マニュエル・オランテス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マニュエル・オランテスManuel Orantes, 1949年2月6日 - )は、スペイングラナダ出身の男子プロテニス選手。1970年代から1980年代前半にかけて活躍し、1975年全米オープン男子シングルスで優勝した。左利きの選手。シングルス自己最高ランキングは2位。ATPツアーでシングルス33勝、ダブルス22勝を挙げた。身長177cm、体重75kgで、男子テニス選手としてはやや小柄な体格だった。

来歴[編集]

オランテスが登場する前、スペインの男子テニス界はマニュエル・サンタナが君臨していた。サンタナは1960年代4大大会で「4勝」を挙げた名選手である。そのサンタナの後に続く選手として、オランテスが活躍を始めた。1968年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップスペイン代表選手となる。1969年、オランテスは20歳の時に地元スペインバルセロナの大会で男子ツアー初優勝を飾る。1972年頃から彼は世界のトップレベルに躍進し、1973年に世界ランキングを自己最高の2位に上げた。1974年全仏オープンで、オランテスは初めて4大大会の男子シングルス決勝に進出したが、当時18歳になったばかりのビョルン・ボルグに 6-2, 7-6, 0-6, 1-6, 1-6 のフルセットで逆転負けを喫した。最初の2セットをオランテスが先取した後、第3セット以後は若きボルグが一方的な試合展開を進め、オランテスは全仏オープンでは準優勝に終わった。彼のテニス経歴で最大のハイライトは、1975年全米オープンで訪れた。この決勝戦で、オランテスは大会2連覇を目指したジミー・コナーズを 6-4, 6-3, 6-3 のストレートで圧勝し、4大大会初優勝を飾った。この年は男子ツアーでも年間10勝を挙げ、1976年にも年間7勝を記録している。1977年には日本の「ジャパン・オープン」で優勝した。

その後もオランテスは息長く現役を続行し、デビスカップでは1980年までスペイン代表選手を務め、1982年イギリスボーンマスの大会で最後のシングルス優勝を飾った。1984年のシーズンを最後に現役を引退し、現在はテニス・スクールを経営して後進の育成に携わっている。

オランテスは2012年に国際テニス殿堂入りを果たした。

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1968 1969 1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981 1982 1983 SR
全豪オープン QF A A A A A A A A A A A A A A A 0 / 1
全仏オープン 1R 3R 4R 1R SF 2R F 1R QF A QF 4R 4R 1R A 2R 0 / 14
ウィンブルドン 1R 1R 3R 1R SF A 4R A A A A 4R A A A A 0 / 7
全米オープン A 2R A 4R 3R 3R 2R W QF QF 1R A A A A A 1 / 9
Win–Loss 3–2 3–3 5–2 3–2 11–3 3–2 10–3 7–1 8–2 4–1 4–2 4–2 3–0 0–1 0–0 1–1 1 / 31

外部リンク[編集]