1938年全仏選手権 (テニス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1938年 全仏選手権(Internationaux de France de Roland-Garros 1938)に関する記事。フランスパリにある「スタッド・ローラン・ギャロス」にて開催。

大会の流れ[編集]

  • 男子シングルスは「90名」の選手による7回戦制で行われ、38名の選手に「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。シード選手は16名。シード選手でも、1回戦から出場した人と、2回戦から登場した人がいる。2回戦から登場した選手が初戦敗退の場合は「2回戦=初戦」と表記する。
  • 女子シングルスは「37名」の選手による6回戦制で行われ、シード選手は8名であった。5人の選手を絞り落とすため、1回戦は5試合を実施し、他の27名は2回戦から出場した(シード選手は含まず)。女子のシード選手が初戦敗退の場合は「2回戦=初戦」と表記する。

シード選手[編集]

男子シングルス[編集]

  1. アメリカ合衆国の旗 ドン・バッジ (初優勝)
  2. ユーゴスラビア王国の旗 フラニョ・プンチェツ (ベスト4)
  3. チェコスロバキアの旗 ロデリク・メンツェル (準優勝)
  4. フランスの旗 クリスチャン・ボッサス (ベスト8)
  5. チェコスロバキアの旗 ラディスラフ・ヘクト (4回戦)
  6. フランスの旗 イボン・ペトラ (1回戦)
  7. アメリカ合衆国の旗 ジーン・マコ (3回戦)
  8. フランスの旗 ベルナール・デストレモー (ベスト8)
  9. ポーランドの旗 アダム・バヴォロフスキ (4回戦)
  10. チェコスロバキアの旗 フランティシェク・チェイナー (ベスト8)
  11. ユーゴスラビア王国の旗 ドラグティン・ミティッチ (ベスト8)
  12. ユーゴスラビア王国の旗 ヨシップ・パラーダ (ベスト4)
  13. アメリカ合衆国の旗 オーウェン・アンダーソン (4回戦)
  14. アメリカ合衆国の旗 ウィリアム・ロバートソン (1回戦)
  15. フランスの旗 アンドレ・マルタン=レゲイ (2回戦=初戦)
  16. ユーゴスラビア王国の旗 フラニョ・ククリェビッチ (4回戦)

女子シングルス[編集]

  1. フランスの旗 シモーヌ・マチュー (初優勝)
  2. オーストラリアの旗 ナンシー・ウィン (3回戦)
  3. フランスの旗 シルビ・アンロタン (ベスト8)
  4. イギリスの旗 バレリー・スコット (2回戦=初戦)
  5. フランスの旗 アーレット・ハルフ (ベスト4)
  6. オーストラリアの旗 ネル・ホール・ホップマン (3回戦)
  7. オランダの旗 ロリン・コカーク (ベスト4)
  8. チェコスロバキアの旗 エスター・ハイン=ミュラー (2回戦=初戦)

大会経過[編集]

男子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

女子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果[編集]

外部リンク[編集]

  • 全仏オープン公式サイト提供、PDF形式の抽選表(男子女子
先代:
1938年オーストラリア選手権 (テニス)
テニス4大大会
1938年
次代:
1938年ウィンブルドン選手権
先代:
1937年全仏選手権 (テニス)
全仏オープンテニス
1938年
次代:
1939年全仏選手権 (テニス)