エミー・フレージャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エミー・フレージャー Tennis pictogram.svg
基本情報
ラテン文字名 Amy Frazier
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ミズーリ州セントルイス
生年月日 1972年9月19日(41歳)
身長 175cm
体重 63kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1986年
引退年 2006年(最終出場年)
ツアー通算 12勝
シングルス 8勝
ダブルス 4勝
生涯通算成績 697勝560敗
シングルス 497勝335敗
ダブルス 200勝225敗
生涯獲得賞金 $3,460,799
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(1992)
全仏 3回戦(1995・2001)
全英 4回戦(1991・92・96・2004)
全米 ベスト8(1995)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(1989・90・93・96・97・
2001・02・06)
全仏 3回戦(1995)
全英 ベスト8(1995)
全米 ベスト8(1998)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 13位(1995年2月27日)
ダブルス 24位(1993年3月29日)

エミー・フレージャーAmy Frazier, 1972年9月19日 - )は、アメリカミズーリ州セントルイス出身の女子プロテニス選手。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。WTAツアーでシングルス8勝、ダブルス4勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス13位、ダブルス24位。女子テニスツアーの選手の中でも、日本の大会出場が多い選手としてよく知られる。

来歴[編集]

フレージャーの選手生活は1986年から始まり、1987年全米オープン4大大会本戦に初出場している。1990年9月、この年に創設された東京東京体育館の「ニチレイ・レディース」大会で初来日する。この時は準々決勝でモニカ・セレシュ、準決勝でカテリナ・マレーバを破って勝ち上がったが、決勝でメアリー・ジョー・フェルナンデスに敗れて準優勝に終わった。1991年に「ジャパン・オープン」にも初出場し、以来フレージャーは日本でプレーする常連の選手となった。同大会では1992年の準決勝で日本の伊達公子と初対戦し、1994年から1996年までの3年連続で、フレージャーと伊達が決勝対決をした。1995年の決勝戦ではフレージャーが優勝したが、後の3回は伊達が勝っている。(伊達とフレージャーは、ジャパン・オープンでの4回の対戦を除き、他のトーナメントでは全く対戦がない。)1997年は4年連続の決勝進出で杉山愛に敗れたが、1999年の決勝では杉山を破って4年ぶり2度目の優勝を果たす。2000年の決勝ではフランスジュリー・アラール=デキュジスに敗れた。総計で、フレージャーはジャパン・オープン決勝に「2勝4敗」の戦績を残した。

フレージャーが第1回大会から参加してきた「ニチレイ・レディース」では、1994年にもアランチャ・サンチェス・ビカリオに決勝で敗れた準優勝がある。この大会は1997年に「トヨタ・プリンセス・カップ」という名称に変更され、2002年を最後に終了した。最後の大会の時もフレージャーはプレーしており、セリーナ・ウィリアムズとの準決勝まで勝ち進んでいる。

4大大会では2度のベスト8進出があり、1992年全豪オープン1995年全米オープンで準々決勝に勝ち進んだ。最近の4大大会での好成績は、2004年ウィンブルドンでの4回戦進出がある。フレージャーは31歳でも健在なプレーを披露したが、第13シードのマリア・シャラポワに 4-6, 5-7 で敗れた。

ジャパン・オープンで2度目の優勝を果たした1999年、8月第1週にアメリカサンディエゴで開かれた「アキュラ・クラシック」2回戦で、フレージャーはシュテフィ・グラフと対戦した。この時グラフは足の故障から、フレージャーとの試合を 6-4, 5-7, 1-2 で途中棄権し、翌週の8月13日に引退を正式発表したためフレージャーがグラフの最後の試合の相手になった。

フレージャーは2004年1月にオーストラリア・ホバート大会の決勝で日本浅越しのぶを破った優勝がある。2005年11月にはカナダケベック市の大会で優勝を飾り、33歳にして女子テニスツアーのシングルス「8勝目」を挙げた。2006年全米オープン1回戦でビルヒニア・ルアノ・パスクアルスペイン)に敗れた試合を最後に、彼女は公式試合から遠ざかっている。

フレージャーは4大大会シングルスの本戦に71回出場している。これは男女を通して史上最多記録である。(男子の1位はファブリス・サントロの70回、女子の2位はマルチナ・ナブラチロワの67回。)

WTAツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 15回 (8勝7敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ティア I (0–0)
ティア II (1–2)
ティア III (3–4)
ティア IV & V (4–1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 1989年2月26日 アメリカ合衆国の旗 ウィチタ ハード (室内) アメリカ合衆国の旗 バーバラ・ポッター 4–6, 6–4, 6–0
優勝 2. 1990年2月25日 アメリカ合衆国の旗 オクラホマシティ ハード (室内) オランダの旗 マノン・ボーラグラフ 6–4, 6–2
準優勝 1. 1990年9月30日 日本の旗 東京 カーペット (室内) アメリカ合衆国の旗 メアリー・ジョー・フェルナンデス 6–3, 2–6, 3–6
優勝 3. 1992年5月24日 スイスの旗 ルツェルン クレー スロバキアの旗 ラドカ・ズルバコバ 4–6, 6–4, 7–5
準優勝 2. 1994年4月4日 日本の旗 東京 ハード 日本の旗 伊達公子 5–7, 0–6
優勝 4. 1994年8月14日 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス ハード アメリカ合衆国の旗 アン・ブンダーリヒ 6–1, 6–3
準優勝 3. 1994年9月19日 日本の旗 東京 ハード (室内) スペインの旗 アランチャ・サンチェス・ビカリオ 1–6, 2–6
優勝 5. 1995年4月16日 日本の旗 東京 ハード 日本の旗 伊達公子 7–6(5), 7–5
準優勝 4. 1996年4月15日 日本の旗 東京 ハード 日本の旗 伊達公子 4–6, 5–7
準優勝 5. 1997年4月20日 日本の旗 東京 ハード 日本の旗 杉山愛 6–4, 4–6, 4–6
優勝 6. 1999年4月18日 日本の旗 東京 ハード 日本の旗 杉山愛 6–2, 6–2
準優勝 6. 2000年10月9日 日本の旗 東京 ハード フランスの旗 ジュリー・アラール=デキュジス 4–6, 5–7
準優勝 7. 2003年1月12日 オーストラリアの旗 ホバート ハード オーストラリアの旗 アリシア・モリク 2–6, 6–4, 4–6
優勝 7. 2004年1月16日 オーストラリアの旗 ホバート ハード 日本の旗 浅越しのぶ 6–3, 6–3
優勝 8. 2005年11月6日 カナダの旗 ケベックシティ ハード (室内) スウェーデンの旗 ソフィア・アルビドソン 6–1, 7–5

ダブルス: 13回 (4勝9敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1990年10月28日 プエルトリコの旗 ドラド ハード オーストラリアの旗 ジュリー・リチャードソン ソビエト連邦の旗 Elena Brioukhovets
ソビエト連邦の旗 ナタリア・メドベデワ
4-6, 2-6
優勝 1. 1991年4月8日 日本の旗 東京 ハード 日本の旗 木戸脇真也 日本の旗 神尾米
日本の旗 雉子牟田明子
6-2, 6-4
優勝 2. 1992年4月6日 日本の旗 東京 ハード 日本の旗 キンバリー・ポー 日本の旗 伊達公子
アメリカ合衆国の旗 ステファニー・レイヒ
5-7, 7-6(5), 6-0
優勝 3. 1992年5月24日 スイスの旗 ルツェルン クレー 南アフリカの旗 エルナ・ライナッハ チェコスロバキアの旗 カリーナ・ハブストバ
アメリカ合衆国の旗 マリアン・ワーデル
7-5, 6-2
準優勝 2. 1993年2月14日 アメリカ合衆国の旗 シカゴ カーペット (室内) アメリカ合衆国の旗 キンバリー・ポー アメリカ合衆国の旗 カトリナ・アダムズ
アメリカ合衆国の旗 ジーナ・ガリソン=ジャクソン
6–7(3), 3–6
準優勝 3. 1994年9月19日 日本の旗 東京 ハード (室内) 日本の旗 平木理化 スペインの旗 アランチャ・サンチェス・ビカリオ
フランスの旗 ジュリー・アラール
1-6, 6-0, 1-6
準優勝 4. 1996年4月21日 日本の旗 東京 ハード アメリカ合衆国の旗 キンバリー・ポー 日本の旗 伊達公子
日本の旗 杉山愛
6-7(6), 7-6(6), 3-6
準優勝 5. 1996年8月18日 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス ハード アメリカ合衆国の旗 キンバリー・ポー アメリカ合衆国の旗 リンゼイ・ダベンポート
ベラルーシの旗 ナターシャ・ズベレワ
1-6, 4-6
準優勝 6. 1996年10月27日 カナダの旗 ケベックシティ ハード (室内) アメリカ合衆国の旗 キンバリー・ポー アメリカ合衆国の旗 デビー・グラハム
オランダの旗 ブレンダ・シュルツ=マッカーシー
1-6, 4-6
準優勝 7. 1997年8月3日 アメリカ合衆国の旗 サンディエゴ ハード アメリカ合衆国の旗 キンバリー・ポー スイスの旗 マルチナ・ヒンギス
スペインの旗 アランチャ・サンチェス・ビカリオ
3-6, 5-7
準優勝 8. 1998年4月19日 日本の旗 東京 ハード 日本の旗 平木理化 日本の旗 宮城ナナ
日本の旗 雉子牟田直子
3-6, 6-4, 4-6
優勝 4. 1999年11月1日 カナダの旗 ケベックシティ ハード (室内) アメリカ合衆国の旗 Katie Schlukebir アメリカ合衆国の旗 デビー・グラハム
ジンバブエの旗 カーラ・ブラック
6-2, 6-3
準優勝 9. 2000年7月30日 アメリカ合衆国の旗 スタンフォード ハード ジンバブエの旗 カーラ・ブラック アメリカ合衆国の旗 チャンダ・ルビン
フランスの旗 サンドリーヌ・テスチュ
4-6, 4-6

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 通算成績
全豪オープン A 1R 3R 1R 4R QF 1R 3R 3R 1R 1R A 2R 1R 2R 2R 2R 3R 3R 1R 21–18
全仏オープン LQ 1R 1R A A 2R A 1R 3R 1R 2R A 2R 1R 3R 2R 1R 1R 2R 1R 9–15
ウィンブルドン LQ 1R 2R 3R 4R 4R A 1R 2R 4R 2R 1R 1R 3R 3R 1R 2R 4R 1R 3R 24–18
全米オープン 1R 3R 1R 1R 2R 1R 2R 2R QF 2R 1R 1R 3R 1R 1R 4R 3R 3R 2R 1R 19–20

: 2003年全米2回戦の不戦勝は通算成績に含まない

外部リンク[編集]