多羅菩薩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
多羅菩薩
Tara Borobudur 2.jpg
蓮花を持つ多羅菩薩
(インドネシアジャワ島ボロブドゥール
多羅菩薩
梵名 ターラー
別名 多羅仏母
救度仏母
白多羅菩薩
緑多羅菩薩
黄多羅菩薩
赤多羅菩薩
青多羅菩薩

ターラー(たーらー、梵名tārā [ターラー])は、仏教で信仰される女性の尊格(チベット語名:སྒྲོལ་མ་、sgrol ma、[ドゥルマ]、漢字名:多羅,多羅仏母、救度仏母)。手に青い蓮の花を持つ。種字は、チベット仏教ではターム(tāṃ, ཏཱཾ། ཏཱྃ)[1][2]、日本仏教では taṃ等[3]

大乗仏教〜中期密教では、観音菩薩の目から発せられる聖なる光から生まれた16歳の少女の姿の菩薩とされ、日本では密教五仏の影響を受け、白多羅(白ターラー菩薩)、緑多羅(緑ターラー菩薩)、黄多羅(黄ターラー菩薩)、赤多羅(赤ターラー菩薩)、青多羅(青ターラー菩薩)などとも呼ばれている。

後期密教では、女身のまま発心し、資糧を積み、解脱を果たしたとされ[4]ターラー菩薩二十一尊白ターラーリクチェーマ(རིག་བྱེད་མ་)、弁財天(དབྱངས་ཅན་མ་)、吉祥天(དཔལ་ལྡན་ལྷ་མོ་)など仏教に帰依する女性の姿の菩薩は、ターラーが化身したものとされる[5]

概要[編集]

誕生(大乗仏教〜中期密教)[編集]

この菩薩は、観音菩薩が「自分がいくら修行しても、衆生は苦しみから逃れられない」と悲しんで流した二粒の涙から生まれた。右目の涙からは白ターラーが、左目の涙からは緑ターラーが生まれた。 彼女たちは「衆生の済度を助ける」と発願し、菩薩は悲しみを克服したという[6]

誕生(後期密教)[編集]

無量劫の昔、鼓声仏(སངས་རྒྱས་སྔ་སྒྲ་)という仏に信仰を持つナーゾー・オー(སྣ་ཚོགས་འོད་)国の王女ジュニャーナ・チャンドラー(ཡེ་ཤེས་ཟླ་བ་)として生まれ、[鼓声仏の弟子たちに、女身のまま衆生に利益するという誓願を立てる[7]。95劫に渡り、ナーゾー・オー国の王城の地にて衆生を禅定に入らせ続け、「(輪廻から)解き放つ女人」(sgrol ma, སྒྲོལ་མ་)と呼ばれるようになった[8]。比丘「無垢の光を放つもの」(དྲི་མེད་པའི་འོད་ཀྱི་སྣང་བ་)が十方の諸仏から灌頂を受けて聖観世音(འཕགས་པ་སྤྱན་རས་གཟིགས་)になったと同時に自身も灌頂を受け、聖観音と無上ヨーガを行じたのち、聖観音の胸から「女尊ターラー(ལྷ་མོ་སྒྲོམ་མ་)」として生まれた[9]。。

日本密教と多羅菩薩[編集]

日本密教では、胎蔵曼荼羅蓮華部院(観音院)において、右列上から5番目の位置に「諸観音」のひとつ多羅菩薩として配置される[10][11]

チベット密教とターラー[編集]

西チベット王家が招聘したアティーシャの弟子ドムトゥンがなした一派をカダム派というが、アティーシャに倣い、釈迦如来・観音菩薩・不動明王・ターラー菩薩を「四本尊」とした[12]

女性の仏は仏母 (ユム) と呼ばれるが、如来と同格であり、特に仏眼・マーマキー・白衣・ターラーの四仏母は曼荼羅に頻繁に登場する。ちなみに『秘密集会』の曼荼羅にあっては、四仏母は四隅に位置して四大を表すが、ターラーは「風」を象徴する[13]

なお、ゲルク派では、息災・増益・敬愛の「柔和な3修法」(ジャムスム)の護摩法にはターラーを本尊とすることがある[14]

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所前代表のカルマ・ゲレク・ユトクは観音菩薩が化身した猿とターラー菩薩が化身した鬼女の間に生まれた子孫がチベット民族だという人類起源神話を紹介している[15]

真言[編集]

蔵訳仏典
ཨོཾ་ཏཱ་རེ་ཏུཏྟཱ་རེ་ཏུ་རེ་སྭཱཧཱ།། (oṃ tāre tuttāre ture svāhā) 

オーム・ターレ・トゥッターレ・トゥレ・スヴァーハー[16]
オン タレ トゥタレ トゥリ ソーハー[17]

漢訳仏典
根本十字真言 : oṃ唵 tā多 re哩 tu咄 ta多 re哩 tu都 re哩 svā莎 hā訶[18]
救度八難真言 : oṃ唵 tā多 re哩 tu咄 ta多 re哩 tu都 re哩 sa薩 rba哩嚩二合 pa琶 ya耶 nā那 ca舍 na儞 sa薩 rba哩嚩二合 daḥ覩 kho枯 tā多 re哩 ṇi禰 svā莎 hā訶[19]

脚注[編集]

  1. ^ 参考文献5, p.114
  2. ^ 参考文献8, 平岡宏一,準備中
  3. ^ 参考文献6, 「種字と一覧表」,<諸観音>, p.448。同書では、この他に、tā, tra, traṃなどのヴァリアントも提示。
  4. ^ 参考文献4, f3a,l.1-f4b,l.4
  5. ^ 参考文献4, f3a,l.4-f4b,l.1
  6. ^ アジアの仏像と宝具がわかる本(田村雄アルマット国際語学社)p72,73を参照
  7. ^ 参考文献4, f3a,l.3-f4b,l.2
  8. ^ 参考文献4, f4b,ll.2-4
  9. ^ 参考文献4, f4b,ll.2-4
  10. ^ 参考文献6, p,448
  11. ^ 参考文献7, p,227
  12. ^ 田中公明『チベット密教』春秋社,1993 p.37参照
  13. ^ 田中同書 p150-151,p169-171参照
  14. ^ 田中同書 p.221参照
  15. ^ チベット文明の誕生 | ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
  16. ^ 参考文献5, pp.134,146
  17. ^ 平岡宏一による表記
  18. ^ 聖救度佛母二十一種禮讚經, 大正大蔵経目録 Vol. 20, No. 1108A
  19. ^ 聖救度佛母二十一種禮讚經, 大正大蔵経目録 Vol. 20, No. 1108A

参考文献[編集]

  1. 田中公明『チベット密教』春秋社,1993
  2. チベット文明の誕生 | ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
  3. 田村雄アルマット『アジアの仏像と宝具がわかる本』国際語学社
  4. དམར་བཅང་ལྷུག་པར་བཀོད་པ་ཙིཏྟ་མ་ཎིའི་དོ་ཤལ།,(出版元, 目録掲載番号調査中)
  5. クンチョック・シタル, ソナム・ギャルツェン・ゴンタ, 斎藤保高 著『実践 チベット仏教』春秋社, 1995。ISBN 4-393-13272-6
  6. 種智院大学密教学会 『梵字大鑑』 名著普及会、1983年5月、初版。
  7. 静慈圓 『慈雲流の意義と実習 梵字悉曇』 朱鷺書房、1997年11月。ISBN 4-88602-172-7