アーサー・アッシュ・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーサー・アッシュ・スタジアム
Arthur ashe stadium interior.jpg
施設情報
所在地 USTA Billie Jean King National Tennis Center, Flushing, Queens, New York
開場 1997年4月13日
所有者 USTA
グラウンド DecoTurf
建設費 2億5,400万ドル
設計者 ロセッティ・アーキテクツ
使用チーム、大会
全米オープン(1997年 - )
収容能力
22,547人

アーサー・アッシュ・スタジアム(Arthur Ashe Stadium)はニューヨーククイーンズ区フラッシング・メドウUSTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター内にある世界最大のテニス専用競技場。毎年開催される全米オープンテニスのセンターコートでもある。開幕前のアーサー・アッシュ・キッズデーも開催される。スタジアムはアフリカ系アメリカ人アーサー・アッシュの功績を称えて、それまでのルイ・アームストロング・スタジアムに代わり、1997年に開場。

アーサー・アッシュ・スタジアムは22,547の個席、90のスイート席、5つのレストランと2つのラウンジがあり、ニューヨーク・メッツの本拠地シティ・フィールドの近くにある。そのため、野球とテニスが両方楽しめることもある。

2008年7月19日には女子バスケットボールWNBAニューヨーク・リバティインディアナ・フィーバー」の試合が同所で行われた[1]

2013年、主催するUSTAは5億5000万ドルの建設費をかけて、開閉式屋根を取り付けると発表した。2016年か2017年には完成する予定[2]

出典[編集]

脚注[編集]