ライアン・スウィーティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライアン・スウィーティング Tennis pictogram.svg
Ryan Sweeting at the 2010 US Open 01.jpg
ライアン・スウィーティング
基本情報
ラテン文字名 Ryan Sweeting
国籍 バハマの旗 バハマ (2006年まで)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 (2006年-現在)
出身地 バハマ・ナッソー
生年月日 1987年7月14日(27歳)
身長 196cm
体重 83kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2006年
ツアー通算 1勝
シングルス 1勝
ダブルス 0勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2011・12)
全仏 1回戦(2010・11)
全英 2回戦(2011・12)
全米 2回戦(2006)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2012)
全仏 1回戦(2011)
全英 2回戦(2010)
全米 2回戦(2009)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 64位(2011年9月12日)
ダブルス 139位(2008年2月4日)
2014年1月7日現在

ライアン・スウィーティングRyan Sweeting, 1987年7月14日 - )は、バハマナッソー出身のアメリカ合衆国の男子プロテニス選手。ATPツアーでシングルス1勝を挙げている。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。自己最高ランキングはシングルス64位、ダブルス139位。

来歴[編集]

6歳からテニスを始める。ジュニア時代は2005年全米オープンのジュニア男子シングルスの決勝でジェレミー・シャルディーを 6–4, 6–4 で破り優勝している。2006年全米オープンに主催者推薦で4大大会に初出場した。1回戦でギリェルモ・コリアが途中棄権したことにより2回戦に進んだが、2回戦でオリビエ・ロクスに 2-6, 6-3, 6-4, 4-6, 0-6 のフルセットで敗れた。4大大会では2回戦進出が最高である。

2011年4月の全米男子クレーコート選手権ではツアー初の決勝に進出し、決勝で錦織圭を 6–4, 7–6(3) で破り初優勝を果たした[1]

私生活では人気女優ケイリー・クオコと2012年9月に交際3カ月で婚約し、12月31日に結婚している[2]

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 1回 (1勝0敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (1–0)
サーフェス別タイトル
ハード (0-0)
クレー (1-0)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2011年4月10日 アメリカ合衆国の旗 ヒューストン クレー 日本の旗 錦織圭 6–4, 7–6(3)

ダブルス: 1回 (0勝1敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2009年4月6日 アメリカ合衆国の旗 ヒューストン ハード アメリカ合衆国の旗 ジェシー・レビン アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
1–6, 2–6

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 通算成績
全豪オープン A A LQ LQ LQ 2R 2R LQ 2–2
全仏オープン A A A LQ 1R 1R A A 0–2
ウィンブルドン A LQ LQ LQ 1R 2R 2R A 2–3
全米オープン 2R 1R 1R 1R 1R 1R A A 1–5

脚注[編集]

外部リンク[編集]