1967年全仏選手権 (テニス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1967年 全仏選手権(Internationaux de France de Roland-Garros 1967)は、フランスパリにある「ローランギャロス・スタジアム」にて、1967年5月22日から6月4日にかけて開催された。

大会の流れ[編集]

  • 男子シングルスは「124名」の選手による7回戦制、女子シングルスは「112名」の選手による7回戦制で行われた。シード選手は男子・女子ともに16名。男子は第1・第2シードを含む4名の選手、女子は16名の選手に「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。

シード選手[編集]

男子シングルス[編集]

  1. オーストラリアの旗 ロイ・エマーソン (優勝、4年ぶり2度目)
  2. オーストラリアの旗 トニー・ローチ (準優勝)
  3. オーストラリアの旗 ジョン・ニューカム (4回戦)
  4. イタリアの旗 ニコラ・ピエトランジェリ (3回戦)
  5. ハンガリーの旗 イシュトヴァン・グヤーシュ (ベスト4)
  6. オーストラリアの旗 マーティン・マリガン (4回戦)
  7. ソビエト連邦の旗 アレックス・メトレベリ (3回戦)
  8. フランスの旗 ピエール・ダーモン (ベスト8)
  9. 南アフリカの旗 ボブ・ヒューイット (4回戦)
  10. 南アフリカの旗 クリフ・ドリスデール (ベスト8)
  11. オランダの旗 トム・オッカー (ベスト8)
  12. オーストラリアの旗 ビル・ボウリー (2回戦)
  13. オーストラリアの旗 オーウェン・デビッドソン (ベスト8)
  14. ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ニコラ・ピリッチ (ベスト4)
  15. チェコスロバキアの旗 ヤン・コデシュ (4回戦)
  16. インドの旗 ヤイディプ・ムカジー (1回戦)

女子シングルス[編集]

  1. アメリカ合衆国の旗 ビリー・ジーン・キング (ベスト8)
  2. イギリスの旗 アン・ヘイドン=ジョーンズ (ベスト8)
  3. ブラジルの旗 マリア・ブエノ (ベスト8)
  4. オーストラリアの旗 レスリー・ターナー (準優勝)
  5. アメリカ合衆国の旗 ロージー・カザルス (4回戦)
  6. フランスの旗 フランソワーズ・デュール (初優勝)
  7. オーストラリアの旗 ケリー・メルビル (ベスト4)
  8. オーストラリアの旗 ジュディ・テガート (4回戦)
  9. 南アフリカの旗 アネッテ・バン・ジル (ベスト4)
  10. アメリカ合衆国の旗 トーリー・フレッツ (3回戦)
  11. オーストラリアの旗 カレン・クランツケ (2回戦)
  12. 西ドイツの旗 ヘルガ・シュルツェ (ベスト8)
  13. ソビエト連邦の旗 ガリーナ・バクシェワ (4回戦)
  14. イギリスの旗 バージニア・ウェード (4回戦)
  15. 南アフリカの旗 パトリシア・ウォークデン (4回戦)
  16. オーストラリアの旗 ゲイル・シェリフ (4回戦)

大会経過[編集]

男子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

女子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果[編集]

外部リンク[編集]

  • 全仏オープン公式サイト提供、PDF形式の抽選表(男子女子
先代:
1967年オーストラリア選手権 (テニス)
テニス4大大会
1967年
次代:
1967年ウィンブルドン選手権
先代:
1966年全仏選手権 (テニス)
全仏オープン
1967年
次代:
1968年全仏オープン