2002年全米オープン (テニス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2002年全米オープン
開催期間:   8月26日 - 9月8日
通算:   121回目
カテゴリ:   グランドスラム (ITF)
開催地:   アメリカ, ニューヨーク
優勝者
男子シングルス
アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス
女子シングルス
アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ
男子ダブルス
インドの旗 マヘシュ・ブパシ
ベラルーシの旗 マックス・ミルヌイ
女子ダブルス
スペインの旗 ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
アルゼンチンの旗 パオラ・スアレス
混合ダブルス
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 リサ・レイモンド
ジュニア男子シングルス
フランスの旗 リシャール・ガスケ
ジュニア女子シングルス
ロシアの旗 マリア・キリレンコ
ジュニア男子ダブルス
オランダの旗 Michel Koning
オランダの旗 Bas van der Valk
ジュニア女子ダブルス
ベルギーの旗 エルケ・クライシュテルス
ベルギーの旗 キルステン・フリプケンス
全米オープン
 < 2001 2003 > 

2002年 全米オープン(US Open 2002)は、アメリカニューヨークマンハッタンにある「USTAナショナル・テニスセンター」にて、2002年8月26日から9月8日にかけて開催された。

シニア[編集]

男子シングルス[編集]

アメリカ合衆国の旗 ピート・サンプラス def. アメリカ合衆国の旗 アンドレ・アガシ, 6-3, 6-4, 5-7, 6-4

  • サンプラスは4大大会通算「14勝」で男子歴代1位記録を更新したが(全豪オープン2勝+ウィンブルドン7勝+全米オープン5勝=総計14勝)、これが彼の現役最後の試合になった。

女子シングルス[編集]

アメリカ合衆国の旗 セリーナ・ウィリアムズ def. アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ, 6-4, 6-3

  • 2年連続で「ウィリアムズ姉妹対決の決勝」になった。前年の2001年は姉のビーナスが勝ったが、2002年は妹のセリーナが優勝した。セリーナの全米オープン優勝は、1999年以来3年ぶり2度目となる。

男子ダブルス[編集]

インドの旗 マヘシュ・ブパシ / ベラルーシの旗 マックス・ミルヌイ def. チェコの旗 イリ・ノバク / チェコの旗 ラデク・ステパネク, 6-3, 3-6, 6-4

女子ダブルス[編集]

スペインの旗 ビルヒニア・ルアノ・パスクアル / アルゼンチンの旗 パオラ・スアレス def. ロシアの旗 エレーナ・デメンチェワ / スロバキアの旗 ヤネッテ・フサロバ, 6-2, 6-1

混合ダブルス[編集]

アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン / アメリカ合衆国の旗 リサ・レイモンド def. アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン / スロベニアの旗 カタリナ・スレボトニク, 7–6(9), 7–6(1)

  • 双子の兄弟である「ブライアン兄弟」が登場。ボブとマイクがネットをはさんで戦い、マイクがレイモンドと組んで優勝した。

ジュニア[編集]

男子シングルス[編集]

フランスの旗 リシャール・ガスケ def. キプロスの旗 マルコス・バグダティス, 7–5, 6–2

女子シングルス[編集]

ロシアの旗 マリア・キリレンコ def. チェコの旗 バルボラ・ストリコバ, 6–4, 6–4

男子ダブルス[編集]

オランダの旗 Michel Koning / オランダの旗 Bas van der Valk def. アメリカ合衆国の旗 ブライアン・ベイカー / オーストラリアの旗 クリス・グシオネ, 6-4, 6-4

女子ダブルス[編集]

ベルギーの旗 エルケ・クライシュテルス / ベルギーの旗 キルステン・フリプケンス def. アメリカ合衆国の旗 Shadisha Robinson / アメリカ合衆国の旗 Tory Zawacki, 6-1, 6-3

外部リンク[編集]

先代:
2002年ウィンブルドン選手権
テニス4大大会
2002年 - 2003年
次代:
2003年全豪オープン
先代:
2001年全米オープン
全米オープン
2002年
次代:
2003年全米オープン