ななつ星in九州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ななつ星in九州
Seven Stars in Kyushu at Aso Station 20131103.jpg
営業運転を開始し、阿蘇駅で運転停車中の「ななつ星in九州」牽引機関車のDF200形7000番台と77系客車。
阿蘇駅 2013年11月)
概要
種類 寝台列車臨時列車
運行開始 2013年10月15日[1]
運営者 九州旅客鉄道(JR九州)
路線
起点 博多駅
終点 博多駅
車内サービス
クラス A寝台
就寝 「DXスイート」(7号車)
「スイート」(3・4・5・6号車)
食事 ダイニングカー「ジュピター」(2号車)
展望 ラウンジカー「ブルームーン」(1号車)
技術
車両 DF200形ディーゼル機関車・77系客車
大分鉄道事業部大分車両センター
軌間 1,067 mm

クルーズトレイン「ななつ星in九州」(クルーズトレイン ななつぼしインきゅうしゅう、CRUISE TRAIN SEVEN STARS IN KYUSHU)は、九州旅客鉄道(JR九州)が運行する寝台列車である。

概要[編集]

「ななつ星in九州」のエンブレム
(隼人駅 2013年10月)

九州各地を巡り、自然・食・温泉・歴史などを楽しむことを目的とした観光寝台列車である。2013年10月15日に運行を開始した[2][3]。2012年10月から予約の受け付けを開始し、2013年10月 - 12月の平均倍率は7.27倍だった[4]。1人あたりの価格は1泊2日で15万円 - 40万円(車中泊)、3泊4日で38万円 - 95万円(車中2泊・旅館1泊)で、関東関西など国内観光客やアジアの富裕層の利用を見込んでいる[5]

この計画は以前からJR九州のデザイン顧問である水戸岡鋭治が構想を練っていたもので[6]、2011年1月にJR九州から発表された[7]。仮称として「クルーズトレイン」などと呼ばれていたが[7][8]、同年5月28日にJR九州から列車名や詳細が発表された[2]

列車名は、九州の7つの県(福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県[9]と、九州の主な7つの観光素材(自然・食・温泉・歴史文化・パワースポット・人情・列車)[9]、そして7両編成の客車を表現したものである。

JR九州では本車両を「大人の空間」と位置づけているため、ツアー参加者は中学生以上に限定されている。車内の共用スペースでのドレスコードは「スマートカジュアル」と定められ、ジーンズやサンダルは禁止である。車内は全面禁煙で、寝台個室にテレビは設置しない[10]

本列車を申し込む際は、参加者全員の名前を登録する必要がある。チケットを購入後、その中の1名を変更する場合、名義変更手数料として1万円が必要である。転売防止のため、2名とも変更することはできない[11]

2014年、ブルネル賞を受賞[12]

運転区間[編集]

半年ごとにコースが変更される。2015年3月から2016年2月までのコースは以下のとおり[13]。3泊4日コースと1泊2日コースをそれぞれ週に1回ずつ運行する[2]。これらは旅行商品(パッケージツアー)として販売されるため[14]、本列車は団体専用列車の扱いとなる。発売窓口はJR九州のクルーズトレイン専用窓口と主要旅行会社、さらに4月2日からは博多駅3階のJR博多シティ改札口外に設けられる専用ラウンジ「金星」でも旅行相談及び対面販売も行われる[15]。第1期(2013年10月から12月の出発分)の予約受付が2012年10月1日から31日に行われたが、定員の7倍以上の応募があったため抽選となった[16]

なお、機関車や客車の検査により長期運休となる場合がある。

3泊4日コース
1泊2日コース

1泊2日コースの場合は全コース走行後に編成が逆向きとなるため、次の3泊4日コースまでの日曜日の夜から火曜日の朝にかけて鹿児島本線・日豊本線・久大本線を走行し列車の向きを戻す[17]

使用車両[編集]

専用のディーゼル機関車1両と、客車7両で運転されている。機関車・客車ともにすべて大分鉄道事業部大分車両センターに所属している[18]

