鹿児島車両センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鹿児島車両センター
鹿児島車両センター
鹿児島車両センター
基本情報
鉄道事業者 九州旅客鉄道
帰属組織 九州旅客鉄道鹿児島支社
所属略号 鹿カコ、鹿
配置両数
内燃機関車 1両
電車 66両
気動車 54両
合計 121両
備考 2017年4月1日現在のデータ[1]
テンプレートを表示

鹿児島車両センター(かごしましゃりょうセンター)は、鹿児島県鹿児島市上荒田町39-12にある、九州旅客鉄道(JR九州)の車両基地指宿枕崎線鹿児島中央駅 - 郡元駅間の東側に位置している。

2011年3月31日までは本社管轄の鹿児島総合車両所として、当所配置車両を中心に全般検査などの整備も行っていたが、4月1日の組織改正により鹿児島支社管轄に戻り、工場機能は廃止された。現在では交番検査までの小規模整備のみ行っている。

前々身の鹿児島車両所では鹿児島市交通局路面電車を製造したこともある。

歴史[編集]

  • 1915年10月:鹿児島検車区鹿児島列車電灯所として開設される。
  • 1919年:工場部門が開設。武工場と命名される。
  • 1925年:武工場を西鹿児島工場に改称。
  • 1942年:西鹿児島工場を西鹿児島工機部に改称。
  • 1950年12月1日現在、工場名は西鹿児島工場に戻る。 
  • 1951年4月:鹿児島客貨車区が発足する。
  • 1957年11月1日現在、工場名は鹿児島工場。 
  • 1966年10月:鹿児島客貨車区から鹿児島運転区となる。
  • 1967年11月:検修・車両管理部門が鹿児島運転所となる。
  • 1973年:鹿児島工場を鹿児島車両管理所に改称。
  • 1985年:鹿児島車両管理所を鹿児島車両所に改称。
  • 1987年(昭和62年)4月:国鉄分割民営化により九州旅客鉄道に移管。
  • 1989年:初の外部向け車両(鹿児島市交通局2100形電車)を製造。
  • 1997年11月29日:鹿児島車両所と鹿児島運転所(検修部門)が統合され、鹿児島総合車両所として発足する。
  • 2004年
  • 2010年8月:新幹線車両の検修設備を熊本総合車両所に移設。新幹線関係の検修業務を終了。
  • 2011年4月1日:工場業務を廃止。従来実施されていた全般検査は全て小倉総合車両センターに移管された。鹿児島支社の管轄に戻り、鹿児島鉄道事業部の下部組織の鹿児島車両センターとなる[2]。同時に気動車部門の一部を宮崎総合鉄道事業部宮崎車両センターとして分離独立。

配置車両の車体に記される略号[編集]

  • 旅客車:「鹿カコ」…鹿児島支社を意味する「鹿」と、鹿児島を意味する「カコ」から構成される。
  • 機関車:「鹿」…鹿児島を意味する「鹿」から構成される。

過去に整備済み車両の車体に記されていた略号[編集]

鹿総車」または「KG

配置車両[編集]

以下は、2017年4月1日現在の配置車両である[1][2]

用途 電車 気動車 機関車 貨車 合計
営業車 66両 54両 1両 0両 121両
保留車 0両 0両 0両 0両 0両
合計 66両 54両 1両 0両 121両

電車[編集]

