トニー・オーバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トニー・ルイ・アレクサンドル・オーバンTony Louis Alexandre Aubin, 1907年12月8日 パリ - 1981年9月21日 同地)はフランス作曲家音楽教師

1925年から1930年までパリ音楽院にてサミュエル・ルソー和声法を、ノエル・ギャロン対位法を、フィリップ・ゴーベール管弦楽法と作曲を、ポール・デュカに作曲を師事。1930年カンタータ《アクテオン Actéon 》によりローマ大賞を受賞。その後は放送局に勤務した。1944年より1977年までパリ音楽院にて作曲法の教授を務めた。

バレエ音楽歌劇劇付随音楽映画音楽など、舞台音楽の作曲家ではあるが、2曲の交響曲や幾多の管弦楽曲も遺しており、ほかにチェロ協奏曲室内楽曲ピアノ曲合唱曲歌曲もある。

主要作品一覧[編集]

声楽曲・合唱曲
舞台音楽
  • バレエ Fourberies (1950年/1952年)
  • バレエ《フランツ・シューベルトのモチーフによるヴァリアシオン》 Variations (1953年)
  • バレエ《ヨハネス・ブラームスのモチーフによるグラン・パ》 Grand pas (1953年)
  • 抒情劇 Périls, Lyrisches Drama, (1956年/1958年)
  • 歌劇《ゴヤの青春》 La jeunesse de Goya (1968年/1970年)
交響曲
  • 第1番《ロマンティック》 "Romantique", (1934年/1936年)
  • 第2番 (1944年)
管弦楽曲
  • フルートクラリネット管弦楽のための《エオリア組曲》 Suite éolienne (1956年)
  • 交響的スケルツォ《地獄の狩猟(騎士ペコパン)》 La Chasse infernale (Le chevalier Pécopin), Scherzo Symphonique (1941年/1942年)
室内楽
ピアノ曲
ギター独奏曲
  • Hidalgoyas, (1975年)