機関車[編集]

日本貨物鉄道(JR貨物)が保有する北海道支社電気式ディーゼル機関車DF200形を設計の基本として、「ななつ星in九州」仕様に外観などを設計変更した[9]型式表記は「DF200-7000」が使用され、連結器は77系客車と同様に密着式自動連結器を採用しているが、並型自動連結器と連結する際には連結器の動きを、上下左右から左右のみの動きに切替えるための切替レバーが装備されている[注 1][19]。2013年7月2日に製造元の川崎重工業兵庫工場から車体に傷防止の黒いカバーがされた状態で大分へ向けて甲種鉄道車両輸送が実施された[20]

なお、回送の際には黒色塗装に塗り替えられたDE10形が牽引する。

客車[編集]

運行開始時の編成図
ななつ星in九州
号車 1 2 3 4 5 6 7
設備 L・EG D・EG SA2Handicapped Accessible sign.svg SA2 SA2 SA2 SSA2
形式 マイ
77-7001
マシフ
77-7002
マイネ
77-7003
マイネ
77-7004
マイネ
77-7005
マイネ
77-7006
マイネフ
77-7007
定員 - - 6 6 6 6 4
凡例
SSA2 = 特別A寝台2人用個室「DXスイート」
SA2 = A寝台2人用個室「スイート」
Handicapped Accessible sign.svg = 車椅子対応スイートあり
D = ダイニングカー「ジュピター」
L = ラウンジカー「ブルームーン」
EG = 電源車

専用の77系客車が使用される[21]寝台車5両とダイニングカーラウンジカーで構成された7両一編成で、製造はJR九州小倉総合車両センターが1 - 3号車を、日立製作所が4 - 7号車をそれぞれ担当した。小倉総合車両センター担当車の車体構体は日立製作所で製造された。寝台個室はスイート12室、DXスイート2室の計14室で、定員は28名[9]である。客車の形式には旧一等寝台車を示す「イネ」の記号が1955年に廃止されて以来58年ぶりに使用されている。

まず、日立製作所担当の客車4両(4 - 7号車)が完成し、DF200形と同じく黒いラッピングフィルムによるカバーを装着した状態で7月18日に日立製作所笠戸事業所から小倉へと甲種鉄道車両輸送され[22]、小倉総合車両センターで製造された客車3両(1 - 3号車)とともに8月1日に小倉総合車両センターで構内試運転が実施され、8月15日からJR九州管内での本線試運転が開始された。車両製造費は7両編成で約30億円である。

客車が7両編成となったのは「山間部の(線路・駅設備等の)制約が大きく、機関車を入れて8両・約160mが限界」という社内での検討の結果による。関係者への取材によれば「社長(唐池恒二)からは『もう1両増やせないか』という話があった」ものの結局断念したという[23]

車体は817系電車のものを基調とした[9]アルミニウム合金のダブルスキン構造を採用しており[注 2]、客室内の天井の高さを最大限確保するため、屋根高さを車両限界に近い4080mmとした。空調装置は、1・2号車は21000kcal/hの容量のAU700形を各2基ずつ、3 - 7号車は6000kcal/hのAU701形を各5基搭載しており、空調カバーと屋根のカーブを極力合わせている。1・2号車には、床下にサービス電源用発電エンジンのSAD40HE-2形[注 3]を搭載しており、320kVAの発電機を駆動させることにより三相交流440V/60Hzを出力させ、各車に装備されたKE10形ジャンパ連結器[注 4]で連結され各車両に引き通されて電力を供給する。また、制御回路は別のKE70形ジャンパ連結器で連結され各車両に引き通されている。

ブレーキは電気指令式空気ブレーキを採用しており、1号車と7号車にブレーキ読替え器を搭載して、機関車から客車へのブレーキ指令を送るブレーキ管の圧力変化を電気信号に読替えてから電気回路で各車にブレーキ指令を送りブレーキを作動させる。また、電気指令式空気ブレーキが使用できない場合には、各車にバックアップで搭載されたCL形自動空気ブレーキ[注 5]に切替えて運転を継続できるようになっている。

