に注目を浴びたことで、メンタル・コントロールを失った時期もある。しかし、そこから自分で展開を作ってゆくテニス・スタイルを再構築し、2003年には当時の世界ナンバー1だったレイトン・ヒューイットの“天敵”のような存在となるなど、再び実力を発揮し始める。2003年2004年には2年連続で全仏オープンのベスト8に残った。セルジ・ブルゲラの後を受けて、先輩はアレックス・コレチャ、後輩はフアン・カルロス・フェレーロの間に挟まれ、モヤの日本での知名度はいまひとつ低い。しかしラファエル・ナダルの出現までは、おそらくモヤがスペインで実力ナンバー1だったといっても過言ではない。また世界をまたに駆けるテニス選手には欠かせない英語が堪能で、マスコミにも受けがいいことから、世界的にはフェレーロよりもモヤのほうが人気が高い。

スペインには赤土のクレーコートが最も多いため、当地のプロテニス選手は全仏オープンでは抜群の強さを発揮するが、対照的な芝生コートの大会であるウィンブルドンを苦手にする選手が多い。モヤもハードコートの大会では実績があるが(1997年全豪オープン準優勝、1998年全米オープンベスト4)、ウィンブルドンはあまり得意ではなく、最高成績は2004年の4回戦進出である。モヤ以前のスペイン・テニスといえば、全仏オープンに2度優勝したセルジ・ブルゲラが有名であった。回転量の多いトップスピンでひたすらボールをつなげ続ける、守備的で(悪く言えば泥臭い)スタイルが主流だった。そこに革新的なスタイルを見せたのがモヤである。ヘビー・トップスピンはそのままに、より激しくボールを叩くことで、攻撃性を増したテニスをモヤは実現して見せた。彼の初めての決勝進出が全豪オープンだったことでもわかるとおり、クレーコートだけでなく「ハードコートでも通用するスペイン・テニス」に進化させたモヤの功績は大きい。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 40回 (20勝24敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (1-1)
テニス・マスターズ・カップ (0-1)
ATPマスターズシリーズ (3-3)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (3-4)
ATPインターナショナルシリーズ (13–15)
サーフェス別タイトル
ハード (4-12)
クレー (16-12)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 1995年11月13日 アルゼンチンの旗 ブエノスアイレス クレー スペインの旗 フェリックス・マンティーリャ 6–0, 6–3
準優勝 1. 1996年5月6日 ドイツの旗 ミュンヘン クレー チェコの旗 スラバ・ドセデル 4–6, 6–4, 3–6
優勝 2. 1996年8月19日 クロアチアの旗 ウマグ クレー スペインの旗 フェリックス・マンティーリャ 6–0, 7–6(7–4)
準優勝 2. 1996年9月16日 ルーマニアの旗 ブカレスト クレー スペインの旗 アルベルト・ベラサテギ 1–6, 6–7(5–7)
準優勝 3. 1997年1月13日 オーストラリアの旗 シドニー ハード イギリスの旗 ティム・ヘンマン 3–6, 1–6
準優勝 4. 1997年1月27日 オーストラリアの旗 全豪オープン ハード アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス 2–6, 3–6, 3–6
準優勝 5. 1997年8月4日 オランダの旗 アメルスフォールト クレー チェコの旗 スラバ・ドセデル 6–7(4–7), 6–7(5–7), 7–6(7–4), 2–6
準優勝 6. 1997年8月18日 アメリカ合衆国の旗 インディアナポリス ハード スウェーデンの旗 ヨナス・ビョルクマン 3–6, 6–7(3–7)
優勝 3. 1997年8月25日 アメリカ合衆国の旗 ロングアイランド ハード オーストラリアの旗 パトリック・ラフター 6–4, 7–6(7–1)
準優勝 7. 1997年9月15日 イギリスの旗 ボーンマス クレー スペインの旗 フェリックス・マンティーリャ 2–6, 2–6
優勝 4. 1998年5月27日 モナコの旗 モンテカルロ クレー フランスの旗 セドリック・ピオリーン 6–3, 6–0, 7–5
優勝 5. 1998年6月8日 フランスの旗 全仏オープン クレー スペインの旗 アレックス・コレチャ 6–3, 7–5, 6–3
準優勝 8. 1998年10月5日 スペインの旗 マヨルカ クレー ブラジルの旗 グスタボ・クエルテン 7–6(7–5), 2–6, 3–6
準優勝 9. 1998年11月30日 ドイツの旗 ハノーファー ハード スペインの旗 アレックス・コレチャ 6–3, 6–3, 5–7, 3–6, 5–7
準優勝 10. 1999年3月8日 アメリカ合衆国の旗 インディアンウェルズ ハード オーストラリアの旗 マーク・フィリプーシス 7–5, 4–6, 4–6, 6–4, 2–6
優勝 6. 2000年4月17日 ポルトガルの旗 エストリル クレー スペインの旗 フランシスコ・クラベ 6–3, 6–2
