セドリック・ピオリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セドリック・ピオリーン
Cédric Pioline at the 2010 US Open 02.jpg
セドリック・ピオリーン
基本情報
ラテン文字名 Cédric Pioline
フルネーム Cédric Adrien Pioline
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・ヌイイ=シュル=セーヌ
生年月日 1969年6月15日(44歳)
身長 187cm
体重 79kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1989年
引退年 2002年
ツアー通算 6勝
シングルス 5勝
ダブルス 1勝
生涯通算成績 430勝368敗
シングルス 389勝318敗
ダブルス 41勝50敗
生涯獲得賞金 $6,921,029
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(1998)
全仏 ベスト4(1998)
全英 準優勝(1997)
全米 準優勝(1993)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(1990)
全仏 ベスト8(1989)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 5位(2000年5月8日)
ダブルス 93位(2003年1月13日)

セドリック・アドリアン・ピオリーンCédric Adrien Pioline, 1969年6月15日 - )は、フランスヌイイ=シュル=セーヌ出身の男子プロテニス選手。1993年全米オープン1997年ウィンブルドンで、4大大会に2度の準優勝がある。シングルス自己最高ランキングは5位。ATPツアーでシングルス5勝、ダブルス1勝を挙げた。身長187cm、体重79kg、右利き。フランス語の読みにより近い「ピオリーヌ」という表記も多く見られる。オールラウンド・プレーヤー。

来歴[編集]

ピオリーンは16歳という非常に遅い年齢からテニスを始めたが、極めて高い運動能力の持ち主だった。1989年に20歳でプロ入りし、1991年に世界ランキングトップ50位以内に入る。1993年ウィンブルドンで初のベスト8に入り、同年の全米オープンで第15シードから決勝進出を果たす。この大会で、ピオリーンは4回戦で第1シードのジム・クーリエを 7-5, 6-7, 6-4, 6-4 で破る波乱を演じたが、決勝でピート・サンプラスに 4-6, 4-6, 3-6 のストレートで完敗した。この年は男子ツアーで5度の決勝進出があり(いずれも準優勝止まり)、初めて世界ランキングトップ10入りを果たしている。1995年ウィンブルドンで2年ぶり2度目のベスト8に入ったが、準々決勝でボリス・ベッカーに 3-6, 1-6, 7-6, 7-6, 7-9 で惜敗した。2セット・ダウン(先に相手に2セットを取られた状態)から、第3・第4セットのタイブレークを連取して最終第5セットに持ち込んだが、フランス人挑戦者の執念は実らなかった。

1996年3月、ピオリーンはようやくデンマークコペンハーゲンの大会で待望のツアー初優勝を実現させた。翌1997年ウィンブルドンで4年ぶり2度目の4大大会決勝進出を果たした時、ピオリーンは準決勝で1991年の優勝者ミヒャエル・シュティヒを 6-7, 6-2, 6-1, 5-7, 6-4 のフルセットで破っている。シュティヒはこの大会を最後に現役を引退した。しかし決勝ではまたもやピート・サンプラスに 4-6, 2-6, 4-6 のストレートで敗れ、4大大会で2度目の準優勝に終わった。1998年は地元の全仏オープンで初のベスト4に進出したが、準決勝でスペインアレックス・コレチャに 3-6, 4-6, 2-6 で敗れた。ウィンブルドンでは1999年にもベスト8に進出し、1993年・1995年・1997年(準優勝)・1999年と2年おきに準々決勝へ名乗りを上げている。2000年にツアーで年間2勝を挙げた。

