リベレツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リベレツ
Liberec Rathaus Aussicht.JPG
Flag of Liberec.svg Znak Liberec.svg
位置
リベレツの位置の位置図
リベレツの位置
座標 : 北緯50度46分12秒 東経15度3分31秒 / 北緯50.77000度 東経15.05861度 / 50.77000; 15.05861
歴史
最初に文献に登場した年 1348年
行政
チェコの旗 チェコ
 州 リベレツ州の旗 リベレツ州
リベレツ
市長 Jiří Kittner
地理
面積  
  域 106.1km2
標高 374m
人口
人口 (2007年現在)
  域 103,737人
    人口密度   978人/km2
公式ウェブサイト : liberec.cz

リベレツチェコ語: Liberec)は、チェコリベレツ州州都ナイセ川の河畔に位置する都市である。ドイツ語ではライヒェンベルクドイツ語: Reichenberg)と称される。周囲はイェシュテド山をはじめ山地に囲まれている。人口は103,737人を有し、チェコでは6番目に大きな都市である。

かつて、14世紀からドイツ人フランドル人などの移住民によって繊維工業が発達し、「ボヘミアマンチェスター」と称された。現在では、ほとんどのチェコ人にとっては巨大な娯楽施設とショッピングセンターであるバビロンセンターがリベレツを第一に想起させる存在となっている。

歴史[編集]

リベレツが最初に文献に登場するのは1348年からで、1622年から1634年までアルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタインの所有地の一部であった。彼の死後、ギャラス (Gallas) 、クラムギャラス (Clam Gallas) 公が所有した。1579年織物工業が導入された。繁栄した地場産業は、30年戦争1680年代の大疫病により中断を余儀なくされた。七年戦争の期間中であった1757年ハプスブルク君主国プロイセン王国との間でライヒェンベルクの戦いが起こっている。

かつてボヘミア第2の都市であったリベレツは、19世紀に急速に開発が進み、その結果市庁舎やオペラハウス、博物館などの19世紀後半の壮観で重要な建築物が残っている。近郊の丘の上からは美しい街並みを望むことが出来る。

第一次世界大戦後、大多数のドイツ人たちはズデーテン地方チェコスロバキアに併合されることを、ウッドロウ・ウィルソンが唱えた十四か条の平和原則民族自決を引用し拒否した。短期間、ライヒェンベルクを首都とするスデーテン独立国が形作られたが、チェコスロバキア軍が侵攻し、後にチェコスロバキアに統合された。1930年代、リベレツは後のナチズムにつながる汎ゲルマン主義の中心地となる。1938年ミュンヘン会談によってナチス・ドイツの中のズデーテンガウ (Sudetengau) の首都となった。第二次世界大戦後はドイツ人は国外追放されることになり、チェコ人が再定住する。

名称の変化[編集]

教育・学術[編集]

  • リベレツ工科大学 (Technická Univerzita v Liberci) - 1953年に技術短期大学として設立され、1995年大学の地位を得る。5000人の学生を有し、医療工学、繊維工学、建築学、メカトロニクス、演劇、経済学の6つの学部がある。
  • 地域科学図書館 (Krajská vědecká knihovna) - 2000年に完成した公共科学図書館。
  • 北ボヘミア博物館 (Severočeské muzeum) - 1873年の建築で、古くて重要な自然科学、芸術、技術のチェコ共和国の博物館。

観光[編集]

  • リベレツ動物園 - 1919年にチェコスロバキア初の動物園として開園し、143種が飼育されている。 
  • リベレツ植物園 - 1876年に設立され、3000㎡を有する。
リベレツのトラム

交通[編集]

スポーツ[編集]

ゆかりの人物[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]

Central-Europe-map.png この「リベレツ」は、中央ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 中央ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