ミカエル・ペルンフォルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミカエル・ペルンフォルス Tennis pictogram.svg
基本情報
ラテン文字名 Mikael Pernfors
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
出身地 同・マルメ
生年月日 1963年7月16日(51歳)
身長 172cm
体重 68kg
利き手
ツアー経歴
デビュー年 1985年
引退年 1996年
ツアー通算 4勝
シングルス 3勝
ダブルス 1勝
生涯通算成績 181勝161敗
シングルス 140勝114敗
ダブルス 41勝47敗
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(1990)
全仏 準優勝(1986)
全英 4回戦(1986・87)
全米 4回戦(1989)
4大大会最高成績・ダブルス
全仏 3回戦(1988)
全米 2回戦(1988)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 10位
ダブルス 32位

ミカエル・ペルンフォルスMikael Pernfors, 1963年7月16日 - )は、スウェーデンマルメ出身の元男子プロテニス選手。1986年全仏オープンテニス男子シングルス準優勝者。シングルス自己最高ランキングは10位。身長172cm、体重68kg、右利き。「パーンフォース」の表記も多く見られる。

全米学生テニス選手権の優勝を経て、1985年にプロ入り。同年10月にブラジルの「ポルト・アレグレ」の大会でプロ初優勝。1986年全仏オープンでは、わずか3度目の4大大会出場であったが、ノーシードから破竹の快進撃で勝ち進んだ。2回戦で同じスウェーデンステファン・エドベリを 6-7, 7-5, 6-3, 2-6, 6-4 のフルセットで破る番狂わせに始まり、準々決勝では前年度のウィンブルドン優勝者ボリス・ベッカー、準決勝では地元フランス期待のアンリ・ルコントを破って決勝に進んだ。しかし、決勝戦では当時の世界ランキング1位であったイワン・レンドルの前に何もできず、3-6, 2-6, 4-6 のストレートで完敗して準優勝に終わった。この当時、スウェーデンのテニス界はエドベリとマッツ・ビランデルの世界的な活躍で盛り上がりが続いていたが、無名の伏兵だったペルンフォルスの活躍も大きな反響を呼んだ。同年のウィンブルドンでも活躍し、大会前年優勝者ボリス・ベッカーとの4回戦まで進出する。全米オープンでは2回戦でソ連アンドレイ・チェスノコフに敗退したが、この年にペルンフォルスは世界ランキングを一気に10位まで上げた。1986年度末の男子最終ランキングではスウェーデン勢としてビランデル、エドベリ、ペルンフォルスの3人が世界トップ10位以内に入り、当地のテニス界は大いに沸き立った。しかし、その後の全仏オープンでは運に恵まれず、1987年-1989年の3年連続で1回戦敗退に終わってしまう。

その後ペルンフォルスの好成績は少なかったが、1987年に「セイコー・スーパー・テニス」で来日したことがあり、準決勝でイワン・レンドルに 0-6, 2-6 で敗れた。1988年には男子テニスツアーで年間2勝を挙げたが、1988年9月中旬のアメリカロサンゼルスの大会では、決勝戦で当時18歳のアンドレ・アガシを 6-2, 7-5 で破った優勝もある。

1990年全豪オープンでベスト8に入った時は、4回戦で珍事があった。対戦相手のジョン・マッケンローが審判への暴言をやめなかったため、第4セットの途中(ペルンフォルスのスコア:1-6, 6-4, 5-7, 4-2 / すなわち、マッケンローがセット・カウント 2-1 とリード中)で主審から「失格」を言い渡されたのである。これに観客は憤り、試合会場を立ち去ってしまった。ペルンフォルスはハプニングから初の全豪準々決勝に進んだが、フランスヤニック・ノアに 3-6, 5-7, 2-6 のストレートで敗れた。

ペルンフォルスは1996年4月のトーナメントを最後に現役を引退し、現在は35歳以上の現役引退選手を対象にしたシニア・ツアーに参戦している。

外部リンク[編集]