準優勝 11. 2000年10月23日 フランスの旗 トゥールーズ ハード (室内) スペインの旗 アレックス・コレチャ 3–6, 2–6
準優勝 12. 2001年4月30日 スペインの旗 バルセロナ クレー スペインの旗 フアン・カルロス・フェレーロ 6–4, 5–7, 6–3, 3–6, 5–7
優勝 7. 2001年7月23日 クロアチアの旗 ウマグ クレー フランスの旗 ジェローム・ゴルマール 6–4, 3–6, 7–6(7–2)
優勝 8. 2002年3月4日 メキシコの旗 アカプルコ クレー ブラジルの旗 フェルナンド・メリジェニ 7–6(7–4), 7–6(7–4)
準優勝 13. 2002年4月22日 モナコの旗 モンテカルロ クレー スペインの旗 フアン・カルロス・フェレーロ 5–7, 3–6, 4–6
優勝 9. 2002年7月15日 スウェーデンの旗 ボースタード クレー モロッコの旗 ユーネス・エル・アイナウイ 6–3, 2–6, 7–5
優勝 10. 2002年7月22日 クロアチアの旗 ウマグ クレー スペインの旗 ダビド・フェレール 6–2, 6–3
優勝 11. 2002年8月12日 アメリカ合衆国の旗 シンシナティ ハード オーストラリアの旗 レイトン・ヒューイット 7–5, 7–6(7–5)
準優勝 14. 2002年9月30日 香港の旗 香港 ハード スペインの旗 フアン・カルロス・フェレーロ 3–6, 6–1, 6–7(4–7)
優勝 12. 2003年2月17日 アルゼンチンの旗 ブエノスアイレス クレー アルゼンチンの旗 ギリェルモ・コリア 6–3, 4–6, 6–4
準優勝 15. 2003年3月31日 アメリカ合衆国の旗 マイアミ ハード アメリカ合衆国の旗 アンドレ・アガシ 3–6, 3–6
優勝 13. 2003年4月21日 スペインの旗 バルセロナ クレー ロシアの旗 マラト・サフィン 5–7, 6–2, 6–2, 3–0 途中棄権
優勝 14. 2003年7月21日 クロアチアの旗 ウマグ クレー イタリアの旗 フィリッポ・ボランドリ 6–4, 3–6, 7–5
準優勝 16. 2003年10月13日 オーストリアの旗 ウィーン ハード (室内) スイスの旗 ロジャー・フェデラー 3–6, 3–6, 3–6
優勝 15. 2004年1月5日 インドの旗 チェンナイ ハード タイの旗 パラドーン・スリチャパン 6–4, 3–6, 7–6(7–5)
準優勝 17. 2004年1月19日 オーストラリアの旗 シドニー ハード オーストラリアの旗 レイトン・ヒューイット 3–4 途中棄権
優勝 16. 2004年5月1日 メキシコの旗 アカプルコ クレー スペインの旗 フェルナンド・ベルダスコ 6–3, 6–0
優勝 17. 2004年5月3日 イタリアの旗 ローマ クレー アルゼンチンの旗 ダビド・ナルバンディアン 6–3, 6–3, 6–1
準優勝 18. 2004年2月16日 アルゼンチンの旗 ブエノスアイレス クレー アルゼンチンの旗 ギリェルモ・コリア 4–6, 1–6
優勝 18. 2005年1月3日 インドの旗 チェンナイ ハード タイの旗 パラドーン・スリチャパン 3–6, 6–4, 7–6(7–5)
準優勝 19. 2005年8月1日 クロアチアの旗 ウマグ クレー アルゼンチンの旗 ギリェルモ・コリア 2–6, 6–4, 2–6
準優勝 20. 2006年1月9日 インドの旗 チェンナイ ハード クロアチアの旗 イワン・リュビチッチ 6–7(6–8), 2–6
優勝 19. 2006年2月13日 アルゼンチンの旗 ブエノスアイレス クレー イタリアの旗 フィリッポ・ボランドリ 7–6(8–6), 6–4
準優勝 21. 2007年1月15日 オーストラリアの旗 シドニー ハード アメリカ合衆国の旗 ジェームズ・ブレーク 3–6, 7–5, 1–6
準優勝 22. 2007年3月5日 メキシコの旗 アカプルコ クレー アルゼンチンの旗 フアン・イグナシオ・チェラ 3–6, 6–7(2–7)
優勝 20. 2007年7月29日 クロアチアの旗 ウマグ クレー ルーマニアの旗 アンドレイ・パベル 6–4, 6–2
準優勝 23. 2008年2月17日 ブラジルの旗 コスタ・ド・サイペ クレー スペインの旗 ニコラス・アルマグロ 6–7(4–7), 6–3, 5–7
準優勝 24. 2008年9月14日 ルーマニアの旗 ブカレスト クレー フランスの旗 ジル・シモン 3–6, 4–6

4大大会優勝[編集]

全豪オープン準優勝:1997年)
大会 対戦相手 試合結果
1998年 全仏オープン スペインの旗 アレックス・コレチャ 6-3, 7-5, 6-3

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 通算成績
全豪オープン 1R F 2R 1R A QF 2R 2R A 1R 1R 1R 1R 1R 1R 13–13
全仏オープン 2R 2R W 4R 1R 2R 3R QF QF 4R 3R QF 1R A A 32–12
ウィンブルドン 1R 2R 2R 2R 1R 2R A A 4R A A 1R A A A 7–8
全米オープン 2R 1R SF 2R 4R 3R 2R 4R 3R 2R 3R QF 2R A A 26–13

脚注[編集]

外部リンク[編集]