ヨアキム・ヨハンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨアキム・ヨハンソン
Joachim Pim-Pim Johansson.jpg
ヨアキム・ヨハンソン
基本情報
ラテン文字名 Joachim Johansson
愛称 Pim-Pim (ピム・ピム)
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
出身地 同・ルンド
生年月日 1982年7月1日(31歳)
身長 198cm
体重 90kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2000年
引退年 2011年(2013年一時復帰)
ツアー通算 4勝
シングルス 3勝
ダブルス 1勝
生涯通算成績 88勝73敗
シングルス 72勝59敗
ダブルス 16勝14敗
生涯獲得賞金 $1,549,039
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2005)
全仏 1回戦(2004)
全英 4回戦(2004)
全米 ベスト4(2004)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 9位(2005年2月14日)
ダブルス 108位(2005年9月12日)

ヨアキム・ヨハンソンJoachim Johansson, 1982年7月1日 - )は、スウェーデンルンド出身の男子プロテニス選手。2004年全米オープンで男子シングルスのベスト4に入り、世界ランキング9位まで到達した選手である。彼には「ピム・ピム」(Pim-Pim)というニックネームがある。身長198cm、体重90kgの長身から繰り出すサービスを最大の武器にしている。ATPツアーでシングルス3勝、ダブルス1勝を挙げた。

来歴[編集]

父親のレイフ・ヨハンソンは、1974年に1年間男子テニス国別対抗戦・デビスカップスウェーデン代表選手を務めるほどの実力者だった[1]。 ヨアキムは幼い時から父親にテニスを習い、当時スウェーデンの国民的英雄だったビョルン・ボルグの故郷のセデーテイェで少年時代を過ごした。彼に「ピム・ピム」という愛称がついたのは、子供の頃に(彼の兄と、本人が)「ヨアキム」(Joachim)という名前を正しく発音できず“ヨアピム”(Joa-pim)と呼ぶ癖がついて、それが定着したからだという。スウェーデンには「ピム・ピム」という名前の菓子もあり、ヨアキム・ヨハンソンはジュニア時代から“ピム・ピム・ヨハンソン”と呼ばれるようになった。2000年に18歳でプロ入りした後、3年間男子テニスツアー下部組織の大会を回り、2003年全豪オープン4大大会本戦に初出場。この年から、彼はデビスカップのスウェーデン代表選手に選ばれた。

2004年、ヨハンソンは男子ツアーで目覚ましい躍進を見せ、2月中旬のアメリカテネシー州メンフィス大会決勝戦でニコラス・キーファードイツ)を破り、ツアー初優勝を果たした。その後ウィンブルドンで初の4回戦に勝ち進み、アテネ五輪にもスウェーデン代表選手として出場する。オリンピックでは、シングルス2回戦でイワン・リュビチッチクロアチア)に敗れた。そして、彼のハイライトとなった2004年全米オープンを迎える。ヨハンソンは第28シードとして勝ち進み、準々決勝で前年度優勝者のアンディ・ロディックアメリカ)を6-4, 6-4, 3-6, 2-6, 6-4で破り、ロディックの全米連覇を阻止する勝利を挙げた。続く準決勝ではレイトン・ヒューイットオーストラリア)に4-6, 5-7, 3-6 で敗れ、決勝進出を逃した。こうして、ヨアキム・ヨハンソンは1年間で世界ランキングを95位から11位に上げ、男子プロテニス協会の2004年度「最も進歩した選手賞」(Most Improved Player of the Year)を受賞した。

