1980年全仏オープン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1980年 全仏オープン(Internationaux de France de Roland-Garros 1980)は、フランスパリにある「ローランギャロス・スタジアム」にて、1980年5月26日から6月8日にかけて開催された。

大会の流れ[編集]

  • 男子シングルスは「128名」の選手による7回戦制で、女子シングルスは「64名」の選手による6回戦制で行われた。男女とも「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)はない。

シード選手[編集]

男子シングルス[編集]

  1. スウェーデンの旗 ビョルン・ボルグ (優勝、3年連続5度目)
  2. アメリカ合衆国の旗 ジョン・マッケンロー (3回戦)
  3. アメリカ合衆国の旗 ジミー・コナーズ (ベスト4)
  4. アルゼンチンの旗 ギレルモ・ビラス (ベスト8)
  5. アメリカ合衆国の旗 ビタス・ゲルレイティス (準優勝)
  6. アメリカ合衆国の旗 ハロルド・ソロモン (ベスト4)
  7. アメリカ合衆国の旗 エディ・ディッブス (3回戦)
  8. パラグアイの旗 ビクトル・ペッチ (2回戦)
  9. チェコスロバキアの旗 イワン・レンドル (3回戦)
  10. アメリカ合衆国の旗 ピーター・フレミング (2回戦)
  11. スペインの旗 ホセ・ヒゲラス (1回戦)
  12. チリの旗 ハンス・ギルデマイスター (ベスト8)
  13. ポーランドの旗 ヴォイチェフ・フィバク (ベスト8)
  14. アメリカ合衆国の旗 ビクトル・アマヤ (2回戦)
  15. スペインの旗 マニュエル・オランテス (4回戦)
  16. アルゼンチンの旗 ホセ・ルイス・クラーク (2回戦)

女子シングルス[編集]

  1. アメリカ合衆国の旗 クリス・エバート・ロイド (優勝、2年連続4度目)
  2. アメリカ合衆国の旗 ビリー・ジーン・キング (ベスト8)
  3. オーストラリアの旗 ウェンディ・ターンブル (ベスト8)
  4. イギリスの旗 バージニア・ウェード (3回戦)
  5. オーストラリアの旗 ダイアン・フロムホルツ (ベスト4)
  6. アメリカ合衆国の旗 キャシー・ジョーダン (ベスト8)
  7. チェコスロバキアの旗 ハナ・マンドリコワ (ベスト4)
  8. ルーマニアの旗 バージニア・ルジッチ (準優勝)
  9. チェコスロバキアの旗 レジナ・マルシコワ (大会開始前に欠場)
  10. イギリスの旗 スー・バーカー (大会開始前に欠場)
  11. アメリカ合衆国の旗 アンドレア・イエガー (1回戦)
  12. 西ドイツの旗 シルビア・ハニカ (3回戦)
  13. アメリカ合衆国の旗 キャロライン・ストール (2回戦)
  14. ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ミマ・ヤウソベッツ (3回戦)
  15. アメリカ合衆国の旗 ケイト・レーサム (1回戦)
  16. 西ドイツの旗 ベッティーナ・バンジ (3回戦)

大会経過[編集]

男子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

女子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果[編集]

みどころ[編集]

  • 男子シングルス優勝者のビョルン・ボルグが、3年連続の優勝で全仏オープン「5勝」に到達した。かつて「全仏選手権」の出場資格が1924年までフランス人選手のみに限定されていた時代、アンリ・コシェ1901年 - 1987年)が1922年を含めて5度優勝したことがある。現在ではコシェの1922年の優勝はテニスの「公認記録」から除外されるため、ボルグはコシェを抜いて男子シングルスの大会歴代1位に躍進した。ボルグは同時に、本大会では失セット数0の全試合ストレート勝ちも達成した。

外部リンク[編集]

先代:
1979年全豪オープン
テニス4大大会
1979年 - 1980年
次代:
1980年ウィンブルドン選手権
先代:
1979年全仏オープン
全仏オープン
1980年
次代:
1981年全仏オープン