奈良くるみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
奈良くるみ Tennis pictogram.svg
Kurumi Nara (2).jpg
奈良くるみ
基本情報
ラテン文字名 Kurumi Nara
国籍 日本の旗 日本
出身地 同・兵庫県川西市
生年月日 1991年12月30日(22歳)
身長 155.5cm
体重 52kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2009年
ツアー通算 1勝
シングルス 1勝
ダブルス 0勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2014)
全仏 2回戦(2014)
全英 2回戦(2010,2014)
全米 3回戦(2013)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 39位(2014年6月9日)
ダブルス 237位(2010年4月12日)
2014年3月21日現在

奈良 くるみ(なら くるみ、1991年12月30日 - )は、兵庫県川西市出身の日本の女子プロテニス選手。WTAランキング自己最高位はシングルス45位、ダブルス237位。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。大阪産業大学卒業。安藤証券所属。

ジュニア時代[編集]

3歳でテニスを始め、江坂テニスセンターにて元プロテニス選手の水主勝望月寛子らの指導の下、本格的にテニスを学ぶ。奈良はジュニア時代から天才テニス少女としてその名を馳せ、川西市立牧の台小学校在学中の2002年には当時10歳で全国小学生テニス選手権大会準優勝し、[1]。2003年の同大会で優勝[2]大阪産業大学附属中学校進学後の2004年には1年生ながら全国中学生テニス選手権大会女子シングルス部門で優勝[3]。中学3年次の2006年には主催者推薦で全日本テニス選手権女子シングルスに初出場するも1回戦負けに終わっている。大阪産業大学附属高等学校進学後の2007年には1年生で全日本ジュニアテニス選手権18歳以下シングルスで優勝[4]

その他各年代の国内ジュニア大会で多くのタイトルを獲得。またITFジュニアサーキットでは同い年の土居美咲と組んだダブルスで結果を残し、2007年ウィンブルドン選手権女子ジュニアダブルスで日本人ペアとして1993年全米オープン吉田友佳&望月寛子組以来2組目のジュニアグランドスラム女子ダブルス決勝進出を果たし準優勝。土居とのダブルスでは他にも2007年全米オープン2008年ウィンブルドンでそれぞれベスト4の好成績を収めた他、シングルスでは2007年の世界スーパージュニアテニス選手権大会女子シングルスで日本女子として2002年大会の不田涼子以来5年ぶりの優勝を果たす。その一方、2年連続の主催者推薦で出場した全日本選手権女子シングルスでは2回戦で大会第5シード、前年度優勝者の高雄恵利加を 6-2, 6-2 のストレートで、3回戦で第11シードの米村知子を 6-2, 1-6, 6-3 のフルセットで下し、波形純理との準々決勝まで進出する快進撃をみせる。またこの年は土居とのペアでダブルス部門にも本戦勝ち上がりで初出場し2回戦まで進出している。2008年、クルム伊達公子とのダブルスでカンガルー杯優勝、浜名湖で一般大会初優勝する。

プロ転向後[編集]

2009年、プロとなり、全日本選手権シングルス初優勝。 2010年、全仏オープン予選決勝でモニカ・ニクレスクとの 4-6, 7-6, 10-8 の4時間42分の激闘を制し、グランドスラム初出場を果たす。ウィンブルドン選手権でも予選を突破し、1回戦でマリアナ・ドゥケ・マリノを 6-4, 6-2 で破りグランドスラム本戦初勝利を挙げ2回戦に進出した。2回戦では第9シードの李娜に 2-6, 4-6 で敗れた。

2011年の4大大会は予選で全て敗退し、本戦に出場することは出来なかった。7月のアルゼンチンとのフェドカッププレーオフでは初めて代表として出場し、藤原里華とのダブルスで勝利した。

2012年は4大大会の予選を勝ち上がることは出来なかったが、東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントでは予選でポロナ・ヘルツォグエレニ・ダニリドゥを破り本戦に出場した。1回戦ではウルシュラ・ラドワンスカに 2-6, 4-6 で敗れた。

2013年全米オープンでは予選を勝ち上がり2回戦で第19シードのソラナ・チルステアを 7-5, 6-1 で破り初めて4大大会の3回戦に進出した。3回戦では第9シードのエレナ・ヤンコビッチに 4-6, 6-7(7) で敗れた。この活躍によりランキングトップ100入りを果たすと、HPオープンでは準々決勝でポロナ・ヘルツォグを 7-6(7), 2-6, 6-1 で破り初めてツアー大会でベスト4に進出した。準決勝ではウージニー・ブシャールに 2-6, 2-6 で敗れた。

2014年は全豪オープン本戦に初出場し、2勝して3回戦まで進出した。その後、2月にブラジル・リオ・オープンにてツアー初優勝を飾り、世界ランクも48位にアップした。

WTAツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 1回 (1勝0敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2014年2月22日 ブラジルの旗 リオ・オープン クレー チェコの旗 クララ・ザコパロバ 6‐1、4‐6、6‐1

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2010 2011 2012 2013 2014 通算成績
全豪オープン LQ LQ LQ LQ 3R 2-1
全仏オープン 1R LQ LQ LQ 0–1
ウィンブルドン 2R LQ LQ LQ 1–1
全米オープン A LQ LQ 3R 2–1

脚注[編集]

外部リンク[編集]