ピオリーンの現役生活を通じて、サンプラスには極端に苦手意識が強く、9度の対戦で1度も勝てなかった。2002年のシーズンを最後に現役を引退し、35歳以上の現役引退選手を対象とするシニア・ツアーに参戦した。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 17回 (5勝12敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-2)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (1-2)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (1-1)
ATPインターナショナルシリーズ (3–7)
サーフェス別タイトル
ハード (1–4)
クレー (2-2)
芝 (1-1)
カーペット (1-5)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1992年10月26日 フランスの旗 リヨン カーペット (室内) アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス 4–6, 2–6
準優勝 2. 1993年4月26日 モナコの旗 モンテカルロ クレー スペインの旗 セルジ・ブルゲラ 6–7(2), 0–6
準優勝 3. 1993年9月13日 アメリカ合衆国の旗 全米オープン ハード アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス 4–6, 4–6, 3–6
準優勝 4. 1993年10月11日 フランスの旗 トゥールーズ ハード (室内) フランスの旗 アルノー・ブッチ 6–7(5), 6–3, 3–6
準優勝 5. 1993年10月18日 イタリアの旗 ボルツァノ カーペット (室内) アメリカ合衆国の旗 ジョナサン・スターク 3–6, 2–6
準優勝 6. 1993年10月25日 フランスの旗 リヨン カーペット (室内) アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス 6–7(5), 6–1, 5–7
準優勝 7. 1994年8月29日 アメリカ合衆国の旗 ロングアイランド ハード ロシアの旗 エフゲニー・カフェルニコフ 7–5, 1–6, 2–6
準優勝 8. 1996年2月5日 クロアチアの旗 ザグレブ カーペット (室内) クロアチアの旗 ゴラン・イワニセビッチ 6–3, 3–6, 2–6
準優勝 9. 1996年2月19日 フランスの旗 マルセイユ ハード (室内) フランスの旗 ギー・フォルジェ 5–7, 4–6
優勝 1. 1996年3月11日 デンマークの旗 コペンハーゲン カーペット (室内) デンマークの旗 ケネス・カールセン 6–2, 7–6(7)
優勝 2. 1997年4月28日 チェコの旗 プラハ クレー チェコの旗 ボーダン・ウリラッハ 6–2, 5–7, 7–6(4)
準優勝 10. 1997年7月7日 イギリスの旗 ウィンブルドン アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス 4–6, 2–6, 4–6
準優勝 11. 1998年3月2日 イギリスの旗 ロンドン カーペット (室内) ロシアの旗 エフゲニー・カフェルニコフ 5–7, 4–6
準優勝 12. 1998年4月27日 モナコの旗 モンテカルロ クレー スペインの旗 カルロス・モヤ 3–6, 0–6, 5–7
優勝 3. 1999年6月14日 イギリスの旗 ノッティンガム ジンバブエの旗 ケビン・ウリエット 6–3, 7–5
優勝 4. 2000年2月14日 オランダの旗 ロッテルダム ハード (室内) イギリスの旗 ティム・ヘンマン 6–7(3), 6–4, 7–6(4)
優勝 5. 2000年4月17日 モナコの旗 モンテカルロ クレー スロバキアの旗 ドミニク・フルバティ 6–4, 7–6(3), 7–6(6)

ダブルス: 2回 (1勝1敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 1993年7月12日 スイスの旗 グシュタード クレー スイスの旗 マルク・ロセ オランダの旗 ヘンドリク・ヤン・ダーヴィッツ
南アフリカの旗 ピート・ノーバル
6–3, 3–6, 7–6
準優勝 1. 2002年11月3日 フランスの旗 パリ カーペット (室内) ブラジルの旗 グスタボ・クエルテン フランスの旗 ニコラ・エスクード
フランスの旗 ファブリス・サントロ
3–6, 6–7(1)

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 通算成績
全豪オープン A 1R 1R 2R 2R 1R 1R A A 4R 1R 1R 3R A 7–10
全仏オープン 1R 1R 2R 4R 2R 2R 2R QF 3R SF 1R 4R 2R 1R 22–14
ウィンブルドン A A 2R 2R QF 1R QF 4R F 1R QF 2R 2R 1R 24–12
全米オープン A A 1R 3R F 3R 2R 3R 4R 1R SF 3R 1R LQ 23–11

: 1997年ウィンブルドン2回戦の不戦勝は通算成績に含まない

外部リンク[編集]