全米テニス協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
United States Tennis Association
(USTA)
スポーツ テニス
創設 1881[1]
本部所在地 United States Tennis Association, 70 West Red Oak Lane
所在地 ホワイト・プレインズ (ニューヨーク州)
会長 デビッド・ハガティ
公式サイト
www.usta.com/
アメリカ合衆国の旗

全米テニス協会(英語:United States Tennis Association 略称:USTA)とは、アメリカのテニス界を統括する団体である。主にデビスカップおよびフェドカップのアメリカ代表団を組織し、更に世界最大規模のテニス競技大会である「全米オープン・テニス」の運営を行う。USTAは1881年に全米ローンテニス協会としてニューヨークで創設されたのが源流で、現在は17の委員会と665,000人の会員数を持つ世界最大規模を誇るテニス組織である。

歴代会長[編集]

名前 任期
ジェームズ・ドワイト 1882-1884
ジョセフ・クラーク 1889-1891
ジェームズ・ドワイト 1894-1911
ヘンリー・スローカム 1892-1893
ロバート・レン 1912-1915
ジョージ・アディー 1916-1919
ジュリアン・ミリック 1920-1922
ホルコム・ウォード 1937-1947
マーティン・トレッセル 1965-1966
ロバート・ケレハー 1967-1968
アラステア・マーティン 1969-1970
ウィリアム・ヘスター 1977-1978
Harry Marmion 1997-1998
Julia Levering 1999-2000
マービン・ヘラー・ジュニア 2001-2002
アラン・シュワルツ 2003-2004
フランクリン・ジョンソン 2005-2006
ジェーン・ブラウン・グライムズ 2007-2008
ルーシー・ガービン 2009–2010
ジョン・ベゴセン 2011–2012
Dave Haggerty 2013–present

脚注[編集]

  1. ^ About The Organization”. 2011年2月5日閲覧。

外部リンク[編集]