2005年、ヨハンソンは1月のネクストジェネレーション・アデレード国際と2月のフランスマルセイユ大会で優勝し、2月14日付で世界ランキング「9位」に入った。全豪オープン4回戦で、ヨハンソンがアンドレ・アガシアメリカ)から「51本」ものサービス・エースを奪いながらも、結局セットカウント1-3で敗れた試合は語り草になっている[2]。 ところが、世界トップ選手の仲間入りを果たしてすぐに、彼は右肩の故障を抱えるようになる。ウィンブルドン3回戦でフェルナンド・ゴンサレスチリ)に敗れた後、直後のスウェーデン・ボースタード大会に出場し、ヨナス・ビョルクマンと組んだダブルスで優勝した。これが彼の唯一のダブルス・タイトルである。ボースタード大会の終了後、ヨハンソンは右肩の手術を受け、2005年後半の試合に出場できなくなった。手術後の経過が思わしくなく、その後も度重なる故障と病気に悩み、2004年の好調時のようなテニスを取り戻すことができなかった。

2007年1月、ヨハンソンに一時復調の兆しが見えた試合があった。2年前の2005年に優勝した年頭のアデレード大会で、彼は当時19歳のノバク・ジョコビッチセルビア)との準決勝まで勝ち進んだ。しかし、すぐ後の全豪オープンは1回戦の第1セットで、2ゲームだけで途中棄権に追い込まれる。同年10月のスウェーデン開催大会「ストックホルム・オープン」が、当年度の最後の試合出場になった。度重なる故障や病気から回復できず、“ピム・ピム・ヨハンソン”ことヨアキム・ヨハンソンは、2008年2月に現役引退会見を開いた。

引退会見の後、ヨハンソンはジュニア選手のコーチなどに携わりながらリハビリに励んでいた。10月のストックホルム・オープンにて、当初出場予定だったロジャー・フェデラーが欠場したため、その代役として急遽出場することになる。ヨハンソンにとっては、前年の同大会以来ちょうど1年ぶりのツアー出場だった。この大会では、1回戦でフランスニコラ・マユに 7-5, 7-6で勝った後、続く2回戦で第1シードのダビド・ナルバンディアンアルゼンチン)に 3-6, 2-6 で敗れた。その後も本格復帰には至っていないが、2009年以降もエキシビジョン大会やチャレンジャー大会に出場するなど断続的なツアー参加を行った。

2011年のロシアとのデビスカップ1回戦に出場し、ティムラズ・ガバシュビリを 6-3, 7-6(4), 6-4 で破りチームの勝利に貢献した。しかし、2011年3月18日に28歳で2度目の現役引退を発表した[3]

2013年10月、2年半ぶりに現役復帰し地元のストックホルム・オープンのシングルス予選に主催者推薦で出場した。予選3試合を勝ち上がり1回戦でアレハンドロ・ファジャを 6-1, 6-3 で破り2回戦でミロシュ・ラオニッチに 2-6, 6-7(3) で敗れた。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 3回 (3勝0敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (0-0)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (1-0)
ATPインターナショナルシリーズ (0-2)
サーフェス別タイトル
ハード (1-2)
クレー (0-0)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2004年2月16日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード (室内) ドイツの旗 ニコラス・キーファー 7–6, 6–3
優勝 2. 2005年1月3日 オーストラリアの旗 アデレード ハード アメリカ合衆国の旗 テーラー・デント 7–5, 6–3
優勝 3. 2005年2月7日 フランスの旗 マルセイユ ハード (室内) クロアチアの旗 イワン・リュビチッチ 7–5, 6–4

ダブルス: 2回 (1勝1敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2005年7月11日 スウェーデンの旗 ボースタード クレー スウェーデンの旗 ヨナス・ビョルクマン アルゼンチンの旗 ホセ・アカスソ
アルゼンチンの旗 セバスチャン・プリエト
6–2, 6–3
準優勝 1. 2006年6月12日 ドイツの旗 ハーレ ロシアの旗 マラト・サフィン スイスの旗 ロジャー・フェデラー
スイスの旗 イブ・アレグロ
5–7, 6–7(6), 3–6

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2003 2004 2005 2006 2007 通算成績
全豪オープン 1R 3R 4R A 1R 5–4
全仏オープン LQ 1R A A A 0–1
ウィンブルドン LQ 4R 3R A A 5–2
全米オープン 1R SF A A A 5–2

脚注[編集]

外部リンク[編集]