トラビス・パロット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トラビス・パロット Tennis pictogram.svg
基本情報
ラテン文字名 Travis Parrott
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・オレゴン州ポートランド
生年月日 1980年8月16日(33歳)
身長 185cm
体重 79kg
利き手
ツアー経歴
デビュー年 2003年
引退年 2012年(最終出場年)
ツアー通算 3勝
シングルス 0勝
ダブルス 3勝
生涯通算成績 106勝139敗
シングルス ATPツアーの出場なし
ダブルス 106勝139敗
生涯獲得賞金 $656,839
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(2005・06)
全仏 3回戦(2006)
全英 3回戦(2004・08)
全米 ベスト8(2004)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全米 優勝(2009)
優勝回数 1(米1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 704位(2003年6月9日)
ダブルス 25位(2009年6月15日)
2012年11月10日現在

トラビス・パロットTravis Parrott, 1980年8月16日 - )は、アメリカオレゴン州ポートランド出身の男子プロテニス選手。2009年全米オープン混合ダブルスで、同じアメリカのカーリー・ガリクソンとペアを組んで優勝した。彼は普段からダブルスのみに活動を絞り、ATPツアーでは1度もシングルスへのエントリーがない。ATPツアーでダブルス3勝を挙げた(準優勝6度)。身長185cm、体重79kg、右利き。

来歴[編集]

パロットはジョージア大学の学生テニス選手として活動した後、2003年からプロ選手になった。彼は直ちにダブルスのスペシャリストとして力を発揮し始め、2003年7月の「ロサンゼルス・テニスオープン」でジャン=マイケル・ギャンビル(同じアメリカの選手)と組んでツアー初優勝を遂げた。2004年ウィンブルドンビンセント・スパディア(彼もアメリカ人選手)と組んで3回戦に進出した後、全米オープンロビー・コーニッグ南アフリカ)と組んでベスト8に入った。パロットとコーニッグは、準々決勝でスペインペアのラファエル・ナダル&トミー・ロブレド組に 5-7, 5-7 のストレートで敗れた。現時点ではこれがパロットの4大大会男子ダブルス最高成績であるが、全豪オープン2005年2006年の2年連続、全仏オープン2006年に3回戦進出があり、すべての4大大会で男子ダブルス3回戦に勝ち残っている。

2007年7月、パロットは「インディアナポリス・テニス選手権」でフアン・マルティン・デル・ポトロアルゼンチン)とペアを組み、4年ぶりのツアー2勝目を挙げた。2008年度は10月のサンクトペテルブルク・オープンフィリップ・ポラセクスロバキア)と組んだ優勝がある。2009年に入ってからは、パロットはポラセクとのコンビで大半のトーナメントに出場している。

2009年全米オープンの混合ダブルスで、トラビス・パロットは同じアメリカのカーリー・ガリクソンとペアを組んだ。混合ダブルス競技は32組の選手による5回戦制で行われ、パロットとガリクソンは準々決勝で第3シードのマリウシュ・フィルステンベルクポーランド)&リサ・レイモンドアメリカ)組、準決勝で第1シードのマヘシュ・ブパシインド)&リーゼル・フーバー(アメリカ)組を連破して決勝に勝ち上がった。2人は決勝戦でも好調さを維持し、第2シードのリーンダー・パエス(インド)&カーラ・ブラックジンバブエ)組を 6-2, 6-4 のストレートで倒した。こうして、パロットとガリクソンは2009年の全米オープン混合ダブルス優勝者に輝いた。

パロットは2012年6月のスロバキアコシツェのチャレンジャー大会を最後に試合出場から遠ざかっている。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

ダブルス: 9回 (3勝6敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2003年8月3日 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス ハード アメリカ合衆国の旗 ジャン=マイケル・ギャンビル オーストラリアの旗 ジョシュア・イーグル
オランダの旗 チャン・シャルケン
6–4, 3–6, 7–5
準優勝 1. 2004年8月23日 アメリカ合衆国の旗 ワシントンD.C. ハード ロシアの旗 ドミトリー・トゥルスノフ 南アフリカ共和国の旗 クリス・ハガード
南アフリカ共和国の旗 ロビー・コーニッグ
6–7(3), 1–6
準優勝 2. 2005年7月10日 アメリカ合衆国の旗 ニューポート アメリカ合衆国の旗 グレイドン・オリバー オーストラリアの旗 ジョーダン・カー
アメリカ合衆国の旗 ジム・トーマス
6–7(5), 6–7(5)
優勝 2. 2007年7月30日 アメリカ合衆国の旗 インディアナポリス ハード アルゼンチンの旗 フアン・マルティン・デル・ポトロ ロシアの旗 ティムラズ・ガバシュビリ
クロアチアの旗 イボ・カロビッチ
3–6, 6–2, [10–6]
準優勝 3. 2008年4月19日 スペインの旗 バレンシア クレー スロバキアの旗 フィリップ・ポラセク アルゼンチンの旗 マキシモ・ゴンサレス
アルゼンチンの旗 フアン・モナコ
5–7, 5–7
準優勝 4. 2008年8月10日 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス ハード セルビアの旗 ドゥシャン・ベミッチ インドの旗 ロハン・ボパンナ
アメリカ合衆国の旗 エリック・ブトラック
6–7(5), 6–7(5)
優勝 3. 2008年10月26日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク ハード
(室内)
スロバキアの旗 フィリップ・ポラセク インドの旗 ロハン・ボパンナ
ベラルーシの旗 マックス・ミルヌイ
3–6, 7–6(4), [10–8]
準優勝 5. 2009年2月22日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード
(室内)
スロバキアの旗 フィリップ・ポラセク アメリカ合衆国の旗 マーディ・フィッシュ
バハマの旗 マーク・ノールズ
6–7(7), 1–6
準優勝 6. 2009年6月19日 イギリスの旗 イーストボーン スロバキアの旗 フィリップ・ポラセク ポーランドの旗 マリウス・フィルステンベルク
ポーランドの旗 マルチン・マトコフスキ
4–6, 4–6

外部リンク[編集]