BUNRAKU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BUNRAKU
Bunraku
監督 ガイ・モシェ
脚本 ガイ・モシェ
原案 ボアズ・デヴィッドソン
製作 キース・コーダー
アレックス・マクダウェル
ラム・バーグマン
ガイ・モシェ
ナヴァ・レヴィン
出演者 ジョシュ・ハートネット
GACKT
音楽 テレンス・ブランチャード
撮影 ファン・ルイス・アンチア
編集 ザック・ステンバーグ
グレン・ガーランド
製作会社 Snoot Entertainment
Picturesque Films
ラム・バーグマン・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ARCエンターテイメント/エクスエルレイター・メディア
日本の旗 松竹
公開 日本の旗 2010年10月27日TIFF
アメリカ合衆国の旗 2011年9月30日(限定)
日本の旗 2012年1月14日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
日本語
製作費 $25,000,000[1]
テンプレートを表示

BUNRAKU』(ブンラク、原題: Bunraku)は、2010年アメリカ合衆国ファンタジーアクション映画
本作は、日本古典芸能である“文楽”にインスパイアされて生み出されたため『BUNRAKU』のタイトルがついた。
第23回東京国際映画祭特別上映作品。撮影期間は2008年4月17日から同年6月23日[1]

ストーリー[編集]

核戦争後の荒廃した世界。ニコラという男が牛耳る街に、二人の男が姿を現す。一人はニコラに勝負を挑むためやって来た流れ者。そしてもう一人はヨシというサムライで、曾祖父の代に奪われた家宝の竜の紋章を取り戻すためにやって来たのだ。しかし、日本料理店を営むヨシの叔父がニコラの手下に殺され、叔父の娘モモコが拉致されてしまう。ニコラと因縁を持つバーテンダーによって引き合わされた二人は、ニコラに挑むため共闘する事になる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
流れ者 ジョシュ・ハートネット 森川智之
ヨシ GACKT GACKT
アレクサンドラ デミ・ムーア 水野ゆふ
バーテンダー ウディ・ハレルソン 原康義
ニコラ ロン・パールマン 廣田行生
ヨシの叔父(モモコの父) 菅田俊 山内健嗣
モモコ 海保エミリ 大関英里
殺し屋 #2 ケヴィン・マクキッド 池田秀一
語り マイク・パットン 野島昭生

参考文献[編集]

  1. ^ a b Bunraku (2010) - Box office / business” (英語). IMDb. 2012年7月14日閲覧。

外部リンク[編集]