  • 415系
    • ロングシートの4両編成6本24両が配置されている。日豊本線都城駅- 鹿児島駅間)ならびに鹿児島本線(鹿児島駅 - 川内駅間)で運用されている。
    • FK513 - FK517編成は2007年2月から3月にかけて南福岡電車区から転入し、同年3月18日のダイヤ改正から運用開始。
    • FK520編成は2016年3月に大分車両センターから転入。
    • 交直切り替えスイッチはすべての所属車で、交流に固定されている。(運用区間に直流区間を含まないため。)[要出典]
  • 713系
    • ワンマン運転に対応する0番台の2両編成4本(LK1 - 4)の計8両が配置されている。通常は全車宮崎車両センターに常駐しており、「サンシャイン」の愛称で日豊本線(延岡駅 - 宮崎駅 - 西都城駅間)ならびに宮崎空港線で運用されている。
    • 本系列は足回り機器が更新されたため900番台からの改番。
  • 817系
    • ワンマン運転に対応する0番台の2両編成13本(VK002 - 011・014・018・019)と、1000番台の2両編成4本(VK101 - 104)の計34両が配置されている。日豊本線(延岡駅 - 鹿児島駅間)・鹿児島本線(鹿児島駅 - 川内駅間)・宮崎空港線で運用されている。
    • VK101-104編成は2012年3月17日付で筑豊篠栗鉄道事業部直方車両センターから転入した1000番台[3]
    • このほか当センター所属だったVK105編成は2016年3月に熊本車両センターへ転出。
    • 2016年10月1日に宮崎県宮崎市旧佐土原町内の踏切でトラックとVK104編成が衝突し長期運用離脱。南宮崎駅構内留置後の同月末当センターへ移動し、後日小倉総合車両センターへ回送されている。

気動車[編集]

気動車は「指宿運用」と「日南運用」に区別して運用されていたが、「日南運用」(日南線、日豊本線(高鍋駅 - 都城駅間)、肥薩線吉松駅 - 隼人駅間)、吉都線での運用)は2011年4月1日に発足した宮崎車両センターに車両ごと移管されており、「指宿運用」(日豊本線・鹿児島本線(宮崎駅 - 西都城駅・国分駅 - 鹿児島中央駅間)、指宿枕崎線、肥薩線(吉松駅 - 隼人駅間)、吉都線での運用)分のみが残存している。なお、当センター所属のキハ40系気動車のうち、キハ140・147形の全車とキハ40・47形の8000・9000番台車は機関が換装されている(かつては原形機関に出力向上改造を施工した5000・6000・7000番台車が配置されていたが、後年に機関換装されて下記の8000・9000番台車に変更されている)。

  • キハ40形
    • 2000番台の2両(2068・2105)と、8000番台の5両(8038・8050・8056・8064・8101)の計7両が配置されている。
  • キハ140形
    • 2000番台の3両(2062・2066・2127)が配置されている。
    • このうち、キハ140 2066は特急「指宿のたまて箱」仕様車で、特急「はやとの風」との共通予備車となっている。
    • なお、これまで当センター所属だったキハ40 8063、キハ140 2067の2両は2017年3月に直方へ転属した。
  • キハ47形
    • 0番台の2両(122・131)と、1000番台の1両(1052)、8000番台の9両(8051・8056・8057・8060・8077・8092・8124 - 8126)、9000番台の10両(9042・9046・9050・9072・9075・9077 - 9079・9097・9098)の計22両が配置されている。
  • キハ147形
    • 0番台の4両(50・105・106・183)と、1000番台の3両(1032・1045・1055)の計7両が配置されている。
    • このうち、キハ47 8092とキハ147 1045の2両は特急「はやとの風」仕様車、キハ47 8060と9079の2両は特急「指宿のたまて箱」仕様車である。
    • 2017年3月にキハ47 122と1052の2両が直方から転属した。
  • キハ200形
    • 0番台の2両編成3本(7+5007・8+1008・9+1009)と、500番台の2両編成4本(501+1501・502+1502・503+1503・560+1560)の計14両が配置されている。このうち500番台車は転換クロスシートからロングシートへの改造が行われた車両である。
    • 当形式は鹿児島本線(鹿児島駅 - 鹿児島中央駅間)、指宿枕崎線(鹿児島中央駅 - 山川駅間)のみの限定運用となっている。

機関車[編集]

過去の配置車両[編集]

電車[編集]

