1968年全仏オープン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1968年 全仏オープン(Internationaux de France de Roland-Garros 1968)は、フランスパリにある「スタッド・ローラン・ギャロス」にて、1968年5月27日から6月9日にかけて開催された。

大会の流れ[編集]

  • グランドスラム大会にプロテニス選手の出場を解禁する「オープン化制度」のもとで開かれた最初のイベントとして、本年度からこの大会は「全仏オープン」(英語名称:French Open)の名称になった。
  • 男子シングルスは「128名」の選手による7回戦制で行われ、シード選手は16名であった。実際にエントリーした選手は総計135名であったため、7名の選手を本戦から減らす必要があり、本戦1回戦の前に7試合を実施した。
  • 女子シングルスは「96名」の選手による7回戦制で行われ、32名の選手は「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。シード選手は16名。シード選手でも、1回戦から出場した人と、2回戦から登場した人がいる。2回戦から登場した選手が初戦敗退の場合は「2回戦=初戦」と表記する。

シード選手[編集]

男子シングルス[編集]

  1. オーストラリアの旗 ロッド・レーバー (準優勝)
  2. オーストラリアの旗 ケン・ローズウォール (優勝、15年ぶり2度目)
  3. スペインの旗 アンドレス・ヒメノ (ベスト4)
  4. オーストラリアの旗 ロイ・エマーソン (ベスト8)
  5. アメリカ合衆国の旗 パンチョ・ゴンザレス (ベスト4)
  6. オーストラリアの旗 フレッド・ストール (2回戦)
  7. オーストラリアの旗 ルー・ホード (大会開始前に欠場)
  8. 南アフリカの旗 ボブ・ヒューイット (3回戦)
  9. ルーマニアの旗 イオン・ティリアック (ベスト8)
  10. 西ドイツの旗 ウィルヘルム・ブンゲルト (大会開始前に欠場)
  11. イタリアの旗 ニコラ・ピエトランジェリ (大会開始前に欠場)
  12. ハンガリーの旗 イシュトヴァン・グヤーシュ (4回戦)
  13. アメリカ合衆国の旗 クリフ・リッチー (4回戦)
  14. オーストラリアの旗 レイ・ラッフェルズ (4回戦)
  15. チェコスロバキアの旗 ヤン・コデシュ (大会開始前に欠場)
  16. ソビエト連邦の旗 アレックス・メトレベリ (大会開始前に欠場)

女子シングルス[編集]

  1. アメリカ合衆国の旗 ビリー・ジーン・キング (ベスト4)
  2. イギリスの旗 アン・ヘイドン=ジョーンズ (準優勝)
  3. フランスの旗 フランソワーズ・デュール (4回戦)
  4. アメリカ合衆国の旗 ロージー・カザルス (4回戦)
  5. アメリカ合衆国の旗 ナンシー・リッチー (初優勝)
  6. オーストラリアの旗 ケリー・メルビル (4回戦)
  7. チェコスロバキアの旗 ブラスタ・ボピコワ (ベスト8)
  8. ブラジルの旗 マリア・ブエノ (ベスト8)
  9. 南アフリカの旗 パトリシア・ウォークデン (4回戦)
  10. イタリアの旗 レア・ペリコリ (2回戦=初戦)
  11. 南アフリカの旗 アネッテ・デュプロイ (ベスト4)
  12. ソビエト連邦の旗 ガリーナ・バクシェワ (4回戦)
  13. メキシコの旗 エレナ・スビラッツ (ベスト8)
  14. オーストラリアの旗 ゲイル・シェリフ (ベスト8)
  15. 西ドイツの旗 エダ・ブディング (4回戦)
  16. フランスの旗 モニーク・サルファティ (2回戦)

大会経過[編集]

男子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

女子シングルス[編集]

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果[編集]

外部リンク[編集]

先代:
1968年オーストラリア選手権 (テニス)
テニス4大大会
1968年
次代:
1968年ウィンブルドン選手権
先代:
1967年全仏選手権 (テニス)
全仏オープン
1968年
次代:
1969年全仏オープン