長与駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長与駅
Nagayo Station.jpg
駅舎東口正面(2008年2月)
ながよ
Nagayo
本川内 (3.1 km)
(1.0 km) 高田
所在地 長崎県西彼杵郡長与町吉無田郷275
北緯32度49分8.3秒 東経129度52分46秒 / 北緯32.818972度 東経129.87944度 / 32.818972; 129.87944座標: 北緯32度49分8.3秒 東経129度52分46秒 / 北緯32.818972度 東経129.87944度 / 32.818972; 129.87944
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 長崎本線(長与支線)
キロ程 15.4 km(喜々津起点)
電報略号 ナヨ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,917人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1897年明治30年)7月22日[1]
備考 業務委託駅
みどりの窓口
テンプレートを表示

長与駅(ながよえき)は、長崎県西彼杵郡長与町吉無田郷にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線(長与支線)のである。駅名標のデザインは中尾城公園。

長崎本線旧線(長与支線)ルートを通る普通列車(長与行き以外)は浦上喜々津以遠各駅の時刻表発車標で「長与経由」と表記される。ちなみに、新線を通る列車は発車標で「市布経由」と表記される。

歴史[編集]

なお長崎 - 長与間開業から、長崎本線が現在の大村線佐世保線ルートで全通するまでの約1年間は、ここから3kmばかり離れた舟津港(長与港)より早岐駅までの間を大村湾連絡船でつないだ。2013年1月末までは長与港から長崎空港まで高速船(大村湾観光汽船により運航)がつながっていた(同年2月より運休)。
現在、長崎空港へは、バスで時津町まで抜けた上で、時津港から別の高速船航路(安田産業汽船により運航)で向かうことが出来る。

終戦時期は長崎市内が被爆したため、長崎本線は当駅で抑止されていた(後に長崎駅方面が復活し救護列車が運行された)。古くは旧字体の長の表記も見られた。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅橋上駅舎を持つ[2]。駅舎は1997年11月に橋上化され[3]、長与町特産のみかんを半分に割った形状をモチーフに作られた。窓ガラスにステンドグラスがはめ込んである。

2つ諫早寄りにある大草駅と同じく、長崎本線旧線上にある数少ない交換可能駅である。長崎駅や浦上駅と当駅との間を行き来する利用者も多いため、長崎駅から来た一部の列車が折り返している。

JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅で、みどりの窓口が設置されている。出札窓口は簡易売店も兼ねており、自動券売機の横の棚で商品を売っている。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先 備考
1・2 長崎本線 上り 諫早方面 おもに1番線
下り 長崎方面 おもに2番線

(出典:JR九州駅情報一覧

  • エレベーターは改札内外に計4基設置されている。
  • 1番のりばの長崎寄りが一部欠き取られているが、現在は使われていない。
  • 列車が到着すると、自動放送(西浦上駅や浦上駅でも使われている、簡易タイプ)が流れる。
  • ホームはかつて多くの優等列車が行き交っていた名残で、かなり長くなっている。列車の停車する部分(4両分程度)のみ、かさ上げがなされている。
  • 国鉄時代、現在の2番のりばの反対側にもホームが存在していた。民営化と同時に廃止となり、ホームは埋め立てられた。当初はホームがあった名残もあったが、現駅舎建て替えと同時に行われた区画整理で当時の面影は残っていない。

利用状況[編集]

  • 2015年度の1日平均乗車人員1,979人である[5][6]
  • 2019年度の1日平均乗車人員は1,917人である[7]
乗車人員推移
年度 1日平均人数
2001 1,806
2002 1,877
2003 1,910
2004 1,904
2005 1,889
2006 1,880
2007 1,880
2008 1,873
2009 1,845
2010 1,865
2011 1,867
2012 1,901
2013 1,950
2014 1,927
2015 1,979
2016 1,943
2017 1,973
2018 1,930
2019 1,917

駅周辺[編集]

  • 長与駅コミュニティホール(駅舎内、改札前にある)
    • 地上駅時代に使われていた駅名標や絵画などが展示されている。

東口(公園口)方面[編集]

  • 当駅から「原爆救援列車」が出発して負傷者の救援にあたったことにちなみ、東口駅前に国鉄C57形蒸気機関車の車輪が展示されている。これは、かつて長崎市中央公園に設置されていた機関車の車輪を長崎市から寄贈されたものである[8]
  • 吉無田公園
  • 長与町役場
  • 中尾城公園
    • 長与町民文化ホール
    • 陶芸の館

西口(大学口)方面[編集]

駅出入口からそのまま歩道橋で道路の反対側へ繋がっている。

バス路線[編集]

長崎バス

  • 長与駅バス停(東口ロータリー内にある)
    • 長与駅 - 堂崎発長与駅前行きのみ発着
  • 長与駅東口バス停(長与川にかかる橋を渡ったところにある)
    • 長与ニュータウン - 長与駅東口 - 時津・上横尾方面(毎時1本以下)
  • 長与駅西口バス停(西口を出てすぐのところにある。バスターミナルは無い)
    • 長与ニュータウン - 長与駅西口~崎尾入口・青葉台団地・昭和町・住吉(純心校前)・大橋・浦上駅前・長崎駅前・市役所前(大波止)・長崎新地ターミナル方面(毎時2本程度)
    • 琴の尾登口・本川内 - (一部隠川内・緑ヶ丘団地) - 長与駅西口 - 県立大学シーボルト校・道の尾・住吉・大橋・浦上駅前・長崎駅前・大波止・長崎新地ターミナル方面(毎時1本程度)
  • 崎尾入口バス停(西口を出て少し長崎方面に歩いたところにある。西口からは長与駅西口バス停までと同じくらい離れている)

長崎県営バス

  • 長与駅西口バス停
    • 県立大学シーボルト校 - まなび野団地 - 長与駅西口 - サニータウン - 昭和町 - 西山台団地 - 長崎東中学校・高校(長崎東中学校・高校への登校便平日・土曜日1本。下校便平日2本、土曜日1本。学校休日運休。学生専用ではなく一般客も利用可)

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道(JR九州)
長崎本線(長与支線)
本川内駅 - 長与駅 - 高田駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 石野哲(編)『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、717頁。ISBN 978-4-533-02980-6
  2. ^ a b “長崎線長与駅を改築 JR九州 2月12日に安全祈願祭”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1997年1月31日) 
  3. ^ a b “JR長与駅の新駅舎 11月1日オープン 長与町” 西日本新聞 (西日本新聞社): p20. (1997年10月30日 朝刊)
  4. ^ 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2012年12月4日) 
  5. ^ 長崎県統計年鑑 、2020年9月5日閲覧
  6. ^ 令和元年とうけいながよ 交通 、2020年9月5日閲覧
  7. ^ 駅別乗車人員上位300駅(2019年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2020年9月5日閲覧。
  8. ^ 長与町. “平和モニュメント「原爆救援列車(長与駅)」”. 2019年6月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 長与駅(駅情報) - 九州旅客鉄道