ジョン・イスナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・イスナー
Flickr - Carine06 - John Isner.jpg
ジョン・イスナー
基本情報
ラテン文字名 John Isner
フルネーム John Robert Isner
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ノースカロライナ州
グリーンズボロ
生年月日 1985年4月26日(28歳)
身長 208cm
体重 108kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2007年
ツアー通算 11勝
シングルス 8勝
ダブルス 3勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2010)
全仏 3回戦(2010・13)
全英 2回戦(2010・11)
全米 ベスト8(2011)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2009)
全仏 3回戦(2008)
全英 出場なし
全米 2回戦(2009)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 9位(2012年4月16日)
ダブルス 26位(2012年4月2日)
2014年1月18日現在

ジョン・ロバート・イスナーJohn Robert Isner, 1985年4月26日 - )は、アメリカノースカロライナ州グリーンズボロ出身の男子プロテニス選手。ジョージア大学卒業。身長208cm、体重108kgの巨体から繰り出す高速サーブを最大の武器にする選手。これまでにATPツアーでシングルス8勝、ダブルス3勝を挙げる。自己最高ランキングはシングルス9位、ダブルス26位。日本語の資料によっては「ジョン・アイズナー」の表記も見られる。

来歴[編集]

イスナーは父親が建築家、母親は不動産業者という家庭に生まれ、9歳からテニスを始めた。少年時代はその長身を生かしてバスケットボールもプレーしたが、16歳でテニスに専念する。彼は2004年から2007年までジョージア大学の学生テニス選手として活動し、2007年のNCAAテニス選手権でシングルス準優勝・ダブルス優勝を成し遂げた後にプロ選手となった。同年7月の「レッグ・メーソン・テニス・クラシック」(アメリカ・ワシントンD.C.開催)で決勝に進み、同じアメリカのアンディ・ロディックに 4-6, 6-7(4) で敗れて準優勝になる。8月末の全米オープンで、イスナーは主催者推薦(ワイルドカード)から3回戦に進出し、第1シードのロジャー・フェデラースイス)から第1セットのタイブレークを奪取した。この試合には 7-6(4), 2-6, 4-6, 2-6 で敗れたものの、イスナーはアメリカ期待の新星として一躍有名になった。彼の身長(208cm)は、現在のATPツアーではイボ・カロビッチクロアチア)の211cmに次ぐ2番目の長身である。

2008年4大大会では、シングルスはすべて1回戦敗退に終わったが、全仏オープンの男子ダブルスでサム・クエリー(同じアメリカの選手)と組んだ3回戦進出があった。7月のアメリカ・ロードアイランド州ニューポート大会で、イスナーはマーディ・フィッシュとペアを組み、男子ツアーでダブルス初優勝を挙げた。フィッシュとは2009年全豪オープンの男子ダブルス部門でもペアを組んで出場し、ベスト8進出の成績を残している。その後、イスナーは春に患った伝染性単核球症のため、しばらくの間戦線を離脱し、全仏オープンウィンブルドンを欠場した。

彼はそのプレースタイルから、1試合の中で多数のサービス・エースを奪っても、それを試合の勝利に結びつけられない時が多かった。その一例として、2009年全豪オープン1回戦では、ドミニク・フルバティスロバキア)から39本のサービスエースを奪ったが、6-7(4), 6-2, 2-6, 5-7のスコアで敗退した[1]。 ようやく2009年全米オープンで、イスナーはシングルスで2年ぶりの初戦突破を果たし、3回戦で第5シードのアンディ・ロディックを破る勝利を挙げた。この試合ではイスナーが38本のサービスエースを奪い、同じく強力サーブを最大の武器にするロディックも20本のサービスエースを放ち、両者合計で58本のサービスエースが乱れ飛ぶ戦いとなったが、最終第5セットのタイブレークの末に 7-6(3), 6-3, 3-6, 5-7, 7-6(5) のスコアでイスナーが競り勝った。4回戦では第10シードのフェルナンド・ベルダスコスペイン)に 6-4, 4-6, 4-6, 4-6 で敗れた。この大会では、アメリカからの男子シード選手だったロディック、ジェームズ・ブレークサム・クエリーの3人がすべて3回戦で敗退したため、イスナーは米国男子のシングルス最高成績をマークした。

2010年に入り、イスナーは年頭のニュージーランドオークランド大会の決勝でアルノー・クレマンフランス)を破り、男子ツアーでシングルス初優勝を果たした。続く全豪オープンでは、シード選手の1人だったジル・シモンフランス)の直前欠場により、繰り上げで「第33シード」を与えられ、そこから4回戦まで勝ち進んだ。前年度の全米オープンに続く2大会連続の進出となった4回戦では、第5シードのアンディ・マリーイギリス)に 6-7(4), 3-6, 2-6 のストレートで敗退した。

