キンバリー・ポー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キンバリー・ポー Tennis pictogram.svg
基本情報
ラテン文字名 Kimberly Po-Messerli
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・カリフォルニア州
ロサンゼルス
生年月日 1971年10月20日(42歳)
身長 160cm
体重 54kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1991年
引退年 2002年
ツアー通算 5勝
シングルス 0勝
ダブルス 5勝
生涯通算成績 450勝396敗
シングルス 200勝180敗
ダブルス 250勝216敗
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(1997)
全仏 3回戦(1993・97)
全英 2回戦(1992・94・96・98)
全米 4回戦(1998)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(2001)
全仏 ベスト8(2001)
全英 ベスト4(2001)
全米 準優勝(2001)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全英 優勝(2000)
全米 準優勝(1999)
優勝回数 1(英1)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 14位
ダブルス 6位

キンバリー・ポー・メッセーリKimberly Po-Messerli, 1971年10月20日 - )は、アメリカカリフォルニア州ロサンゼルス出身の元女子プロテニス選手。2000年ウィンブルドン混合ダブルスで、同じアメリカのドナルド・ジョンソンとペアを組んで優勝した。2001年全米オープン女子ダブルスで、ナタリー・トージアフランス)と組んで準優勝したこともある。彼女は東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントジャパン・オープントヨタ・プリンセス・カップなど、日本開催のトーナメントにも数多く出場し、日本人女子選手たちとの対戦も多かった。自己最高ランキングはシングルス14位、ダブルス6位。WTAツアーでシングルスの優勝はなかったが、ダブルスで5勝を挙げた。

キンバリー・ポーはジュニア時代、全米オープンのジュニア女子ダブルスでメレディス・マグラスとペアを組んで1987年1988年に2年連続優勝を達成した。1990年にプロ入り。1991年全米オープン4大大会にデビューし、ナタリア・ズベレワ(当時ソ連)との3回戦まで進出する。1993年には、ウィンブルドンを除く3つの4大大会で3回戦に勝ち進んだ。1995年8月の「カナディアン・オープン」で、ポーは2年ぶりにツアー復帰したモニカ・セレシュと顔を合わせた。セレシュは1993年4月30日の刺傷事件を乗り越えて、この大会から復帰を果たし、最初の対戦相手となったポーに 6-0, 6-3 で快勝して再出発を飾った。

彼女の名前が日本で広く知られるようになったのは、1996年に起きた一連の出来事からである。4月のジャパン・オープン女子ダブルス決勝で、ポーとエミー・フレージャーのペアは伊達公子杉山愛組に 6-7, 7-6, 3-6 で敗れて準優勝になった。4ヶ月後の全米オープンで、ポーは1回戦で第10シードの伊達を 6-2, 7-5 のストレートで破った。全米オープン終了後の「ニチレイ・レディース」でも来日し、シングルス・ダブルスともに準決勝まで勝ち進んだ。ニチレイ・レディースの終了後、伊達は9月25日に突然の引退表明を行い、ポーに敗れた全米オープン1回戦が伊達の最後の4大大会出場となった。

ポーは1997年全豪オープンで4大大会シングルスの自己最高成績を出し、初めてのベスト8に進出した。その過程で、彼女は2回戦で杉山愛、3回戦で平木理化と日本人選手を連破し、4回戦で第7シードのリンゼイ・ダベンポートを破る勝利を挙げたが、準々決勝でアマンダ・クッツァーに敗退した。4月のジャパン・オープンでは、シングルス準決勝で杉山に敗れている。こうして彼女は1997年6月にシングルス自己最高ランキングを「14位」まで上げたが、同年11月に右肩の手術を受け、1998年5月まで戦線離脱を余儀なくされた。1998年のシングルス成績は、全米オープンで自己最高の4回戦進出がある。

1998年11月、ポーはカナダケベックシティ大会のダブルスでロリ・マクニールと組んで優勝し、プロテニス選手として初めてのWTAツアータイトルを獲得した。この頃から、彼女はダブルスの分野で成績を伸ばし始める。1999年4月のジャパン・オープンでは、コリーナ・モラリューと組んで女子ダブルス初優勝を果たした。5ヶ月後の全米オープンで、ポーはドナルド・ジョンソンと混合ダブルスのペアを組み、初めて4大大会決勝戦の舞台を踏んだ。この決勝ではマヘシュ・ブパシ杉山愛組に 4-6, 4-6 で敗れて準優勝になる。翌年の2000年ウィンブルドン混合ダブルス決勝で、ポーとジョンソンはレイトン・ヒューイットキム・クライシュテルス組を 6-4, 7-6 で破り、キャリア最大のタイトルを獲得した。この当時はまだ独身女性の「キンバリー・ポー」であったが、その後オリバー・メッセーリ(Oliver Messerli)と結婚し、2つの姓を併用して「キンバリー・ポー・メッセーリ」と名乗った。

彼女は2000年6月中旬のイギリスバーミンガム大会(ウィンブルドン選手権の前哨戦の1つ)を最後に、女子ツアー大会のシングルスから撤退し、以後の活動をダブルスのみに絞った。2001年から、彼女はフランスのベテラン選手ナタリー・トージアと組んで大半のトーナメントに出場し、全仏オープンベスト8・ウィンブルドンベスト4を経て、全米オープンで女子ダブルス決勝に進出した。ポー・メッセーリにとっては、1999年の混合ダブルス以来2度目の全米オープン決勝戦だったが、2人は第1シードのリサ・レイモンドレネ・スタブス組に 2-6, 7-5, 5-7 で敗れて優勝を逃した。全米オープン終了後、ポー・メッセーリは30歳でダブルス自己最高ランキング「6位」に入った。

現役最後の年となった2002年、ポー・メッセーリはウィンブルドン全米オープンで女子ダブルスのベスト8に入り、ウィンブルドンではドナルド・ジョンソンとの混合ダブルスで2年ぶりの準決勝に進んだ。最後は準決勝でマヘシュ・ブパシエレーナ・リホフツェワ組に 4-6, 6-1, 3-6 で敗れ、ポーとジョンソンは2年ぶりの決勝進出を逃した。女子ダブルスのパートナーは、ウィンブルドンはトージアであったが、全米オープンは白血病を克服したコリーナ・モラリューと組んだ。ポー・メッセーリとモラリューは、9月末の「トヨタ・プリンセス・カップ」にも出場したが、このトーナメントは2002年の第13回大会を最後に廃止された。10月下旬の「チューリッヒ・オープン」女子ダブルスで、ポー・メッセーリとナターシャ・ズベレワは、準々決勝でエレナ・ドキッチナディア・ペトロワ組に 4-6, 3-6 で敗れた。この試合を最後に、キンバリー・ポー・メッセーリとナターシャ・ズベレワ、2人の選手が同時に女子プロテニス界を引退したのである。

外部リンク[編集]