1926年全仏選手権 (テニス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1926年 全仏選手権(Internationaux de France de Roland-Garros 1926)に関する記事。フランスパリにある「スタッド・ローラン・ギャロス」にて開催。

大会の流れ[編集]

  • 男子シングルスは「75名」の選手による7回戦制で行われた。11人の選手を絞り落とすため、1回戦は11試合を実施し、他の53名は2回戦から出場した。
  • 男子シングルスのシード選手は16名であったが、第5シード・第11シード・第12シードの3人は1回戦から出場した。他のシード選手が初戦敗退した場合は「2回戦=初戦」と表記する。
  • 女子シングルスは「32名」の選手による5回戦制で行われ、シード選手は8名であった。1926年に関しては、人数調整は不要で(32名=2の5乗)1回戦不戦勝はない。

シード選手[編集]

男子シングルス[編集]

  1. アメリカ合衆国の旗 ビンセント・リチャーズ (ベスト4)
  2. フランスの旗 ルネ・ラコステ (準優勝)
  3. アメリカ合衆国の旗 ハワード・キンゼイ (ベスト8)
  4. フランスの旗 アンリ・コシェ (優勝、2年ぶり2度目:国際大会化後の初優勝)
  5. ベルギーの旗 ジャン・ワッシャー (ベスト8)
  6. フランスの旗 ジャン・ボロトラ (ベスト4)
  7. スイスの旗 シャルル・エシュリマン (4回戦)
  8. イギリス領インド帝国の旗 アタール・アリ・ファイジー (2回戦=初戦)
  9. ハンガリーの旗 ベラ・フォン・ケーリング (ベスト8)
  10. ルーマニアの旗 ニコラス・ミシュー (ベスト8)
  11. オランダの旗 ヘンドリク・ティマー (2回戦)
  12. チェコスロバキアの旗 ヤン・コジェルフ (4回戦)
  13. スペインの旗 ホセ・マリア・テハダ (4回戦)
  14. ソビエト連邦の旗 レオンス・アスラングール (4回戦)
  15. アルゼンチンの旗 ギレルモ・ロブソン (4回戦)
  16. イギリスの旗 コリン・グレゴリー (4回戦)

女子シングルス[編集]

  1. フランスの旗 スザンヌ・ランラン (優勝、国際大会化前から数えて6度目)
  2. アメリカ合衆国の旗 ヘレン・ウィルス (2回戦)
  3. アメリカ合衆国の旗 メアリー・ブラウン (準優勝)
  4. アメリカ合衆国の旗 エリザベス・ライアン (ベスト8)
  5. イギリスの旗 ジョーン・フライ (ベスト4)
  6. イギリスの旗 キティ・マッケイン (ベスト8)
  7. フランスの旗 ジュリー・ブラスト (1回戦)
  8. フランスの旗 イボンヌ・ブルジョワ (1回戦)

大会経過[編集]

男子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

女子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果[編集]

外部リンク[編集]

  • 全仏オープン公式サイト提供、PDF形式の抽選表(男子女子
先代:
1926年オーストラレーシアン選手権
テニス4大大会
1926年
次代:
1926年ウィンブルドン選手権
先代:
1925年全仏選手権 (テニス)
全仏オープンテニス
1926年
次代:
1927年全仏選手権 (テニス)