2010年のウィンブルドン選手権では男子シングルス1回戦において、6月22日から24日にかけてニコラ・マユと史上最長試合となる11時間5分の試合を戦い、6-4, 3-6, 6-7, 7-6, 70-68 で制した[2]。それまでの最長記録は2004年全仏オープンで記録された6時間33分だった。日没による中断が2回、イスナーは113本のサービスエースを記録した[3]。また、対戦相手のマユも103本のサービスエースを記録し、合計215本のサービスエースが飛び交った。疲労が蓄積されたためか、続く2回戦ではティエモ・デ・バッカーに1時間14分でストレート負けし、サービスエースも1本にとどまった[4]

2011年1月のホップマンカップではベサニー・マテック=サンズと組み優勝。予選ではマユと再戦し 6-3, 7-6 で勝利。全豪オープンでは3回戦のマリン・チリッチクロアチア)に 6-4, 2-6, 7-6, 6-7, 7-9 のフルセットで競り負けた。また、全仏オープン1回戦で男子シングルス1位のラファエル・ナダルスペイン)と対戦。長いリーチと時速210km台の高速サーブを活かしナダルを脅かすも、4時間を越える 4-6, 7-6, 7-6, 2-6, 4-6 のフルセットの末、惜敗した。7月のテニス殿堂選手権では決勝でオリビエ・ロクスを 6–3, 7–6(6) で破りシングルスツアー2勝目を挙げた。アトランタ大会では決勝でマーディ・フィッシュに敗れたが、ウィンストン・セーラム大会ではジュリアン・ベネトーに 4–6, 6–3, 6–4 で勝利してシングルス3勝目を挙げた。全米オープンでは4回戦でジル・シモンを 7-6(2), 3-6, 7-6(2), 7-6(4) で破り4大大会では初のベスト8に進出。準々決勝ではアンディ・マリーに 5-7, 4-6, 6-3, 6-7(2) で敗れた。

2012年全豪オープンでは3回戦でフェリシアーノ・ロペスに敗れた。2月のデビスカップ1回戦のスイス戦ではロジャー・フェデラーを 4-6, 6-3, 7-6(4), 6-2 で破りチームの勝利に貢献した。3月のBNPパリバ・オープンでは初めてマスターズ1000大会のシングルス決勝に進出し、ロジャー・フェデラーに 6–7(7), 3–6 で敗れて準優勝になった。4月の全米男子クレーコート選手権でも準優勝し、自己最高の9位を記録している。

