アメルスフォールト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメルスフォールト
Amersfoort
Sint joriskerk te Amersfoort.JPG
シント=ヨリス教会と、アメルスフォールト市街
Amersfoort flag outline.svg Amersfoort wapen.svg
市旗 市章
位置
アメルスフォールトの位置の位置図
アメルスフォールトの位置
座標 : 北緯52度9分0秒 東経5度23分0秒 / 北緯52.15000度 東経5.38333度 / 52.15000; 5.38333
行政
オランダの旗 オランダ
  ユトレヒト州の旗 ユトレヒト州
 市 アメルスフォールト
市長 アルベルティーネ・ファン・フリート=カイパー(Albertine van Vliet-Kuiper)
地理
面積  
  市域 63.78km2
    陸上   62.88km2
    水面   0.90km2
人口
人口 (2008年6月30日現在)
  市域 142,299人
    人口密度   2,263人/km2
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間UTC+1
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間UTC+2
郵便番号 3800 - 3827
市外局番 033
公式ウェブサイト : http://www.amersfoort.nl/

アメルスフォールトAmersfoort)は、オランダユトレヒト州基礎自治体(ヘメーンテ)及び市。ユトレヒト州第2の都市。

構成[編集]

基礎自治体アメルスフォールトは、アメルスフォールト市、フウフランドフウフランダーフェーンスタウテンブルフ・ノールドの各市町村で構成されている。

歴史[編集]

狩猟採集社会の猟師たちが、中石器時代にアメルスフォールト地域で野営していた。考古学者たちがアメルスフォールト北部でこれらの野営地跡を発見している。野営地跡には、炉床の跡、時には小さな石でできた火打ち石のかたちがあった。

紀元前1000年頃、アメルスフォールト地域の定住地がつくられたが、名前はアメルスフォールトでなかった。アメル川の中にある浅瀬にちなんで名付けられたのである。現在川はエーム川と呼ばれている。11世紀になってアメルスフォールトの名が登場した。現在のホーフ広場として知られる場所周辺から市は成長した。ユトレヒト司教がGelderse valleiを監督するための宮廷を広場に設置していたためである。ユトレヒト司教ヘンドリック・ファン・フィアンデンから、1259年にアメルスフォールトは都市権を授けられた。最初の防御用城壁はレンガでつくられ、1300年頃完成した。すぐに、市の拡張の必要が明白となっていき、1380年頃に新たな城壁の建設が始まり、1450年頃に完成した。有名なコッペルプールト(en)、水陸両方の城門はこの第二次建設の城壁の一部である。初期の城壁は打ち捨てられ、その場所に住宅が建てられた。現在のムールハイゼン(Muurhuizen、壁の家)通りは初期の城壁のあったまさにその場所である。初期の城壁の基礎部分のてっぺんに、住宅の正面が建てられた。

コッペルプールト

聖母の塔(Onze-Lieve-Vrouwentoren[1]は、高さ98mあり、オランダで最も高い中世の教会塔の一つとして知られる。塔と教会の建設は1444年に始まった。教会は1787年の爆発で打ち捨てられたが、塔は無事で、教会のレイアウトはいまも、違った種類の石を使用した歩道が識別できる。現在、RD座標システムの参照地点となっており、オランダ地形学サービスによって座標網目が用いられている。

アメルスフォールトの市中は中世以来よく保存されている。聖母の塔、コッペルプールト、ムールハイゼンから離れて、シント=ヨリス教会がある。

中世、アメルスフォールトは織物産業の重要な地であった。そして数多くのビール醸造所があった。18世紀にはタバコ栽培から市は繁栄を極めた。

第二次世界大戦[編集]

第二次世界大戦中、アメルスフォールト市近郊には強制収容所があった。公式にアメルスフォールト警察通過収容所(Polizeiliches Durchgangslager Amersfoort)と呼ばれた収容所は、カンプ・アメルスフォールトとしてよく知られていた。これは実際には近郊の基礎自治体レウスデンにあった。戦後、収容所の指導者ヨゼフ・コテラは、死刑を宣告された。

ケイスタードの発祥[編集]

Amersfoortse Kei

アメルスフォールトのあだ名、ケイスタード(丸石の市)は、9トンある丸石アメルスフォールトセ・ケイ(Amersfoortse Kei)に由来する。この石は、1661年にソーストの荒れ野から、2人の土地所有者の間の賭のために400人の人々が引きずって市へ持ち込んだという。勝者には誰でもビールとプレッツェルがもらえるというので、人々は褒美をもらった。他の近郊の町は、アメルスフォールトの人々をあだ名でケイフーフト(Keihoofd、石頭)と呼んだ。この話が住民を当惑させ、彼らは丸石を市内に埋めた。しかし、1903年になって埋めた丸石が再発見され、記念物として据えられた。

文化[編集]

  • ゾンネホーフ(Zonnehof) - 小さいが優雅な現代的建築
  • アルマンド美術館 - 教会を修繕してつくられた、画家アルマンドの美術館。多くが現代美術の展示(教会の大半と、展示していた美術品は2007年10月22日に起きた火事で破壊された[2]

交通[編集]

バス[編集]

バスのサービスは三社が行っている。

鉄道[編集]

アメルスフォールトには3つの駅がある:

  • アメルスフォールト駅 - 市中心部にある。エンスヘーデロッテルダムデン・ハーグアムステルダムレーウワルデン/フローニンゲンへの路線がある。
  • アメルスフォールト・スホトホルスト駅 - アメルスフォールト駅の北。平日、1時間に6本の電車がアメルスフォールト駅へ直行し、1時間に2本の電車がズヴォレへ向かう。
  • アメルスフォールト・ファトルスト駅 - アメルスフォールト・スホトホルスト駅の北。平日、1時間に4本の電車がアメルスフォールト駅へ直行し、1時間に2本の電車がズヴォレへ向かう。

道路[編集]

市議会[編集]

市内を流れるエーム川

アメルスフォールト議会は39議席からなり、以下のように分けられている:[3]

ゆかりの著名人[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Onze Lieve Vrouwentoren”. SkyscraperCity. 2008年3月26日閲覧。
  2. ^ “Armando Museum fire”. Armandomuseum.nl. (2007年10月22日). http://www.armandomuseum.nl 2007年11月4日閲覧。 
  3. ^ Zetelverdeling en stemaantallen” (オランダ語). Gemeente Amersfoort. 2008年3月26日閲覧。

外部リンク[編集]