ライナー・シュットラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライナー・シュットラー Tennis pictogram.svg
Rainer Schüttler - Queen's Club 2011.jpg
ライナー・シュットラー
基本情報
ラテン文字名 Rainer Schüttler
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身地 同・コルバッハ
生年月日 1976年4月25日(38歳)
身長 180cm
体重 75kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1995年
引退年 2012年
ツアー通算 8勝
シングルス 4勝
ダブルス 4勝
生涯通算成績 451勝509敗
シングルス 327勝337敗
ダブルス 124勝172敗
生涯獲得賞金 $7,407,508
4大大会最高成績・シングルス
全豪 準優勝(2003)
全仏 4回戦(2003)
全英 ベスト4(2008)
全米 4回戦(2003)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2004・07・10・11)
全仏 ベスト8(2007)
全英 ベスト8(2005)
全米 2回戦(2003・04・06-08)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 5位(2004年4月26日)
ダブルス 40位(2005年7月11日)
獲得メダル
男子 テニス
オリンピック
2004 アテネ ダブルス

ライナー・シュットラーRainer Schüttler, 1976年4月25日 - )は、ドイツコルバッハ出身の男子プロテニス選手。2003年全豪オープン男子シングルス準優勝者。2004年アテネ五輪男子ダブルスで、ニコラス・キーファーとペアを組んだ銀メダル獲得もある。自己最高ランキングはシングルス5位、ダブルス40位。ATPツアーでシングルス4勝、ダブルス4勝を挙げた。身長180cm、体重75kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

来歴[編集]

シュットラーは9歳だった1985年、(当時は旧西ドイツの時代)ボリス・ベッカーウィンブルドンに史上最年少の「17歳7ヶ月」で初優勝した快挙に刺激されてテニスを始めた。1995年にプロ入り。男子テニスの下部組織「チャレンジ・ツアー」を回っていた時期、1996年名古屋の試合でプレーしたことがある(結果はベスト8)。ベッカーとミヒャエル・シュティヒの“後継者”として早くから注目されていた、ニコラス・キーファートミー・ハースの2人に比べて、シュットラーは遅咲きタイプの選手である。1999年1月にドーハの試合でプロ初優勝を遂げ、初めて世界ランキング50位以内に入る。この年から、彼は男子テニス国別対抗戦・デビスカップのドイツ代表選手に選ばれた。

それから4年後、2003年全豪オープンにおいて、第31シードだったシュットラーは準決勝でアメリカアンディ・ロディックを破り、ダークホースの選手として4大大会決勝に初進出を果たす。その決勝戦ではアンドレ・アガシからわずか5ゲームしか奪えず、 2-6, 2-6, 1-6 の完敗で準優勝に終わった。この時、シュットラーはすでに26歳を迎えていた。(この2003年全豪オープンが、アガシの最後の4大大会優勝になった。)

2003年は全豪準優勝の波に乗って好調なシーズンを送り、年間最終ランキング6位につけた。同年10月に来日し、「ジャパン・オープン」の男子シングルス決勝戦でフランスセバスチャン・グロジャンを 7-6, 6-2 で破って優勝している。2004年アテネ五輪の男子ダブルスで、シュットラーはニコラス・キーファーとペアを組み、決勝でチリ代表のニコラス・マスー&フェルナンド・ゴンサレス組に 2-6, 6-4, 6-3, 6-7, 4-6 のフルセットで敗れて銀メダルになった。

それからしばらく好成績がなかったが、2008年4月にダブルスで2大会に優勝する。これでシュットラーの男子ツアーダブルス・タイトルは4つになった。2008年ウィンブルドンにおいて、ライナー・シュットラーは世界ランキング94位の低位置から勝ち進み、32歳にして初のベスト4に進出した。2回戦で第9シードのジェームズ・ブレークアメリカ)を 6-3, 6-7, 4-6, 6-4, 6-4 のフルセットで破って波に乗り、準々決勝のアルノー・クレマンフランス)戦では 6-3, 5-7, 7-6, 6-7, 8-6 で2日がかりの試合を制し、5年前の2003年全豪オープン以来の大舞台に姿を見せた。初進出の準決勝では、第2シードのラファエル・ナダルに 1-6, 6-7, 4-6 のストレートで完敗した。北京五輪の男子シングルスで、シュットラーは1回戦で日本錦織圭を破った後、2回戦でノバク・ジョコビッチセルビア)に敗れた。

シュットラーは2012年全豪オープンの予選で敗退した試合が最後の出場になり、2012年10月に正式に現役引退を発表した[1]