全仏オープンでは2回戦でポール=アンリ・マチューに 7–6, 4–6, 4–6, 6–3, 16–18 で敗れた。試合時間は5時間41分で大会史上2番目の長時間試合となった。(大会最長記録は2004年のファブリス・サントロアルノー・クレマンの6時間33分である。)7月のテニス殿堂選手権では決勝でレイトン・ヒューイットを 7–6(1), 6–4 で破り連覇を果たした。7月のロンドン五輪でオリンピックに初出場した。シングルスではベスト8に進出し、準々決勝でロジャー・フェデラーに 4–6, 6–7(5) で敗れている。8月のウィンストン・セーラム大会は決勝でトマーシュ・ベルディハを 3–6, 6–4, 7–6(9) で勝利し大会連覇を果たした。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 17回 (8勝9敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-2)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-2)
ATPワールドツアー・250シリーズ (8–5)
サーフェス別タイトル
ハード (5–7)
クレー (1-2)
芝 (2-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2007年5月8日 アメリカ合衆国の旗 ワシントンD.C. ハード アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック 4–6, 6–7(4)
優勝 1. 2010年1月16日 ニュージーランドの旗 オークランド ハード フランスの旗 アルノー・クレマン 6–3, 5–7, 7–6(2)
準優勝 2. 2010年2月21日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード (室内) アメリカ合衆国の旗 サム・クエリー 7–6(3), 6–7(5), 3–6
準優勝 3. 2010年5月9日 セルビアの旗 ベオグラード クレー アメリカ合衆国の旗 サム・クエリー 6–3, 6–7(4), 4–6
準優勝 4. 2010年7月25日 アメリカ合衆国の旗 アトランタ ハード アメリカ合衆国の旗 マーディ・フィッシュ 6–4, 4–6, 6–7(4)
優勝 2. 2011年7月10日 アメリカ合衆国の旗 ニューポート ベルギーの旗 オリビエ・ロクス 6–3, 7–6(6)
準優勝 5. 2011年7月24日 アメリカ合衆国の旗 アトランタ ハード アメリカ合衆国の旗 マーディ・フィッシュ 3–6, 7–6(6), 6–2
優勝 3. 2011年8月27日 アメリカ合衆国の旗 ウィンストン・セーラム ハード フランスの旗 ジュリアン・ベネトー 4–6, 6–3, 6–4
準優勝 6. 2012年3月18日 アメリカ合衆国の旗 インディアンウェルズ ハード スイスの旗 ロジャー・フェデラー 6–7(7), 3–6
準優勝 7. 2012年4月15日 アメリカ合衆国の旗 ヒューストン クレー アルゼンチンの旗 フアン・モナコ 2–6, 6–3, 3–6
優勝 4. 2011年7月15日 アメリカ合衆国の旗 ニューポート オーストラリアの旗 レイトン・ヒューイット 7–6(1), 6–4
優勝 5. 2012年8月25日 アメリカ合衆国の旗 ウィンストン・セーラム ハード チェコの旗 トマーシュ・ベルディハ 3–6, 6–4, 7–6(9)
優勝 6. 2013年4月14日 アメリカ合衆国の旗 ヒューストン クレー スペインの旗 ニコラス・アルマグロ 6–3, 7–5
優勝 7. 2013年7月28日 アメリカ合衆国の旗 アトランタ ハード 南アフリカ共和国の旗 ケビン・アンダーソン 6–7(3), 7–6(2), 7–6(2)
準優勝 8. 2013年8月4日 アメリカ合衆国の旗 ワシントンD.C. ハード アルゼンチンの旗 フアン・マルティン・デル・ポトロ 6-3, 1-6, 2-6
準優勝 9. 2013年8月18日 アメリカ合衆国の旗 シンシナティ ハード スペインの旗 ラファエル・ナダル 6–7(8), 6–7(3)
優勝 8. 2014年1月11日 ニュージーランドの旗 オークランド ハード チャイニーズタイペイの旗 盧彦勲 7–6(4), 7–6(7)

ダブルス: 6回 (3勝3敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2008年7月7日 アメリカ合衆国の旗 ニューポート アメリカ合衆国の旗 マーディ・フィッシュ インドの旗 ロハン・ボパンナ
パキスタンの旗 アイサム=ウル=ハク・クレシ
6–4, 7–6
優勝 2. 2010年2月21日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード
(室内)
アメリカ合衆国の旗 サム・クエリー イギリスの旗 ロス・ハッチンス
オーストラリアの旗 ジョーダン・カー
6–4, 6–4
準優勝 1. 2010年5月2日 イタリアの旗 ローマ クレー アメリカ合衆国の旗 サム・クエリー アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
2–6, 3–6
準優勝 2. 2011年4月9日 アメリカ合衆国の旗 ヒューストン クレー アメリカ合衆国の旗 サム・クエリー アメリカ合衆国の旗 ボブ・ブライアン
アメリカ合衆国の旗 マイク・ブライアン
7–6(4), 2–6, [5–10]
優勝 3. 2011年5月15日 イタリアの旗 ローマ クレー アメリカ合衆国の旗 サム・クエリー アメリカ合衆国の旗 マーディ・フィッシュ
アメリカ合衆国の旗 アンディ・ロディック
不戦勝
準優勝 3. 2012年3月18日 アメリカ合衆国の旗 インディアンウェルズ ハード アメリカ合衆国の旗 サム・クエリー スペインの旗 マルク・ロペス
スペインの旗 ラファエル・ナダル
2–6, 6–7(3)

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 通算成績
全豪オープン A 1R 1R 4R 3R 3R A 1R 7–6
全仏オープン A 1R A 3R 1R 2R 3R 5–5
ウィンブルドン A 1R A 2R 2R 1R 2R 3–5
全米オープン 3R 1R 4R 3R QF 4R 3R 16–7

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Match Facts
  2. ^ テニス=ウィンブルドン男子単の最長試合、3日がかりで決着”. Reuters (2010年6月25日). 2010年7月8日閲覧。
  3. ^ お疲れイスナーあっさり敗退/ウィンブルドン”. サンケイスポーツ (2010年6月25日). 2010年7月8日閲覧。
  4. ^ テニス=ウィンブルドン男子単、最長試合記録のイスナー敗退”. Reuters (2010年6月25日). 2010年7月8日閲覧。

外部リンク[編集]