台車787系電車のTR400形をベースにした軽量ボルスタレス車台車のDT407K形で、基礎ブレーキは踏面ブレーキとディスクブレーキを装備しており、軸箱支持装置は円筒積層ゴム式で軸バネのコイルバネ内に装備されている。軸箱の上には軸ダンパが装備されており、台車枠が空気ばね(枕ばね)を介して車体と取付られている間には、アンチヨーダンパの他、上下方向の振動に対して、ダンパの減衰力を切替えて振動を緩和させる可変減衰上下動セミアクティブダンパを装備している[注 6]。さらに、1号車と7号車には、空気圧式のフルアクティブダンパを搭載しており[注 7]、それを作動させる他に、台車の枕ばね(空気ばね)や空気ブレーキを働かせるための圧縮空気を、4・6号車に搭載したMH3095K-SC1500形電動空気圧縮機により供給されるが、機関車からも元空気ダメ管を連結して客車で必要な圧縮空気の供給を行う。

各車両は密着連結器で連結されており、衝動緩和を図っているが、機関車の連結部は密着式自動連結器を装備している。また、連結時には、機関車との間でKE158形ジャンパ連結器を連結して、機関車側で客車のブレーキ不緩解・火災表示・エンジン故障表示・非常警報表示などの客車の情報を監視できるシステムになっている。また、内外装のデザインは水戸岡鋭治が担当している[2]。2013年9月13日には報道陣に公開された[24]

寝台個室は全室シャワー・トイレ付き。ただし、水タンクの容量が2日分しかないため、3泊4日コースの場合は2日目の夜(旅館泊)に車両を一度鹿児島車両センターに回送して、水及び燃料を補給する[25]。洗面台の洗面鉢は、2013年6月15日に死去した14代目酒井田柿右衛門の遺作である[26][27]

ラウンジカー「ブルームーン」(マイ77-7001)[28]
JR九州小倉総合車両センターで製造され、ラウンジカーとして1号車に組成される。走る社交場として車内には共用空間のラウンジと展望室を設け、左の側面に大窓、右にはバーカウンターを備えている。客室にはピアノを据え付け、床下には電源装置を備えている。この車両の側扉は展望室車端部に設けられた非常扉のみで、客用扉は持たない。食事時間は2号車とともにダイニングとして使用し、夜間はバーになり、朝まで過ごすことができる。
ダイニングカー「ジュピター」(マシフ77-7002)[28]
小倉総合車両センターで製造されたダイニングカーで2号車に組成され、この車両の床下にはラウンジカーと同じく電源装置を備えている。なお、ジュピターとは「木星」の意。
スイート寝台車(マイネ77-7003 - 7006)
編成中に4両連結される寝台車両で3 - 6号車に組成され、1両あたり3室、4両合計で12室設置されるゲストルームは全てスイートルームである。両サイドの車窓を楽しめるように通路と客室が3・5号車と4・6号車で逆に配置されており、3号車の一室は車椅子対応となっている。製造は3号車を小倉総合車両センターが、4 - 6号車を日立製作所が担当している。
DXスイート寝台車(マイネフ77-7007)
日立製作所で製造された展望室をもつ寝台車で、編成端の7号車に組成される。一車両に2室が設置され、編成端部の部屋では、大型の1枚ガラスで構成された展望窓から車窓風景を堪能することができる。

バス[編集]

