コンチェルティーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コンチェルティーノ: concertino)は、コンチェルタート様式に関する歴史的な概念と、楽種に関する近代的な概念の二つに分かれる。

バロック音楽におけるコンチェルティーノ[編集]

コンチェルティーノとは、合奏協奏曲において、アンサンブルから、より小さなまとまりに別れた楽器群を指す。反対語リピエーノであり、これはコンチェルティーノと対比されている。

コンチェルティーノとは、二つの集団のうち小さな方を指してはいるが、その音楽の素材は一般的に、リピエーノよりも演奏技巧が要求される。さらにコンチェルティーノは、主題の素材をリピエーノと共有せずに、独自の楽想を呈示する。この大小のグループの対比や、双方の主題間の相違は、バロック音楽に非常に特徴的な原理である。

古典派以降のコンチェルティーノ[編集]

ジャンルとしてのコンチェルティーノは、自由に構成された短い(もしくは小さな)協奏曲のことを指す。同義語に、ドイツ語コンツェルトシュテュックKonzertstück)があり、これは日本語で小協奏曲ともいう。通常は、単独楽章からなる、独奏楽器とオーケストラのための楽曲であるが、複数の楽章が間断なく演奏される作品例もある。

有名なコンチェルティーノ[編集]

フランツ・リストシューベルトの《さすらい人幻想曲》をピアノと管弦楽のための作品に編曲した際、ウェーバーの《コンツェルトシュテュック》を意識したと言われており、またリストは逆に、ウェーバーのこの協奏作品を、ピアノ独奏曲に編曲している。