ケイ陽郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「滎陽郡」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

滎陽郡(けいよう-ぐん)は、中国にかつて存在した晋代から隋代にかけて、現在の河南省中部に設置された。

概要[編集]

266年泰始2年)、滎陽郡が立てられた。滎陽郡は司州に属し、郡治は滎陽県に置かれた。

のとき、滎陽郡は滎陽・陽武苑陵中牟開封の8県を管轄した[1]

南朝宋のとき、滎陽郡は京・密・滎陽・巻・陽武・苑陵・中牟・開封・成皋の9県を管轄した[2]

423年泰常8年)、北魏が滎陽郡を奪った。495年太和19年)、虎牢に東中府が置かれ、滎陽郡は東中府に属した。

東魏のとき、滎陽郡は北豫州に属し、滎陽・成皋・京・密・巻の5県を管轄した[3]

北斉のとき、滎陽郡は成皋郡と改められた。

北周のとき、成皋郡は滎州に属した。

581年開皇元年)、隋により滎州は鄭州と改められ、成皋郡は鄭州に属した。583年(開皇3年)、郡制が廃止されると、成皋郡は廃止されて、鄭州に編入された。596年(開皇16年)、鄭州は管州と改められた。605年大業元年)、鄭州の称にもどされた。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、鄭州は滎陽郡と改称された。滎陽郡は管城汜水滎沢原武・陽武・圃田浚儀酸棗新鄭・滎陽・開封の11県を管轄した[4]

621年武徳4年)、王世充を平定すると、滎陽郡は鄭州と改められた[5]

脚注[編集]

  1. ^ 晋書』地理志上
  2. ^ 宋書』州郡志二
  3. ^ 魏書』地形志二中
  4. ^ 隋書』地理志中
  5. ^ 旧唐書』地理志一