小畑沙織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小畑沙織
基本情報
ラテン文字名 Saori Obata
国籍 日本の旗 日本
出身地 同・北海道札幌市
生年月日 1978年4月23日(35歳)
身長 165cm
体重 60kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1996年
引退年 2006年
ツアー通算 1勝
シングルス 0勝
ダブルス 1勝
生涯通算成績 399勝324敗
シングルス 281勝222敗
ダブルス 118勝102敗
生涯獲得賞金 $652,031
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2003)
全仏 1回戦(2002-04)
全英 2回戦(2002・04)
全米 3回戦(2003)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 39位(2004年2月9日)
ダブルス 98位(2004年2月9日)

小畑 沙織(おばた さおり, 1978年4月23日 - )は、北海道札幌市出身の元女子プロテニス選手。左利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。身長165cm、体重60kg。シングルス自己最高ランキングは39位(2004年2月9日付)。現役時代はヨネックスに所属した。

来歴[編集]

5歳からテニスを始める。富士見丘高等学校東京都渋谷区)を卒業後、1997年3月にプロ入り。1998年全日本テニス選手権で女子シングルス初優勝を果たしたが、翌1999年の半ば頃に大きな故障を抱え、選手生命を危ぶまれた時期があった。それを乗り越え、この年の11月にデンマークルングステッドで開かれた女子下部ツアーのトーナメントで、予選から勝ち上がって準決勝まで勝ち進んだ。2000年10月、上海市のトーナメントで初めてWTAツアー大会のベスト8進出を果たす。

2003年10月、ウズベキスタンタシュケントの大会で初のWTAツアー決勝進出を果たしたが、スペインビルヒニア・ルアノ・パスクアルに 2-6, 6-7 で敗れ、初優勝はならなかった。その少し前、同年6月のイギリス・イーストボーン国際選手権(ウィンブルドン前哨戦の大会、芝生コート)の1回戦では、当時世界ランキング11位のエレナ・ドキッチから金星を挙げている。

4大大会では、2003年全米オープン2004年全豪オープンの2大会連続で3回戦に進出した。2003年全米オープンの3回戦では、小畑は第2シードのジュスティーヌ・エナン・アーデンに 1-6, 2-6 で完敗している。2004年全豪オープンの3回戦では、フランスナタリー・ドシーに 5-7, 1-6 で敗れた。この後、小畑は世界ランキングを自己最高の39位に上げる。2004年アテネ五輪にも、杉山愛浅越しのぶ森上亜希子とともにテニスの日本代表選手として出場した。女子ダブルスでは小畑と森上がペアを組み、2回戦でアルゼンチン代表のパオラ・スアレス&パトリシア・タラビーニ組に敗れている。

その後は右膝の故障が回復せず、2006年6月1日に28歳で現役引退を発表した。

WTAツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 1回 (0勝1敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ティア I (0–0)
ティア II (0–0)
ティア III (0–0)
ティア IV & V (0–4)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2003年10月12日 ウズベキスタンの旗 タシケント ハード スペインの旗 ビルヒニア・ルアノ・パスクアル 2–6, 6–7(2)

ダブルス: 2回 (1勝1敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2003年2月23日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード (室内) 日本の旗 森上亜希子 ロシアの旗 アリーナ・ジドコワ
オーストラリアの旗 ブリアン・スチュワート
6–1, 6–1

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 通算成績
全豪オープン A LQ 1R LQ 3R 1R 1R 2–4
全仏オープン A LQ 1R 1R 1R LQ A 0–3
ウィンブルドン A LQ 2R 1R 2R 1R A 2–4
全米オープン LQ LQ 1R 3R 1R LQ A 2–3

著書[編集]

外部リンク[編集]