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 12回 (4勝8敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-1)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (0-1)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (1-0)
ATPインターナショナルシリーズ (3-6)
サーフェス別タイトル
ハード (3-6)
クレー (0-2)
芝 (0-0)
カーペット (1-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 1999年1月4日 カタールの旗 ドーハ ハード イギリスの旗 ティム・ヘンマン 6–4, 5–7, 6–1
準優勝 1. 1999年4月5日 インドの旗 チェンナイ ハード ジンバブエの旗 バイロン・ブラック 4–6, 6–1, 3–6
準優勝 2. 2000年1月3日 カタールの旗 ドーハ ハード フランスの旗 ファブリス・サントロ 6–3, 5–7, 0–3 途中棄権
優勝 2. 2001年9月17日 中華人民共和国の旗 上海 ハード スイスの旗 ミシェル・クラトクビル 6–3, 6–4
準優勝 3. 2001年9月24日 香港の旗 香港 ハード チリの旗 マルセロ・リオス 6–7(3), 2–6
準優勝 4. 2001年10月22日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク ハード (室内) ロシアの旗 マラト・サフィン 6–3, 3–6, 3–6
準優勝 5. 2002年4月29日 ドイツの旗 ミュンヘン クレー モロッコの旗 ユーネス・エル・アイナウイ 4–6, 4–6
準優勝 6. 2003年1月13日 オーストラリアの旗 全豪オープン ハード アメリカ合衆国の旗 アンドレ・アガシ 2–6, 2–6, 1–6
準優勝 7. 2003年9月8日 ブラジルの旗 コスタ・ド・サイペ ハード オランダの旗 チャン・シャルケン 2–6, 4–6
優勝 3. 2003年9月29日 日本の旗 東京 ハード フランスの旗 セバスチャン・グロジャン 7–6, 6–2
優勝 4. 2003年10月6日 フランスの旗 リヨン カーペット (室内) フランスの旗 アルノー・クレマン 7–5, 6–3
準優勝 8. 2004年4月19日 モナコの旗 モンテカルロ クレー アルゼンチンの旗 ギリェルモ・コリア 2–6, 1–6, 3–6

ダブルス: 9回 (4勝5敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2001年7月16日 ドイツの旗 シュトゥットガルト クレー アルゼンチンの旗 ギリェルモ・カナス オーストラリアの旗 マイケル・ヒル
アメリカ合衆国の旗 ジェフ・タランゴ
4–6, 7–6(1), 6–4
準優勝 1. 2003年10月20日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク ハード
(室内)
ドイツの旗 ミハエル・コールマン オーストリアの旗 ユリアン・ノール
セルビア・モンテネグロの旗 ネナド・ジモニッチ
6–7(1), 3–6
準優勝 2. 2004年8月15日 ギリシャの旗 アテネ五輪 ハード ドイツの旗 ニコラス・キーファー チリの旗 ニコラス・マスー
チリの旗 フェルナンド・ゴンサレス
2–6, 6–4, 6–3, 6–7(7), 4–6
優勝 2. 2005年1月9日 インドの旗 チェンナイ ハード チャイニーズタイペイの旗 盧彦勲 インドの旗 マヘシュ・ブパシ
スウェーデンの旗 ヨナス・ビョルクマン
7–5, 4–6, 7–6(4)
準優勝 3. 2005年7月4日 スイスの旗 グシュタード クレー ドイツの旗 ミハエル・コールマン チェコの旗 フランティシェク・チェルマク
チェコの旗 レオシュ・フリエドル
6–7(6), 6–7(11)
準優勝 4. 2006年6月18日 ドイツの旗 ハーレ ドイツの旗 ミハエル・コールマン フランスの旗 ファブリス・サントロ
セルビアの旗 ネナド・ジモニッチ
0–6, 4–6
優勝 3. 2008年4月14日 アメリカ合衆国の旗 ヒューストン クレー ラトビアの旗 エルネスツ・ガルビス ウルグアイの旗 パブロ・クエバス
スペインの旗 マルセル・グラノリェルス
7–5, 7–6(3)
準優勝 5. 2007年2月19日 アメリカ合衆国の旗 サンノゼ ハード 南アフリカ共和国の旗 クリス・ハガード アメリカ合衆国の旗 エリック・バトラック
イギリスの旗 ジェイミー・マレー
5–7, 6–7(6)
優勝 4. 2008年5月4日 ドイツの旗 ミュンヘン クレー ドイツの旗 ミヒャエル・ベラー アメリカ合衆国の旗 スコット・リプスキー
アメリカ合衆国の旗 デイビッド・マーティン
7–5, 3–6, [10–8]

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 通算成績
全豪オープン LQ LQ LQ 1R 2R 4R 3R F 1R 2R 1R 1R 2R 1R 2R 1R LQ 14–13
全仏オープン A LQ LQ 1R 1R 1R 2R 4R 1R 1R 1R LQ 1R 1R 1R 1R A 4–12
ウィンブルドン LQ LQ 1R 2R 3R 2R 3R 4R 3R 1R 1R A SF 2R 2R 2R A 19–13
全米オープン A LQ LQ 1R 3R 2R 1R 4R 1R 2R 1R 1R 1R 1R 1R A A 7–12

: 2003年全豪3回戦の不戦勝は通算成績に含まない

脚注[編集]

  1. ^ Schuettler Retires From Professional Tennis After 17-Year Career”. atpworldtour.com. ATP Tour, Inc. (2012年10月11日). 2012年10月13日閲覧。

外部リンク[編集]