2011年全仏オープン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2011年全仏オープン
開催期間:   5月22日 - 6月5日
通算:   110回目
カテゴリ:   グランドスラム (ITF)
開催地:   フランス, パリ (16区)
優勝者
男子シングルス
スペインの旗 ラファエル・ナダル
女子シングルス
中華人民共和国の旗 李娜
男子ダブルス
ベラルーシの旗 マックス・ミルヌイ / カナダの旗 ダニエル・ネスター
女子ダブルス
チェコの旗 アンドレア・フラバーチコバ / チェコの旗 ルーシー・ハラデツカ
混合ダブルス
アメリカ合衆国の旗 スコット・リプスキー / オーストラリアの旗 ケーシー・デラクア
全仏オープン
 < 2010 2012 > 

2011年 全仏オープン(Internationaux de France de Roland-Garros 2011)は、フランスパリにある「スタッド・ローラン・ギャロス」にて、2011年5月22日から6月5日まで開催された。

シニア[編集]

男子シングルス[編集]

スペインの旗 ラファエル・ナダル def. スイスの旗 ロジャー・フェデラー, 7–5, 7–6(3), 5–7, 6–1

  • ナダルは2年連続6度目の優勝であり、オープン化以降ではビョルン・ボルグと並んで1位である。

女子シングルス[編集]

中華人民共和国の旗 李娜 def. イタリアの旗 フランチェスカ・スキアボーネ, 6–4, 7–0(0)

  • 李娜はアジア人として男女を通して初めての4大大会シングルス優勝である。

男子ダブルス[編集]

ベラルーシの旗 マックス・ミルヌイ / カナダの旗 ダニエル・ネスター def. コロンビアの旗 フアン・セバスチャン・カバル / アルゼンチンの旗 エドゥアルド・シュワンク, 7–6(3), 3–6, 6–4

  • このペアでは初優勝になるが、共に3度目の大会優勝である。

女子ダブルス[編集]

チェコの旗 アンドレア・フラバーチコバ / チェコの旗 ルーシー・ハラデツカ def. インドの旗 サニア・ミルザ / ロシアの旗 エレーナ・ベスニナ, 4-6, 7-6(5), 7-6(3)

  • フラバーチコバとハラデツカにとって4大大会初優勝である。

混合ダブルス[編集]

アメリカ合衆国の旗 スコット・リプスキー / オーストラリアの旗 ケーシー・デラクア def. セルビアの旗 ネナド・ジモニッチ / スロベニアの旗 カタリナ・スレボトニク, 7–6(6), 4–6, [10–7]

  • リプスキーとデラクアにとって4大大会初優勝である。

外部リンク[編集]

先代:
2011年全豪オープン
テニス4大大会
2011年
次代:
2011年ウィンブルドン選手権
先代:
2010年全仏オープン
全仏オープン
2011年
次代:
2012年全仏オープン