ななつ星専用バス
いすゞ・ガーラKL-LV781R2
西工98MCネオロイヤルC-I
(02MCの前面に改造)
日豊本線 隼人駅

上記のように行程の一部には列車から下車してバスで移動する区間があり、その区間の移動にはJR九州バスが保有する列車乗客専用のバス車両が使用される。

この車両は既存の貸切車両(いすゞ・ガーラ(ボディは西工98MCネオロイヤルC-I(前面は02MCのタイプに改造))、車両番号641-0980)を改造しており、列車と同じく水戸岡がデザインを手がけている。列車と同じ塗装で、車内天井・床・肘掛・荷棚には木材を使用し、座席数は32席としてシートピッチを拡大するほか、最後部にトイレ・洗面所を設置している[29][30]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 並型自動連結器から密着式自動連結器と連結する際には、切替レバーを逆に切替えて連結器の動きを左右のみから上下左右の動きに切替えられる。
  2. ^ 客車としては初めての採用。
  3. ^ 水平シリンダー式直列6気筒15L(15000cc)インタークーラーターボ付き。
  4. ^ 24系客車にも使用されているジャンパ連結器である。
  5. ^ 14系・24系客車で使用されている自動空気ブレーキ。
  6. ^ 車体に取付けられた加速度センサーが検知した上下振動加速度を元に、制御装置によりスカイフック力(減衰力指令値)を計算して、電流値の大きさによる指令値が可変減衰上下動ダンパに送られて、ダンパの減衰力を可変させるシステムであり、特急「指宿のたまて箱」で使用されているキハ47形気動車の、揺れ枕吊り式台車の下揺れ枕と上揺れ枕との間に配置されたコイルばね(枕ばね)の間に装備された上下動オイルダンパを、減衰力制御弁が付きの可変減衰上下動ダンパに替えて採用されていたものをベースにチューニングしたもので、客車としては初の採用。
  7. ^ 床下の動揺防止制御加速度センサー箱内のセンサーが車体の左右の振動を検知して、その動きの反対方向に圧縮空気を送り込み左右の振動を打ち消すダンパである。台車枠と車体の間に装備されており、台車の心皿付近で枕木方向に連結されている。客車としては初の採用。

出典[編集]

