ケイリー・クオコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケイリー・クオコ
Kaley Cuoco
ケイリー・クオコKaley Cuoco
本名 Kaley Christine Cuoco
生年月日 1985年11月30日(28歳)
出生地 カリフォルニア州カマーリロ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
声優
活動期間 1992年 - 現在
配偶者 ライアン・スウィーティング(2013年 - )
公式サイト http://twitter.com/#!/KALEYCUOCO
主な作品
パパにはヒ・ミ・ツ
ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則
チャームド』シリーズ

ケイリー・クオコKaley Cuoco、本名:Kaley Christine Cuoco1985年11月30日 - )は、アメリカ合衆国女優声優。 『パパにはヒ・ミ・ツ』でのブリジット・ヘネシー役や、『チャームド』シリーズでのビリー・ジェンキンス役で知られる。

来歴[編集]

ケイリー・クリスティン・クオコ(以下、ケイリー)は、カリフォルニア州カマーリロに、ゲーリー・カーミン・クオコとレイン・アン・ウィンゲートの娘として生まれた。

女優としての経歴[編集]

ケイリーの女優としてのキャリアは、1992年のテレビ映画『Quicksand: No Escape』に始まる。2000年のテレビ映画『青春の日々/ゆかいなブレディ一家 (原題:Growing Up Brady)』でのモーリーン・マコーミック役や、CBSシットコム『Ladies Man』で注目を浴びた。

ケイリーは2002年ABCの『パパにはヒ・ミ・ツ』でヘネシー家の長女を演じたが、次女を演じたエイミー・デビッドソンよりも6歳年少である。また、ケイリーは『パパにはヒ・ミ・ツ』でのエピソードをコールドオープンで風刺した。

ケイリーは2004年ディズニーチャンネルの『ブランディ アンド Mr.ウィスカーズ』のブランディ・ハリントンを声優として演じた。また、ケイリーは2004年に『チャームド』でビリー・ジェンキンス(行方不明の姉クリスティを探す魔女)としてシリーズを通して出演し、ホリー・マリー・コームズアリッサ・ミラノローズ・マッゴーワンと共演した。また、ケイリーは2004年に映画『The Hollow』でニック・カーターやケヴィン・ゼガーズと共演した。また、ケイリーは、2004年にNBCの『10.5』、ABCファミリーの『Crimes of Fashion』や『Debating Robert Lee』などに出演した。

ケイリーは、2007年に公開された映画『To Be Fat Like Me』で、キャリアで初めて主役を演じた。また、ケイリーは、FOXの『プリズン・ブレイク』の「The Message」、「Chicago」のエピソードに出演した。また、ケイリーは2007年9月24日からCBSのシットコム『ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則』に出演している。

私生活[編集]

2007年10月29日、ケイリーはABCのトーク番組『The View』で、あるデザイナーの男性とデートをしたことを打ち明けた。ケイリーは、そのデザイナーに関する情報は全く話さなかったが、俳優の友人が多くないことや、もう俳優とはデートはしないことを打ち明けた。しかし、2013年夏、『マン・オブ・スティール』のヘンリー・カヴィルと交際を始めた。彼と数週間で破局した後、テニス選手のライアン・スウィーティングと交際し、同年9月婚約。2013年12月31日深夜、カリフォルニア州サンタスサナで結婚式を挙げた[1]

トリビア[編集]

  • ケイリーは、2004年の、FHMによる『アメリカのセクシーな女優ベスト100』で、75位にランクインした。
  • ケイリーは、2002年に女優業に専念するまで、世界アマランクにランクインするほどのテニスプレーヤーだった。
  • 趣味の一つが乗馬。『ビッグバン★セオリー』のシーズン3のDVDには付録のインタビューで、女優にならなかったら乗馬関連の仕事に就いていただろうと話している(共演者から「ブリーダーか?」とツッコミが入っている)。シーズン4の収録期間中、落馬事故を起こし左足首を開放骨折し、2エピソードを休演した。

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]