  • 485系電車
    • 2011年4月時点で5両編成4本(DK11,12,14,15編成)、3両編成1本(DK1編成)、増結用ユニット2両(元DK16編成)、計25両が配置されていた。
    • 特急にちりん」、「ひゅうが」、「きりしま」で運用されていた車両で、3両編成は元「ハウステンボス」色をベースとした「K&H(きりしま&ひゅうが)」色となっている。その他の車両は赤ベースの「REDエクスプレス」色である。
    • 2011年3月のダイヤ改正をもって営業運転を終了し、全車が保留車となった。順次廃車・解体が行われており[3][4][5][6]、最後まで残ったDK1編成と増結用ユニットも、2013年1月に小倉総合車両センターへ回送された[7]。このうち、2012年3月12日に小倉工場に回送されたDK11編成は[8]、4月28日に幕張メッセで行われたニコニコ動画の大規模イベント「ニコニコ超会議」の企画「485系公開解体買付ショー」の提供車両とされ、解体が行われた[9]
  • 787系電車(BK編成)
    • 1992年に特急「つばめ」で営業運転を開始した。この時点では全車が配置されていたが、2004年3月のダイヤ改正で南福岡電車区に集約された。
  • 457系電車(JK編成)、475系電車(GK編成)
    • 2007年3月17日をもって運用離脱。日豊本線(大分駅 - 鹿児島駅間)、鹿児島本線(鹿児島駅 - 川内駅間)で運用された。
  • 717系電車
    • 200番台2両編成2本(HK203,204編成)計4両が配置されている。ワンマン運転に対応している。
    • 2013年3月まで日豊本線(延岡駅 - 鹿児島駅間)、鹿児島本線(鹿児島駅 - 川内駅間)、宮崎空港線で運用されていた。2009年以前は杵築駅までの運用もあった。
    • 817系の増備により淘汰され[10]、2014年7月14日に最後まで残っていたHK203・HK204が小倉工場へ回送され[11]、同年8月30日から9月18日にかけて廃車され廃系列となった。
    • 717系では唯一の3ドア車両であったHK901編成は、HK206編成と同じく2010年度内に廃車となった。

機関車[編集]

気動車[編集]

客車[編集]

  • 24系客車
    • 1986年に「はやぶさ」「富士」の基本編成を品川運転所から、「なは」の基本編成を向日町運転所からそれぞれ転属させる形で配置。「はやぶさ」「富士」については「はやぶさ」の鹿児島乗り入れが廃止される1997年11月まで、「なは」については「なは」の鹿児島乗り入れが廃止される2004年3月まで運用された。

貨車[編集]

外部向けの製造・改造車[編集]

いずれも地元の鹿児島市交通局路面電車車両である。

脚注[編集]

  1. ^ a b 「JR旅客会社の車両配置表」、『鉄道ファン(巻末付録)』第57巻第7号、交友社、2017年7月、 付録30-32頁。
  2. ^ a b ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2017夏 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2017年、p.231-233。ISBN 9784330787176
  3. ^ a b c 「JR車両のデータバンク2011/2012」、『鉄道ファン』第52巻第7号、交友社、2012年7月、 巻末45頁。
  4. ^ 485系Dk14編成が小倉総合車両センターへ - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2012年7月4日
  5. ^ 485系Dk-12編成が小倉総合車両センターへ - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2012年10月20日
  6. ^ 485系Dk15編成が小倉総合車両センターへ - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2012年12月12日
  7. ^ 485系5両が小倉総合車両センターへ - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2013年1月24日
  8. ^ 485系Dk11編成が小倉総合車両センターへ - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2012年3月13日
  9. ^ ニコニコ超会議でJR九州485系「公開解体」、激安レア部品の数々にどよめき - マイナビニュース2012年4月29日
  10. ^ 松永智「新車ガイド・817系2000・3000番台」、『鉄道ファン』第52巻第7号、交友社、2012年7月、 102頁。
  11. ^ 717系HK3編成+HK4編成が小倉総合車両センターへ - 『鉄道ファン』交友社 railf.jp 2014年7月16日
  12. ^ キハ220-1102が小倉総合車両センターへ - ネコ・パブリッシング『鉄道ホビダス』RMニュース 2011年6月7日

関連項目[編集]