  1. ^ “クルーズトレイン「ななつ星」の運行開始日の決定及び予約受付開始について” (プレスリリース), 九州旅客鉄道, (2012年9月19日), http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb.nsf/9dd28b8cb8f46cee49256a7d0030d2e6/0be7ad0cc5ca64d649257a7e003841e6?OpenDocument 2012年12月17日閲覧。 
  2. ^ a b c d “クルーズトレイン 「ななつ星」の運行について” (PDF) (プレスリリース), 九州旅客鉄道, (2012年5月28日), http://www13.jrkyushu.co.jp/NewsReleaseWeb.nsf/d1360c23cd486dae492578620003908a/a45dea068053d06449257a0c003a1a23/$FILE/120528:%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E9%81%8B%E8%A1%8C%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%EF%BC%88%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E8%B3%87%E6%96%99%EF%BC%89.pdf 2012年5月28日閲覧。 
  3. ^ “ななつ星:日本初のクルーズトレイン運行開始 JR九州”. 毎日新聞. (2013年10月15日). http://mainichi.jp/select/news/20131015k0000e040104000c.html 2013年10月15日閲覧。 
  4. ^ “来秋デビューのJR九州「ななつ星」 抽選倍率は平均7.27倍も”. Yahoo!ニュース. NEWSポストセブン (Yahoo! Japan). (2012年12月16日). http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121216-00000008-pseven-life 2012年12月17日閲覧。 
  5. ^ JR、九州一周観光寝台列車を来秋運行=約半分はアジア富裕層の利用見込む[リンク切れ] - 時事通信 2012年5月28日
  6. ^ 水戸岡鋭治 (2010年9月14日). 世界的鉄道デザイナー水戸岡鋭治が明かす! 新型新幹線「さくら」と「たま駅舎」の秘密. インタビュアー:日野なおみ. 日経トレンディ.. http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20100913/1032920/?P=6&rt=nocnt 2012年12月17日閲覧。 
  7. ^ a b “豪華列車で九州一周20万円 新幹線開通後の観光誘客”. 47NEWS. 共同通信社. (2011年1月30日). http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011013001000488.html 2012年5月19日閲覧。 
  8. ^ 唐池恒二 (2011年11月30日). 2012年についに予約開始!? JR九州版オリエント急行. インタビュアー:牛島千絵美. 日経トレンディ.. http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20111130/1038802/?ST=life&P=3 2012年12月17日閲覧。 
  9. ^ a b c d e 『鉄道ジャーナル』通巻550号 p.146
  10. ^ 大公開!JR九州「ななつ星」(7・インタビュー編)~クルーは大特訓中 - NetIBNEWS・2013年4月2日
  11. ^ 鉄道ファン2014年4月号 P.11 2014年2月21日閲覧
  12. ^ クルーズトレイン「ななつ星in九州」ブルネル賞授賞式について (PDF) - 九州旅客鉄道、2014年10月31日
  13. ^ コース案内 3泊4日コース”. クルーズトレイン「ななつ星in九州」. 九州旅客鉄道. 2012年12月17日閲覧。
  14. ^ JR九州 クルージングトレイン“ななつ星in九州”の運行概要発表”. 鉄道ホビダス (2012年5月29日). 2012年12月17日閲覧。
  15. ^ クルーズトレイン 「ななつ星in九州」の専用ラウンジ新設について”. 九州旅客鉄道 (2013年2月19日). 2013年2月20日閲覧。
  16. ^ クルーズトレイン 「ななつ星in九州」の第一期 最終受付結果及び抽選結果について”. 九州旅客鉄道 (2012年11月16日). 2012年12月4日閲覧。
  17. ^ 毎週日曜にやってくる理由とは - 西日本新聞経済電子版、2014年10月11日
  18. ^ 10月15日営業開始 77系"ななつ星in九州"豪華寝台列車 - Rail Magazine2013年11月号p136 2013年9月21日閲覧
  19. ^ DF200-7000と"ななつ星 in 九州"専用編成が公開される 鉄道ニュース|鉄道ファン
  20. ^ “ななつ星のディーゼル機関車が完成 ベールに包まれ神戸出発 [大分県]”. 西日本新聞. (2013年7月2日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/oita/article/23870 2013年7月25日閲覧。 
  21. ^ 10月15日営業開始 77系"ななつ星in九州"豪華寝台列車 - Rail Magazine2013年11月号p136 2013年9月21日閲覧
  22. ^ “「ななつ星」客車、九州到着”. YOMIURI ONLINE(読売新聞). (2013年7月19日). http://kyushu.yomiuri.co.jp/entame/railway/news/20130719-OYS8T00748.htm 2013年7月25日閲覧。 
  23. ^ 大公開!JR九州「ななつ星」(2) 〜160メートルという制約 - NetIBNEWS・2013年3月26日
  24. ^ Df200-700と"ななつ星in九州"専用編成が公開鉄道ファン公式サイト2013年9月13日配信
  25. ^ 大公開!JR九州「ななつ星」(5)~シャワーの水の謎 - NetIBNEWS・2013年3月29日
  26. ^ ベールを脱いだ「ななつ星」 細部にキラリ職人技 JR九州 - MSN産経ニュース 2013年9月15日閲覧
  27. ^ 総工費30億 これがこだわりの豪華車両だ!JR九州「ななつ星」 スポーツニッポン 2013年9月15日閲覧
  28. ^ a b 日経おとなのOFF特別編集ななつ星in九州の旅 日経BP社2014年4月30日P40
  29. ^ クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」の専用バスの運行について”. 九州旅客鉄道 (2013年1月22日). 2013年2月20日閲覧。
  30. ^ クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」の専用バス完成について”. 九州旅客鉄道 (2013年8月20日). 2013年11月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「RAILWAY TOPICS」、『鉄道ジャーナル』第550号、鉄道ジャーナル社、2012年8月、 146頁。
  • 『鉄道のテクノロジー Vol.16 新幹線2014』 三栄書房、2014年ISBN 978-4-7796-2026-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]