空 (仏教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仏教における(くう、: śūnya(シューニャ)または: śūnyatā(シューニャター): suññatā(スンニャター)[要出典])とは、一切法因縁によって生じたものだから体・本体・実体と称すべきものがなく空しい(むなしい)こと[1][注釈 1]。空は仏教全般に通じる基本的な教理である[1]

原語・原義[編集]

原語はサンスクリットの形容詞 シューニャ(śūnya)、名詞形はシューニャター(Śūnyatā) で、後者は「空なること」を意味するため、しばしば空性と漢訳される[2][1]。śūnya は舜若(しゅんにゃ)と音写し、 śūnyatā は舜若多(しゅんにゃた)と音写する[1]

インドにおけるシューニャの概念[編集]

シューニャ(サンスクリット語: शून्य, śūnya)は、śū (= śvA, śvi、成長・繁栄を意味する動詞)からつくられた śūna から発展し、「…を欠いていること」という意味である。また、「膨れ上がった」、「うつろな」を意味する。転じて、膨れ上がったものは中空であるの意味もあり、初期の仏典にもその意味で登場することがある。シューニャはインドの数学における 0 (ゼロ)の名称でもある。

概説[編集]

分類[編集]

二空(人空と法空)[編集]

法相宗の三空[編集]

四空[編集]

法法相空(法相空)、無法無法相空(無法相空)、自法自法相空(自法相空)、他法他法相空(他法相空)[1]。大集経巻五四、大品般若経巻五で説かれる[1]

六空[編集]

七空[編集]

十空[編集]

十一空[編集]

十六空[編集]

十八空[編集]

仏典における扱い[編集]

初期仏教[編集]

  • 「常に気をつけて、世界を空であると観ぜよ」 -- 『スッタニパータ』1119偈
  • 「この講堂には牛はいない、牛についていえば空(欠如)である。しかし比丘がおり、比丘についていえば空(欠如)ではない」 -- 『小空性経』(中部経典、中阿含経

般若経[編集]

般若経』が説かれて初めて大乗仏教の根幹をなす教えが完成した。その中で空が繰り返し主張されている[注釈 2]

大品般若経』では「空」を「諸法は幻の如く、焔(陽炎)の如く、水中の月の如く、虚空の如く、響の如く、ガンダルヴァの城[注釈 3]の如く、夢の如く、影の如く、鏡中の像の如く、化(変化)の如し」と十喩を列挙して説明している。さらに空を分類して、内空・外空・内外空・空空・大空・第一義空・有為空・無為空・畢竟空・無始空・散空・性空・自相空・諸法空・不可得空・無法空・有法空・無法有法空の十八空(経典によっては二十空)を挙げ詳説している。

中論[編集]

『中論』は、勝義諦(真諦)と世俗諦(俗諦)という2種の真理があるとする二諦説を述べる。前者は直接認識された非相対的な世界であり、後者は言語によって概念的に認識された相対的な世界である。言葉では表現できない釈迦の「さとり」は真諦であり、言葉で表現された釈迦の言葉を集めた経典などは俗諦であるとされる。さらに、龍樹は「無自性空」から「中」もしくは「中道」もほぼ同義語として扱い、釈迦の中道への回帰を説いている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 一切は空であると観見することを空観という[1]
  2. ^ ただし、『金剛般若経』のような最初期のものと見られる般若経典には、「空」の語彙は出て来ない[3][要ページ番号]
  3. ^ インドラに仕える音楽神であるガンダルヴァが幻術で作り出す城で、蜃気楼のこと[要出典]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 総合仏教大辞典 1988, p. 279-281.
  2. ^ 中村元三枝充悳 『バウッダ』 小学館〈小学館ライブラリー〉、1996年、p.373。
  3. ^ 長尾雅人戸崎宏正訳 『大乗仏典〈1〉般若部経典―金剛般若経・善勇猛般若経』 中央公論社〈中公文庫〉、2001年。

参考文献[編集]

  • 総合仏教大辞典編集委員会(編) 『総合仏教大辞典』上巻、法蔵館、1988年1月

関連項目[編集]