病院坂の首縊りの家 (1979年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金田一耕助 > 石坂浩二の金田一耕助シリーズ > 病院坂の首縊りの家 (1979年の映画)
病院坂の首縊りの家
監督 市川崑
脚本 日高真也
市川崑
原作 横溝正史
製作 市川崑
馬場和夫
黒沢英男
出演者 石坂浩二
佐久間良子
桜田淳子
音楽 田辺信一
撮影 長谷川清
編集 小川信夫
長田千鶴子
製作会社 東宝映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1979年5月26日
上映時間 139分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 女王蜂
次作 犬神家の一族
テンプレートを表示

病院坂の首縊りの家』(びょういんざかのくびくくりのいえ)は、1979年昭和54年)5月26日に公開された日本映画横溝正史作による同名の長編推理小説の映画化作品である。製作は東宝映画、配給は東宝。監督は市川崑、主演は石坂浩二

あらすじ[編集]

ある日、吉野市の先生(横溝正史)の所へ名探偵金田一耕助(石坂浩二)が訪ねてくる。そこで金田一はしばらく旅に出るつもりである事を告げる。パスポートの写真を撮るために、先生が薦める写真館へ赴く金田一。そこから事件が始まる。

写真館を訪れた金田一にその写真館の主人・本條徳兵衛(小沢栄太郎)は、殺されそうになったので調査して欲しいと依頼する。金田一が写真を撮ったその日、女性(桜田淳子)が写真館を訪れる。その女性は「結婚写真を撮りたいのである場所に夜来て欲しい」と告げ、消えて行った。そのある場所とは、他に正式な名前がありながら、ある時から「病院坂」と呼ばれるようになった場所にある、誰もが空き家と考えていた家であった。その日の夜、男(あおい輝彦)が写真館を訪れ、その廃屋とも呼べる場所で写真を撮る。そして写真が出来上がる日、廃屋を再び訪れた写真屋の若主人・直吉(清水紘治)は、風鈴のように吊り下げられたその男の生首を発見することとなる。

警察では捜査本部が設けられ、等々力(とどろき)警部(加藤武)の指揮のもと捜査が開始される。写真に写り、殺されていた男は山内敏男で、ジャズバンドのメンバーであった。そのバンドメンバーとして妹の小雪(桜田淳子)、吉沢(ピーター)などの名前が浮かんでくる。等々力警部の捜査が続く中、写真館の主人本條、バンドメンバーの吉沢などが殺されていく。自分に調査を依頼していた本條の死を聞いた金田一は呆然とする。

写真館で下働きをしていた黙太郎(草刈正雄)の協力の下に、金田一は調査を行っていく。そこで浮かんできたのは、昔ながらの風習と人の業によって苦しめられた、様々な人たちの悲しい人生であった。殺された法眼家の娘・由香利と山内敏男の妹・小雪が瓜二つというトリックや、その2人の出生の秘密などの謎が絡み合い、物語は悲劇的結末へと向かっていく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ロケ地[編集]

三重県伊賀市上野

  • 旧小田小学校(吉野警察署)
  • 伊賀街道 上田商店前
  • 伊賀上野城(オープニング坂)

備考[編集]

法眼由香利と山内小雪役は桜田淳子が一人二役で演じているが、封切前までは小雪役は桜田に似た女優が演じているという設定でキャンペーンが行われた。桜田が出演した歌番組などでは、彼女とどこが似ているかなどを語っていた。

外部リンク[編集]